今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS クラウン アスリート 試乗記

<<   作成日時 : 2008/03/22 23:20   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


クラウン アスリート 試乗記。

「いつかはクラウン」というキャッチコピーがありましたが

僕の試乗も「いつかはクラウン」とずっと思っていた。

クラウンが純国産乗用車として初めて登場したのが1955年。戦後10年の時期にあたる。

今のクラウンはその初代から数えて13代目です。

日本人は、あらゆる面ですごいところを持っていると関心することが多くありますが

戦後の廃墟の町から、わずか19年で東京オリンピックを前にして、

時速210`で走る、あの新幹線を開通させたのはものすごいことだと僕は思っている。

それだけ勤勉で、まじめな人が多い国じゃあないかなと僕は思います。

今回登場したクラウンも勤勉でまじめな人が、

そしてトヨタがお客の声を集約し、その声をいたるところに、このクラウンに反映させて、

その声の、とてもかゆいところにも手が届き、

最新のテクノロジーを搭載した完璧な高級車だと僕は思います。

今回、僕が試乗したのは、クラウン 3.5 アスリート

画像


クラウン 3.5 アスリート 概要

発 売 2008年2月18日〜

全  長 4,870mm
全  幅 1,795mm
全  高 1,470mm
乗車定員 : 5名
エンジン :総排気量 3.456ℓ  V型6気筒DOHC
最高出力[ネット] : 315PS/6,400r.p.m.
最大トルク[ネット] :38.4kg・m/4,800r.p.m.
駆動方式 FR(後輪駆動)
車両重量 1,650`
画像


サスペンション フロント ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング
          リ  ア マルチリンク式コイルスプリング

ブレーキ フロント リアともに ベンチレーテッドディスク

トランスミッション スーパーインテリジェント6速オートマチック

使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 

燃料消費率10:15走行 10.0km/ℓ

タイヤ&ホイール  225/45R 18 91W+18×8Jアルミホイール
画像


「クラウン 3.5 アスリート」 フロントのドアを開けます。日本的な高級感が漂ってきます。
画像


クラウン 3.5 アスリート」後席もゆとりがたっぷり。シートは本皮です。
画像


後席のエアコン・オーディオ操作スイッチ。収納BOX。先端からはカップホルダーがでてくる。
画像


8型ワイドタッチディスプレイ。その周りには大きくて分かりやすいスイッチが集約されている。
HDD(40GB)ナビゲーションシステム&AUDIO VISUAL
画像


クラウン 3.5 アスリート」の日本的な高級感が漂う、コクピットで出発!!
画像


もちろん、スマートキーで、スタートはこのエンジンボタンをON!!
画像


さぁー試乗にGo!!
画像


僕はこの日、「クラウン 3.5 アスリート」の試乗に行く際にプリウスでいったのですが・・・。
ハイブリッドでないこの「クラウン 3.5 アスリート」の静粛性に大変驚きました。
ロードノイズ、風切り音、エンジン音ともに、ほとんど聞こえてこない。
エンジン音もシュールッーン!!というような具合で、ブルルンって感じは全くない。
この大きなボディをとても軽快に走らせるうえに、
低速、もしくは駐車時にVGRS(ギア比可変ステアリング)のおかげで、
大きなボディにも関わらず、駐車の際も、とかく取回しがしやすくて、扱いやすい。
「クラウン 3.5 アスリート」からの視界。
画像


乗り味も、日本的な最高級の乗り心地、操作性だと思われます。

安全性についてのテクノロジーにも特筆すべき点がいくつかありますが、その中に

プリクラッシュセーフシステム(ミリ波レーダー方式)
進路上の障害物と衝突する可能性が高いと判断した場合、ドライバーに警報ブザーなどで
知らせ、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストが作動してブレーキの
制動力を高める。また、衝突不可避と判断した場合にはプリクラッシュブレーキが作動して
衝突速度を低減するとともにプリクラッシュシートベルトを作動させて衝突被害を軽減させる。


ドライバーモニター
ステアリングコラムに搭載したカメラがドライバーの顔向きや眼の開き具合を測定。衝突の可能性があり、正面を向いていない、または眼が閉じている状態が一定以上続いた場合、警報ブザーや表示で警告。ドライバーの状態が改善されず、衝突の可能性が高まった場合には、警報ブレーキを作動させ危険を知らせる。


僕は低血圧で、とにかく昼ごはんを食べた後、ものすごく眠くなる方で、
そんなとき、昔ある道路を走ってると、ガン、ガン、ガン・・・・って音がして
左側の樹脂製のポールをたくさんなぎ倒して、ハッと目が覚めたことがあるのですが・・・
今思えば、右側に走っていたら、対向車と正面衝突して、
僕が100%悪い事故を起こした上に、今頃この世にいなかったかもしれないなーと・・・。

このドライバーモニターは、そんな事故も防げるものすごいシステムだと感心します。

後方プリクラッシュセーフシステム
リヤバンパー内のミリ波レーダーが後続車両の接近を検知。追突される可能性が高いと判断した場合にハザードランプを点滅させ、後方車に注意を促す。さらに、追突の危険が高まると、前席のプリクラッシュインテリジェントヘッドレストを適切な位置に移動させ、むち打ち傷害の軽減を図る。

これらは、3.5アスリートGパッケージ、3.0ロイヤルサルーンGにメーカーオプションと
なっていますが、ぜひ全グレードに標準装備されることを願うものです。
オプション価格¥661,500円。
また、こういったシステムが、ヴィッツあたりまで採用されると、事故の件数も減って
悲惨な目にあわなくて済む人が増えると思います。

それから、エアバッグ連動ヘルプネットなどG−BOOK mX Proも熟知しておきたい内容です。ここは映画の世界が現実になっています。これで命が助かる人もいるでしょう!

とても視認性のいいオプティトロンメーター。
画像


帰ってきました〜!!
画像


クラウン 3.5 アスリート」 フロントマスク。
画像


見る人によっては、先代のゼロクラウンとデザインがほとんど変わっていないー!

っていう人もいるかもしれません。デザインが先代のキープコンセプトであると推測しますが

細部を見てみるといろいろと違います。

例えば、ドアミラーの取り付け位置。

ゼロクラウンはフロントガラスの先端枠内に位置していましたが

今回のクラウンは、ドアパネルにドアミラーが取り付けられています。

これはレクサスLSと同じですね。

また、ゼロクラウンにはサイドモールがついていましたが、今回のクラウンにはありません。

それから、フロントマスクや、フロントライト、リアライトの形状などが違っています。

リアのエンブレムの位置も、ゼロクラウンはCROWNが右側 ATHLETEが左側でしたが

今回のクラウンはその反対でCROWNが左側 ATHLETEが右側になっています。

クラウン 3.5 アスリート」 リア
画像


「クラウン 3.5 アスリート」 ラゲッジルーム トランクに三角表示板がついてていいですね。
画像


クラウン。

極めて日本的なクルマで、

日本でまじめにこつこつと働いてきた人が、それなりの収入を得るようになった時、

また、まじめな企業のオーナーとなりえたときに、

「いつかはクラウン」という願いを達成したとき、日本的な心やすらぐ日々が訪れるものと。

仕事をスムーズにこなし、地元商工会議所の会合に参加した後、

家に帰り、車庫にクラウンをおいて、家の玄関を開けると

そこには、着物をまとった上品な奥さんが、「おかえりなさいませ」と

出迎えてくれ、「今日もお仕事お疲れ様です」

「お風呂にいたしますか?それとも食事になさいますか?」と癒しの言葉をかけてくれ

湯船につかりながら、今までの自分の功績を思い浮かべ「あの時は頑張ったよなー!」

と回想に浸りながら、また明日への英気を養う。そんな日本的な情景が目に浮かびます。


最後に、リンカーンの言葉を借りて言うならば

クラウンは、「日本人の日本人による日本人のための高級車」だと思います。

画像


クラウン 3.5 アスリート」 車両本体価格¥4,870,000円


クラウンには現在ロイヤルサルーンシリーズアスリートシリーズがあります。

また、5月にはハイブリッドシリーズが発売されます。

僕はこのハイブリッドのクラウンにも興味があるので、発売されたら試乗にいこうと思います。

ご参考
クラウン ハイブリッド    車両本体価格 ¥6,190,000円

クラウン ハイブリッド
“スタンダードパッケージ” 車両本体価格 ¥5,950,000円

追加事項
2008年11月28日にNEW クラウン ハイブリッドの試乗記を掲載しました。
                 ↓
         NEW クラウン ハイブリッド 試乗記



クラウン アスリート ホームページ→http://toyota.jp/crownathlete/index.html

クラウン ロイヤルサルーン ホームページ→http://toyota.jp/crownroyal/index.html

クラウン ハイブリッド ホームページ→http://toyota.jp/crownhybrid/

トヨタ自動車ホームページ→http://www.toyota.co.jp/


そして、今回ご協力いただきましたのは!!

広島トヨタ 福山店
住 所 〒720-0077 福山市南本庄4-1-43

TEL/084-922-5551 
フリーダイヤル/0800-300-1014 FAX/084-921-6185
営業時間/9:30〜19:30 定休:月曜日(祝・祭日を除く)
ホームページ→http://www.hiroshima-toyota.co.jp/index.html

とても楽しい有意義な試乗でした。ありがとうございました!






最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
クラウンかっこいいですね〜。やっぱり何時かはクラウンですよね〜!(^^)!
最近のクラウンは高級セダンのイメージより高級スポーツカーに見えるのは僕だけでしょか?いつかは乗ってみたいですね〜マイカーとして(>_<)
金魚大好き
2008/03/24 16:45
金魚大好き様
そうですね。特にアスリートは、名前の通り走りを追求したクラウンだと
思います。ロイヤルサルーンのほうが、落ち着いた雰囲気がありますね。
最近はクルマのデザインで躍動感という言葉をよく目にする気がします。
クラウンもその中の1台かもしれないですね。
総理大臣になってみたい凡人
2008/03/24 18:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クラウン アスリート 試乗記 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる