今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS アルファ147 試乗記

<<   作成日時 : 2008/02/28 23:52   >>

トラックバック 0 / コメント 7

画像


アルファ147 試乗記。

アルファロメオ。世界的に名声の高いブランド。その会社はイタリアにある。

イタリアといえば、ジョルジオ・アルマーニ、グッチ、ブルガリ、プラダ、ジャンニ・ヴェルサーチ

などが名を連ね、歴史上の人物としては、レオナルド・ダ・ヴィンチ。

フランスのルーブル美術館にある、彼が描いた「モナリザ」は大変有名だ。

イタリアの他の自動車メーカーも有名どころが名を連ねる。

フェラーリー、ランボルギーニ、マセラッティ、ランチア、フィアット。

そのデザインを手がけるメーカー、ピニンファリーナ、べルトーネなどもこの国だ。

料理もイタメシなる言葉が日本ではやっていたけど、

ピッツァ、スパゲッティ、マカロニなどもイタリアが発祥の地。

個人的には、バジル風味のスパゲッティが僕は好きだ。

そんな国から生まれたアルファロメオの中の1台、アルファ147に試乗してきました。

一発でアルファロメオのクルマと分かるフロントマスク。
画像


アルファ147 2.0ツインスパーク セレスピード 概要

日本発売年 2001年〜

全 長 4225mm
全 幅 1730mm
全 高 1450mm

ホイールベース 2,545mm

車両重量 1,330`
乗車定員 5名

エンジン 直列4気筒DOHC ツインスパーク14バルブ 1,969cc 最高出力 150ps

駆動方式 FF(前輪駆動)
トランスミッション ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション

サスペンション フロント ダブルウィシュボーン(コイルスプリング)
          リ  ア マクファーソンストラット(コイルスプリング)

ブレーキ  フロント ベンチレーテッドディスク
       リ  ア ディスク

10:15モード走行燃料消費率  9.5km/ℓ

タイヤ 205/55R16
画像


アルファ147 ドアノブ。ここからすでに官能的な雰囲気。
画像


ドアを開けます。アルファが醸しだす独自の雰囲気が漂っています。
画像


早速、アルファ147に座ってみます。
中央のスイッチ類は左手の自然な動きでちょうどいいところに手が届きます。
画像


アルファ147のキー。アルファブランドのシンボルマークがバッチリ。
画像


さぁー試乗にGo!!
画像


レーシングカーをイメージさせてくれるスポーティーなメーター。
画像


5速セレスピードは、マニュアル感覚とATモードが選べるシーケンシャルトランスミッション。

僕はこのシフト感覚が始めてで、シフトUPすると若干タイムラグが発生する。

アクセルを少し緩めて、シフトUPするとそのショックはやわらいだ。

ハンドリングはいたってクイックに反応し、そのアルファ147のトランスミッションと

ともに感じるのはレーシングドライバーとまでは言わないまでも、

自分は運転に隙を見せてはいけないアルファ147のドライバーなんだと認識させられる。

また、アクセルをグッと踏んだ時に聞こえてくるエンジン音がなんとも官能的だ。

この音が聞こえるように、アルファロメオは仕組んでいるようだ。なんとも粋なはからいだろう。

アルファ156やアルファ159のセダンに乗り、マニュアルで運転している人がいるが、

今回このアルファ147に試乗してみると、その意味が見えてきたような気がする。

そしてアルファを運転していると、モテる男になった気分になれるのだ。

これは不思議だ。やはりイタリア生まれのクルマだからだろうか?

アルファロメオを所有している人は、モテていると思う。

それはアルファロメオがその人のライフスタイルを自然にそのようにしていると感じるのだ。

またモテる男だからこそ、アルファロメオを所有するのかもしれない。

エクステリア、インテリアデザイン、ドライブのフィーリング、エンジン音全てが官能的なのだ。

アルファ147からの視界。隙を見せてはいけないのだ。
画像


帰ってきまし〜た!!
画像


一見、3ドアハッチバックに見えますが・・・
画像


後ろのドアノブが窓枠の後ろ側についています。さりげなく粋なデザインのアルファ147
画像


アルファ147 リア。
画像


アルファ147 ラゲッジルーム。
画像


画像


このクルマは、助手席や後ろの席でなく、運転してその官能的なものを味わうクルマだと思う。

それは男だけに限らない。女性も運転席がとても似合うと思います。

そのライフスタイルをアルファロメオで送ると今までとは違った自分に出会えるかもしれない。

イタリア発のとてもファッショナブルで、その運転に隙を見せられない官能的なクルマ。


アルファ147 2.0ツインスパーク セレスピード 車両本体価格¥3,140,000円


今日もとても楽しい試乗でした。

アルファロメオ福山の皆さんありがとうございました!!


アルファロメオ ホームページ http://www.alfaromeo-jp.com/model/index.html
アルファ147  ホームページ http://www.alfa147.jp/product/index.html
アルファ147  カタログ http://www.alfaromeo-jp.com/catalogue/pdf/147_catalog.pdf


アルファロメオ福山
TEL084−951−4111
ホームページhttps://www.fiatauto-officialdealer.jp/alfa_romeo/?dlr=0000190503&pg=top
住 所 広島県福山市津之郷町津之郷202−1





最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
またまたイカした車ですね〜(>_<)イタ車。デザインは申し分ないですね。この写真を見てホントに欲しくなってしまった(笑)凡人さんの写真も巧いのだと思いますよ。きっと構図が良いのだと思います。そういうセンスをさりげなく感じる所が良いですね(*^^*)アルファ…………所有している人が身近にいました。が、結構壊れるらしく、色々な愚痴聞きましたね。エアコンが…………とか、マフラーの熱でエアロの塗装が溶けるとか………。その辺が日本人と欧米人の感覚の違いなんだと思いますが。でも147、手に入れるには金銭的に少々頑張る必要がありますね(汗)でも、それだけの価値は有りそう。レクサスとは違う、所有する満足感が得られるハズですね(^-^)いやぁホントに欲しい(笑)
謎の旅人
2008/02/29 11:28
謎の旅人様
アルファロメオはデリケートなクルマなんだなーと運転してて思いました。
最近のクルマ、特に日本のクルマなど壊れることがほとんどなくなりましたが、自分のクルマが壊れて、あうんの呼吸で修理してくれる自動車さんがいて、リフトに上がった修理にかかる自分の車を見ながらクルマについて自動車屋さんと語るのも僕は好きです。そんなことがことが重ねれば、いっそう自分のクルマに愛着がわいてきて・・・。ディーラーさんの場合はサービスの人が修理している最中にショールームで珈琲とかお茶を飲ませてもらいますが、それはそれでくつろげていいのです・・・。が、クルマ好きとしては、修理されているクルマを見ていたいなーと思ったり。その経験がいざ出先で役に立つ事もあると思うのです。というかありました・・・。
総理大臣になってみたい凡人
2008/02/29 17:31
修理している車をみながら………。その気持ちは分かりますよ。車って、ホントに愛着わくモノだと思いますからね。僕もセリカは好きでしたよ。毎週ワックスしてましたし(^-^)凄く身近なモノだから、逆に道具と割り切る方も沢山おられると思いますが、やっぱり車は可愛がっていきたいと思いました。
謎の旅人
2008/02/29 23:02
19年いや正確には23年乗り続けたBMW325と別れを告げフイアット500のつもりがいまどういう訳かアルファ147のハンドルをしっかりと握り締めている私めでございます。この年になってこの様な癖?の塊みたいな車を選ぶとは。いやはや。後付のナビのフエィスはずれるは、雨の日ワイパーをつければビビリまくるし、家に帰って車庫へ入れヘッドライトを見ればものの見事にアクリルカバーは白濁、次の日暑いので初めてエアコンを入れれば今にも破損しそうな唸り声をあげるは、ったくナンダイこの車は。今は自分の方からこいつに合わせて乗ってそして意思?が通じた時なんか、機械というよりペットのようなそんな可愛さを感じるようになってきました。国産、ドイツ車のような賢さは無いけどほんと国産の車だったら目くじらを立てるようなことでもラテンでは目にも留めないのでしょうね。だったら国産、ドイツ車にすればーてなもんでしょうね。自分もいまではそんな気持ちでこいつと向き合っています。そして少しばかりハッピーです。そう毎回のワクワク感が少しづつ不満も消し去っていって呉れてるようです。
還暦爺
2009/07/03 14:10
還暦爺様
コメントありがとうございます!
クルマを所有してて、いろいろあるけど・・・
ワクワクしてハッピー!!最高ですね!!

これからもアルファ147で還暦爺様が
ハッピー!!カーライフを送られますことを心からお祈りいたします!
総理大臣になってみたい凡人
2009/07/03 16:04
凡人様お気遣い有難うございます。又何か書きたくなった時、コメントさせて下さい。私も歳だしこいつが最後の相棒となると思います。今思い返すと前までの車は自分で運転しているのに何か乗せられている様な気持ちでいたような気がして  でも今度の相棒は遥か昔に乗っていたイスズジェミニZZRの様な乗って楽しい本当に楽しい車そんな車です。私が元気な内はこいつと当てのない旅でも家内としようと密かにドライブ雑誌などをみてにや付いているこの頃です。ちなみに車の色は白で室内は赤です。だって還暦の誕生日に出会った相方ですから。又お便りさせて頂きます。では
還暦爺
2009/07/04 09:49
還暦爺様
こちらこそありがとうございます。
還暦爺様のコメントから
おしゃれで粋なカーライフの雰囲気が
伝わってきて、僕も楽しい気分になりました。
僕も生きている間ずっとワクワク、ドキドキ、楽しくハッピーで
過ごしていきたいです。
一度きりの人生!!
どうせ乗るなら
自分が楽しく幸せを感じるクルマに乗っていたいと思っています。
これからもよろしくお願いいたします!
総理大臣になってみたい凡人
2009/07/05 13:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アルファ147 試乗記 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる