今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ホンダ ビート レストア中

<<   作成日時 : 2008/02/13 09:36   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


ホンダ ビート レストア中。

ここは、以前登場した、秘密のモータース屋さん。

工場の奥に、黄色い車が、リフトにのっかってる。

おおっービートじゃあー!!と喜ぶ僕。

この車も登場した頃、ほしかった車ですが、僕は運転した事がない。

現在、動かない不動の状態なので、レストアしていつか乗れるようにするらしい。

ホンダ ビート。

1991年(平成3年)5月に登場し1998年10月に生産終了となった軽自動車。

駆動方式はかのF1やフェラーリーなどがよく採用しているミッドシップレイアウト。MRだ。

全長 3,295mm 全幅 1,395mm 全高 1,175mm。当時の軽自動車のサイズだ。

このサイズで、MRそして2シーターオープン。

エンジンは直列3気筒SOHC  656cc 64PS トランスミッションは5MTのみ。

当時の車両本体価格は2タイプありましたが安いほうで、¥1,457,000円。

生産終了して、今年で10年いまだに、ビートファンも多くそのデザインも

まだまだ斬新的と思われるし、僕自身も気に行っているスポーツカーの1台。

軽自動車のサイズでMRレイアウト、ビートを登場させたホンダはすごいと思う。

本やホームページなど、乗ったことのある方の評を見てみると

とてもシャープな乗り味のよう。早く僕も乗ってみたい。

画像


ビートのエンジンのシリンダー。
画像


ビートのエンジンのカムシャフト。
画像


ビートのエンジンのバルブ。
画像


ビート フロアパネル。
画像


ビート リアサスペンション。マクファーソンストラット方式。
画像


ビート フロントタイヤ。 ビートはフロント13インチ、リア14インチと別サイズなのだ。
画像


なんともいえないサイドライン。空気吸入口がかっこいいー。
画像


登場してもうすぐ17年。ビートに乗っている人を、羨望のまなざしで見てきた僕。

このカーニバルイエローのビートが動き始める時を、た・の・し・み!!にしています。

秘密のモータース屋さん!!このビートもまたまた非売品だそうで・・・ございます。



秘密のモータース屋さん連絡先

運輸局認証自動車整備工場
名称??モータース
住  所  秘 密
T E L  秘 密
メールアドレス 秘 密
飼い犬 「ななちゃん」 


ホンダ・ビートブック (エンスーCARガイド SP)
エンスーCAR本「STRUT」編集部
エンスーCAR本「STRUT」

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
HONDAのビートに謎のモータース屋さん。怪しいオーラ満載ですね(笑)ビートにカプチーノ、AZ-1など軽自動車のオープンスポーツという新しいカテゴリーの車は、きっと特別な世界なんでしょうね。今はダイハツのコペンが頑張っていますが、見掛けるとドキドキします(笑)車から離れていく若者を振り向かせるには効果的なジャンルかも知れませんが、果たしてどうなんでしょうか?ビートも、また復活して欲しいですね。ハイブリッド軽スポーツカーなんてカッコイイかも(笑)
謎の旅人
2008/02/13 11:22
ハイブリッド軽スポーツカー!!カッコイイーですね。いずれはそんな車が登場するんでしょうね・・・。
総理大臣になってみたい凡人
2008/02/13 13:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホンダ ビート レストア中 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる