今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ユーノスロードスター 走行記

<<   作成日時 : 2008/02/11 22:03   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


ユーノスロードスター 走行記。

画像


人生は楽しく、幸せな時間をたっぷり過ごして、あーいい人生だった!!

と、天国に行く時にいいたい。と、思ってきたので、僕は今までの人生に後悔は全くない。

だから、生きている今現在という時間も大切にして、

いかに自分も周囲も楽しく過ごせるかということをとても重視している。つもり・・・。

そして現代の日本は、車社会だ。大勢の人が車を運転したり、助手席や後席、

タクシー、バスに乗車することが、日常生活の一部になっているはずである。

だから、その生活の一部である車も出来る事なら、自分が楽しめる車、満足できる車に

乗っていたり、所有したりすると、楽しい時間が増える。僕はそう思っています。

そしてこのユーノスロードスターが僕のところにやってきて、もう3年。

さらに、エンジョイカーライフな毎日を送っております。

エンジョイカーライフ・・・こんな日は!

エンジョイカーライフ・・・走行記 PART2もどうぞ!!

画像


1991年式(平成3年) ユーノスロードスター Vスペシャル。 型式 NA6CE

全長3970mm 全幅1675mm 全高1235mm。

エンジン水冷直列4気筒DOHC 1597cc  120ps/6500rpm 駆動方式はFRです。

車両重量950kg。 定 員2名。  トランスミッション 5MT。

サスペンション 前後 ダブルウイッシュボーン式。

ボディカラーはネオグリーンです。 内装はタン 本皮のシート。

当時の車両本体価格は¥2,122,000 円

ユーノスロードスター フロントマスク。
画像


僕は2005年3月に知人の紹介で、諸費用込みにて¥200,000円で購入しました。

夢というのは、僕はかなえられるものと信じています。

そしてその夢は何かに書いてどこかに貼って、いつかは!!という思いを日々込めます。

何もしなければ、夢はかなわないけど、何かをすれば、何かが変わります。

すべて、叶うんだ、出来るんだって思って積極的に行動すると、仕事にしても遊びにしても

それは、叶っていくのです。セールスや営業の世界、ナンパも同じかもしれません。

何もしなければ、お客さんは増えないし、女性に声をかけることができなければ

意中の人とお茶を飲みにいくこともできません。

その一声、行動で人生を大きくいい方向に左右されることが、

人の人生の醍醐味ではないでしょうか?僕はそう思います。

僕はこのロードースターをパソコンの壁紙にしていました。

その後、なんと3ヶ月後知人が、この20万円のロードスターを見つけてくれたのです。

1989年に、この車が発売されて、ずーっとほしいと思っていました。

小さな夢かもしれませんが、その後の人生が楽しくなったことはいうまでもありません。

そんな僕のユーノスロードスターをご紹介いたします。

画像


この車を作っているのはマツダです。発売年は1989年10月〜。

僕の乗っているロードスターが初代で、現在は3代目が登場しています。

ライトウェイトスポーツ2シーター。かつてイギリスをはじめとするメーカーが

この手の車を1960年代に手がけていたようですが(この頃とてもいい車があります)、

その市場はしぼんでしまい、壊滅状態だったようです。

そんなところに、突然登場したユーノスロードスターは世界中から注目を浴び

また日本もまだバブルに浮かれていた頃。売れに売れ、世界の他のメーカーは

指をくわえてみているわけにもいかず、その後、メルセデスのSLK、BMWのZ3、

ポルシェのボクスター、が登場してきたことは、自動車史に刻まれていることでしょう。

なんとマツダがこのユーノスロードスターで、世界に多大なる影響を与えたのです。

地元広島からこんな車が登場したきたことをとても誇りに思っています。

画像


クラシカルな雰囲気のインテリア。欲をいえばもう少し流面的ないいラインだったらなー。
画像

最近の車にはドリンクホルダーが付いていますが、
この車にはないので飲み物は、ペットボトルか、水筒という選択をしています。
画像

ハンドルはナルディのウッド。
画像

運転席から後方をみるとこんな感じです。
画像


オープンのよさは、その開放感に加え、自然の香りを肌で感じ取れるところにあります。

海に行けば潮風に吹かれ、山に行けば森の香り、夜は星空を眺め、夢を回想したり・・・。

画像


僕は海にいるイルカが好きです。水族館にいってもイルカが一番好きです。

イルカ自体のかわいさもいいのですが、あの体の流線型がたまらなく好きなのです。

海水の抵抗をいかに少なくすべく設計・・・いや過去のDNAを引き継いで生まれてきたイルカ。

そのイルカのラインに似たものをユーノスロードスターに感じます。ポルシェの911にも・・・。

僕はプールや海で泳ぐことが好きですが、イルカみたいに泳げたらなーと思っています。

そしてユーノスロードスターで風をきりながら走っていると、ちょっとイルカの気分に・・・。

ロードスターのキー ユーノスブランドのマークが入っています。
ミニチェアの潜水士のヘルメットにコンパス付きキーホルダー。
画像


「屋根を閉める時はどうするの?」ってよく聞かれます。最近のオープンカーは電動式が多い
ですが、僕のロードスターは、手動式で手で閉めます。
が、それはいたって簡単で、時間にすると20秒から30秒もあれば十分です。
画像


画像


画像


画像

幌を閉じて、このようにパチッとロックさせるだけでOKです。これが2箇所。
画像


幌を閉じた状態のユーノスロードスター。
画像



リアから
画像

トランクルームです。右側にスペアタイヤ。バッテリーがこの右側にあります。
画像

この種の車は、乗り手にもある程度の割り切りが必要で、このトランクなども底が浅く
大きな荷物は積めません。ですが、今のところ困った事はないです。
というより、困らないように考える必要があります。

僕がトランクに入れているものです。僕のロードスター、オプションで雨漏りが付いています。
で、もしもの時に、傘、かっぱ、三角停止表示板、100V電源が使えるインバーター。
バッテリーケーブルは、もしもの時に自分のためと人助けもできます。
画像


100V電源が使えるインバーター。
以前仕事で、車からFAXを送信したりしていました。また携帯電話等の充電にも便利です。
画像


5速マニュアルミッション。ちなみにかみさんはAT免許でないくせに運転ができない・・・。
一度広い道で、練習したらおそろしいことになりそうだったので、それから運転却下!!
画像


ユーノスロードスター。僕の人生を楽しくしてる車。これからもヨ・ロ・シ・ク!!
画像


という、僕のカーライフです。皆さんもエンジョイカーライフ!!いかがでしょう!!


マツダ&ユーノスロードスター (エンスーCARガイド)
エンスーCAR本「STRUT」編集部
エンスーCAR本「STRUT」

ユーザレビュー:
ロドスタ好きなフリし ...
NB乗りに是非ガイド ...
読みやすい本です 初 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今度は世界のユーノスロードスター。僕の先輩が乗っていました。春先の暖かい日にオープンにして乗せてもらいましたが、その影響でセリカがコンバーチブルに変化したのは言うまでもありません(笑)エンジョイカーライフ。素晴らしい言葉じゃありませんか(*^^*)このユーノスロードスター、いいデザインしてますよね。未だに飽きないですし、親しみやすさがとても良いです(>_<)車は妥協したくないですよね。ユーザーから愛されるデザイン。真剣に考えたいです。
謎の旅人
2008/02/12 00:00
ユーノスロードスターの登場で、オープンカーが日本人にとても身近になったと思います。その後海外メーカーもいろんオープンを登場させましたが日本からビート、カプチーノ、S2000、MR-S、あたりが生産されて、オープンカー市場もにぎやかになって、エンジョイカーライフを送ってる人が増えたと思っています。
総理大臣になってみたい凡人
2008/02/12 18:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ユーノスロードスター 走行記 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる