今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS レクサス LS600hL 試乗記

<<   作成日時 : 2008/02/27 00:28   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像


レクサス LS600hL 試乗記。

この出来事は、1本の電話から始まる。

雨の降る中、僕はあるプレミアムブランドへ電話した。

そして相手から伝わる声は、プレミアムブランドの地位を確立するLEXUSへと

僕をエスコートしてくれる格式高いものであった。

LEXUS

そこに到着した僕は、ラグジュアリーな雰囲気の漂うショールームへと招待される。

高級ホテルのロビーかと思うようなフロアに、LS GS IS が輝いている。

そして僕の前に1台のクルマが用意された。

レクサス LS600hL 

画像


この堂々たる姿は、まさにフラッグシップと呼ぶにふさわしいクルマといえるでしょう。

レクサス LS600hL 概要

全 長 5,150mm         室内長 2,245mm
全 幅 1,875mm         室内幅 1,600mm
全 高 1,475mm         室内高 1,165mm
ホイールベース 3,090mm

車両重量2320`
乗車定員 5名

ハイブリッドシステム
エンジン V型8気筒DOHC 4,968cc  最高出力 394ps
モーター 型式1KM  交流同期電動機 最高出力 224PS

駆動方式 AWD(4輪駆動)
トランスミッション 電気式無段変速機

サスペンション フロント マルチリンク(スタビライザー付)
          リ  ア マルチリンク(スタビライザー付)

ブレーキ  フロント ベンチレーテッドディスク
       リ  ア ベンチレーテッドディスク

10:15モード走行燃料消費率  12.2km/ℓ

タイヤ 235/50R18
画像


もちろんエントリーはスマートキーだ。高級感の漂うドアノブ。
画像


匠の技がいたるところに感じられるインテリア。
画像


まさに旗艦と呼ぶにふさわしいハンドルやメーターがずらり・・・。
画像


スタートはこのパワーボタンを押す。バッテリーが充電されてればエンジンはかからない。
また、サイドブレーキは自動的に解除される。
画像


ドライビングポジションを僕のポジションに・・・もちろん電動アシストでメモリー機能付き。
画像


さぁー旗艦に乗って走りだします。
レクサス LS600hLは、すでにこの時から僕の意思を尊重してくれている。
画像


室内は恐ろしく静かである。雨音だけが僕の耳を通りぬけていく。

LEXUSのマネージャーさんから大変丁寧な説明を受けながら、いざ高速道路へGo!!

この全長5メートルを超える旗艦のステアリングは、ソフトいや違う。

これはLEXUSにしかできない技なのではないだろうか・・・。

高速に入る前の一般道のアクセルワークも極めて自然な状態で、進んでくれる。

そしてETCのレーンを超え、

高速道路に入ると、その瞬間に日本の果てまで走りたくなってしまう

この強いインスピレーションはいったいなんなんだろう。

レクサス LS600hLは、すでに快適という言葉を通り越している。

走る帝国ホテルのスイートルームとでもいうべきものじゃないだろうか。

画像


エンジンルーム。
画像


そして、395PSを引き出す5リットルのエンジンとモーター224PSが

引き出すハイブリッドシステムのコラボレーションは、

極めて日本的な感性を持ちだしてくる、その加速感に僕は驚いた。

こういうことができるのは、LEXUSでなければ絶対無理なんだと思う。

危わゆくば、さらりと法定速度なんて通り過ぎ、メーターを振り切ってしまいそうだ。

そんな速度を感じさせないある種の恐ろしさをこのLEXUS LS600hLは持っていると思う。

100km走行時にタコメーターを見ると、なんと1000回転まで回っていないのだ。

これにも驚いた。まだこの状態でもダンゼン、静かなのだ。

しかし旗艦というものは、本来こういうものなのかもしれない。

レクサス LS600hLは僕にそういうことを教えてくれている。

この旗艦には、最新のエレクトロニクスが満載されている。それも超の文字がふさわしい。

救急車のマークの付いた赤いボタン。
画像


自動車はとかく事故の確率が、他の乗り物に比べて総じて高い。

この旗艦は万一の事故や急病の時に、

上記のボタンを押すと自動的にLEXUSのヘルプネットセンターに

接続されヘルプネットセンターを通じて、救急車や警察などの出動を要請。

車両の位置確認や登録番号の情報も同時に送信されるため、

所轄の消防や警察への的確な通報が可能となっている。

またエアバッグが作動すると自動的にヘルプネットセンターに接続、ドライバーの応答が

ない場合にはオペレーターがドライバーに代わって即座に救急車の出動を要請する。

未来の映画の1シーンの世界がもうこの旗艦には備わっている。

セキュリティカメラ。
車内侵入等を検知してオートアラームが作動した際に、車内を撮影しオーナーへメール通知。
画像


高速道路を降りてUターンするときの視界。優越感にひたる僕。
画像


レクサス LS600hLのルームミラーから後方視界を・・・。
画像


帰り道、「何か音楽をお願いします」と要望する僕。
画像


その後、19個のスピーカーで至高の音を響かせるマークレビンソンから

流れてきたのは、あるジャズであった。アーティストはSALENA JONESさん。

走っているクルマの中とは思えない静かな室内とラグジュアリーな雰囲気にジャズはいい。

昔、あるホテルの最上階のラウンジでバーボンを傾けながら聞いたジャズを思い出す。

これぞ孤高のひと時、生きててよかったー!と思える時間だ。

こんな時も、粋な女性をホテルのパーティー会場まで迎えに行き、

このレクサス LS600hLの助手席に誘って、

一緒に、ジャズを聴きながら夜景のきれいなスポットを流してみたい。

格調高きシフトノブ。
画像


レクサス LSには、レクサス LS600hL、レクサス LS600h、レクサス LS460とあり

レクサス LS600h、レクサス LS460は全長が5030mm。

レクサス LS600hLはこの2タイプより12センチ全長が長い。

そのロングボディは、レクサス LS600hL後ろの席に大きなゆとりを提供している。

全長5150mmのレクサス LS600hLがもたらす、ゆとりがたっぷりの後席。
画像


僕が、レクサス LS600hLを試乗に選んだのは、もちろん僕自身が運転して楽しいことと

ゲストをいかに喜ばせる事ができるのだろうと思っていたからだった。

後席から観るDVDディスプレイ。
画像


後席左右独立エアコンやシートポジション設定のスイッチ類。
画像


リアサイドガラス。
画像

電動リアドアサンシェードをUPしたところ。
サイドからの日射をさえぎり、またプライバシーの確保にもお役立ち。
画像


企業のオーナー、もしくは営業している人たちというのは、取引先のお客さまを

自社へ迎える機会が多いのではないだろうか?

画像


飛行機を降りて、空港の乗降口から出てくると、なんとお迎えはレクサス LS600hLだった。

と、いうような場合まずそのデザインの雄大さに驚き、

また後席の極めて上質で日本的な快適さを味わってもらう。そして自社へ招待。

レクサス LS600hLでお客さまを迎える場合はクルマに似合う

上質な接客マナーを備えておく必要もあるとも思います。が、

その後の商談はスムーズに進む確率というのは非常に高くなるものと僕は思います。

そしてオーナーズカーとして所有する団塊の世代の方たちは、

帰省した子供たちにレクサス LS600hLを運転してもらい

自分はゆったりとした後席でくつろぐお盆やお正月を過ごすというのはどうだろう。

また親しい友人たちとレクサス LS600hLで長距離ドライブ。最高ですね。

上質なシート。そしてその中央にはクールボックス(簡易保冷庫)が備わっている。
画像


レクサス LS600hLは、現在の日本のクルマの頂点にいるものと僕は思います。

今日もとてもすばらしい試乗でした。感無量です。

画像

LEXUS LS600hL 車両本体価格¥13,300,000円

レクサス 福山の皆様ありがとうござました。


レクサス LS600hLのホームページhttp://lexus.jp/models/ls600h/index.html

レクサス 福山

TEL084−943−6115
ホームページhttp://lexus.jp/shop/dealerinfo.do?dealerCode=26453

広島県福山市南蔵王町5丁目1番12号



LEXUS LSのすべて (ニューモデル速報 (第377弾))
三栄書房

ユーザレビュー:
約束されたサクセス? ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
凡人さん見て下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/isseyhills
ヒルズ
2008/02/27 18:54
ついにやってしまいましたね(笑)こんな車が試乗出来る事に驚きましたよ。凡人さんのレポートからも、この車の凄さが伝わって来ます。世界最高峰の車ですからね(((^_^;)ちょっと想像つきかねますが(笑)凡人さんが総理大臣になられたら、きっと後席に…………(爆)ひょっとしたらセンチュリーかも知れませんが?
謎の旅人
2008/02/27 19:04
ヒルズ様
ブログ開設おめでとうございます。ちょくちょく寄らせていただきます。
お客さんのマニアックなクルマが気になりました。楽しみが増えました!!
謎の旅人様
民間の仕事をしているうちにがんばって稼いだら、法人契約のメンテナンス付きリースでLS600hLを所有して、お客様を後席に乗せたいですね。
僕が総理大臣になってしまったら、財政対策のために、センチュリーや、プレジデントなどのショーファードブリンたるクルマはやめて、環境にやさしいプリウスか、安いヴィッツあたりに大臣用公務車を入れ替えると思います。というわけで、公の部分では乗れないので民のうちに楽しんでおかなければ・・・(笑)。



総理大臣になってみたい凡人
2008/02/27 21:56
それは良い考えですね。是非、今のうちに色々な車を楽しんで下さい(*^^*)最近、どうらや鬱病の波が来たのか、凡人さんのブログについていけない………拝見させて頂いてますが、なかなかコメントが書けなくて…………(-_-;)自分のブログも書けない(汗)辛抱の時期なんでしょうが………(--;)
謎の旅人
2008/02/27 23:26
謎の旅人様
波は僕もあります。病気仲間の人もやはり同じです。短い波、長い波、人それぞれで・・・健康な人でも波があります。この波が自分でコントロールできないのがつらいところですが・・・。今はしんどいと思われますが、早く楽になられることを心からお祈りいたします。
総理大臣になってみたい凡人
2008/02/28 10:05
凡人さんコメントありがとうございます。
又いろいろ教えて下さいね
ヒルズ
2008/02/28 11:39
ヒルズ様
こちらこそ楽しみが増えてうれしいです。予約状況が掲載されてて分かりやすくていいですね。
総理大事になってみたい凡人
2008/02/28 12:56
凡人さん、ありがとうございます(*^^*)
謎の旅人
2008/02/28 14:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レクサス LS600hL 試乗記 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる