今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS NISSAN GT-R 試乗記

<<   作成日時 : 2008/04/30 22:07   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


NISSAN GT-R 試乗記。

僕は、この4月から、ジョージルーカス監督の「スター・ウォーズ」に登場する
ジェダイの騎士が持つフォースの力を自分の体に感じ始めていた。
そしてフォースの力は4月27日、車輪村のイベントで発揮することとなる。
来場者はゆうに3千人以上はいたと思われる人の中から、僕はフォースの力で
わずか10組しか当選しない「NISSAN GT-R」の試乗券を手に入れた。

ジェダイの最高位であるジェダイマスターのクワイ=ガン・ジンは、
のちにダースベイダーとなった、アナキン・スカイウォーカーの母親にこう言っていた。
「出会いは偶然ではない。運命なのです。」
そして母親はジェダイへの修行に向かうアナキン・スカイウォーカーに別れを告げるとき
「運命はかえられないもの。夕日を止められないように。」と・・・。

そして、僕も「NISSAN GT-R」の試乗券(キップ)を手に
ジェダイの騎士への運命を踏み入れることとなる。
冒頭の写真はジェダイパダワン(修行中)の凡人の僕とモンスターマシン「NISSAN GT-R」。

手に入れた試乗券を持っているのは、ジェダイマスターのNISSAN セールスマン
これから、僕をジェダイナイトへ昇格させるべく、「NISSAN GT-R」で修行を始める。
画像


その前に、このモンスターマシン「NISSAN GT-R」の概要を紹介しておこう。

生産惑星 NISSAN(銀河共和国の太陽圏内に存在する) 
       しかし、ボディカラーがスーパーブラックとダークメタルグレーの場合、
       ダースベイダーのいる銀河帝国側のデススター内で製造されたのではないかと推測する。

生産開始  2007年 12月〜

エンジン  V型6気筒DOHCツインターボ(型式VR38DETT)
排気量 3,799cc
最高出力 480ps/6,400rpm (この馬力は僕のロードスターの4倍だ!!)
最大トルク 60.0kgm/3200ー5200rpm
画像


画像


全 長 4,655mm
全 幅 1,895mm
全 高 1,370mm
ホイールベース 2,780mm
車両重量 1,740kg

乗車定員 4名(後席2名は脱出時の緊急用と思っていたほうがよい)   

トランスミッション GR6型デュアルクラッチトランスミッション

駆動方式 独立型トランスアスクル4WD(この方式により53:47の重量配分が実現されている)

サスペンション フロント 独立懸架ダブルウイッシュボーン(Bilstein Damptronic)
          リ  ア 独立懸架マルチリンク(Bilstein Damptronic)

ブレーキ フロント ベンチレーテッドディスク (ブレーキキャリパー ブレンボ社製)
       リ  ア ベンチレーテッドディスク (ブレーキキャリパー ブレンボ社製)
画像


タイヤ フロント 255/40ZRF20(パンクしても走行できるランフラットタイヤ装着)・・・戦闘時に効果を発揮。 
    リ  ア285/35ZRF20(パンクしても走行できるランフラットタイヤ装着)
画像


日本(太陽圏内の惑星である地球の中に存在する国の1つ)での価 格  
GT−R ・・・・・・・・・・・・・・・・・¥7,770,000円
GT−R Black edition・・・・・・・¥7,927,500円
GT−R Premium edition・・・・¥8,347,500円

モンスターマシン「NISSAN GT-R」のフロントマスク。
スーパーブラックのフロントマスクから感じる僕のフォースは、
ダースベイダーのマスクの口がイメージされダークサイド(暗黒面)のマシンではないかと疑念を抱くが
ジェダイマスターであるNISSAN セールスマンを信用してコクピットに身をおく決心をした。
画像


そして、この修行(試乗)はアミダラ女王(パドメ)率いる惑星ナブーを連想させる景色が広がる、
空気という大気が存在する地球という惑星で行われる。
またこの地球には重力というものがあり、
物体が動くときに発生する慣性というものもある。
このモンスターマシン「NISSAN GT-R」はその空気と重力と慣性を
とてもうまく利用するよう設計されており、強力なダウンフォースが発生し、
高速走行になればなるほど地球の路面へ「NISSAN GT-R」がしっかりとグリップする。

いつでも敵からの攻撃に耐えうるべくために設計されたと思われる機能的なコクピット。
画像


高精度ディスプレイには、アクセル開度メーターと加速Gのグラフや
コーナリングGとステアリング舵角を表す矢印や減速Gとブレーキ圧のパーセンテージ表示など
NISSAN GT-R」のコンディションがジェダイの騎士に対して表示されるのである。
時に、ジェダイマスターのオビワン・ケノービやヨーダが現れコクピットにいるジェダイの騎士へ、
緊急時の情報を伝えることもある。
この表示についてジェダイマスターのNISSAN セールスマンが正確に
ジェダイパダワンの僕に伝えてくれ、今から始まる修行(試乗)へ進むよう指示するのだった。
が、このスーパーブラックのモンスターマシンに疑念を抱いている僕は
このディスプレイから暗黒面シスの銀河帝国皇帝ダース・シディアスが表示されない事を祈っていた。
画像


ジェダイマスターであるNISSAN セールスマンから
モンスターマシン「NISSAN GT-R」のキーがジェダイパダワンの僕の手に!!
画像


センターコンソール上にあるレッドに塗られたエンジンスタートボタンを押す。
NISSAN GT-RのフロントからVR38DETTエンジンののサウンドが室内に響きわたる。
このとき、僕の心の中に、本当はあってはならない過信が生まれだす。
800年間ジェダイの騎士を養成してきたヨーダはこう言っていた。
「ジェダイの力の根源はフォースだが、ダークサイド(暗黒面)もある。怒り、恐怖、敵意それが暗黒面だ。
それは心の中にたやすく生まれる。暗黒面に落ちればそれに食いつぶされる。」と・・・。
画像


そして、ヨーダは話を続ける。「心を乱すな。抑えることを学べ。」
横にいるジェダイマスターもその教えを僕にフォースの力をもって伝えようとするが・・・
写真は、地球上の大気の温度をコントロールし、NISSAN GT-Rの室内を快適に保つ操作スイッチや
地球上の路面に応じてセットアップする
トランスミッション、ショックアブソーバー、VDC−Rのスイッチがある。
また敵からマシンを守る「防御シールド」のスイッチは、ジェダイの騎士にしかわからない場所に存在する。
画像


本来持ってはならない過信を抱いたまま、修行(試乗)にスタートしてしまうジェダイパダワンの僕。
ジェダイマスターのNISSAN セールスマンが僕にいう。
「成長を急いではならん!!」
「イエース!!マスター!!」と返答するパダワンの僕。
画像


モンスターマシン「NISSAN GT-R」のデュアルマフラーのサウンドを聞きつけた
多数の地球人が僕の周りを囲み、Goo Bikeという雑誌の記者が写真撮影のため
ジェダイパダワンの僕にポーズをとってほしいという。Goo Bikeは毎月10日発売のようだ。
修行中のジェダイパダワンはメディアへ登場する権限は本来与えられていない。
後日メディアに登場するということがわかると、あってはならない過信が増幅されるのである。
その過信はダークサイド(暗黒面)へ陥る要素の1つなのだ。
画像


NISSAN GT-R」のメーターは、この地球において300km/hオーバーでの走行が可能であるため
高速域でも必要な情報が伝わりやすいように、大型タコメーターが中央に配置されている。
地球のドイツにあるニュルブルクリンクというサーキット(毎年約40人が天国にいっているらしい)
でのラップタイムは、7分30秒台を記録している。

スターウォーズに登場するアナキン・スカイウォーカーが、
故郷の惑星タトゥイーンでのポッドレースで優勝したときのスピードは700km/h以上でていたといわれるが
大気、慣性、重力換算からこの「NISSAN GT-R」の最高速は惑星タトゥイーンにて計算しなおし、
フォースの力を使えば、約1,500km/hオーバーを記録するのではないかと推測する。
画像


NISSAN GT-R」からの視界。当初惑星ナブーかと思われていた景色は、
スターウォーズ・エピソード6(ジェダイの復讐)に登場していた
銀河帝国のデス・スターを護るシールド発生施設があるエンドアの森のように変わっていった。
周辺からイウォーク族が登場してきそうな場所での修行(試乗)が始まる。
画像


アクセルを踏んだ瞬間、さらに僕の疑念が深まっていく。
このモンスターマシン「NISSAN GT-R」はNISSANという惑星で作られたのだろうか・・・?・・・と。
まったくボディのゆがみを感じることなく、ミシリっとも言わない高剛性のマシンに驚く。
そういった高性能がいっそう僕を傲慢な過信へと追いやり暗黒面(ダークサイド)への道を作っていく。

修行(試乗)の場は、いわいるワインディングロードだ。
コーナーインするたびに、高性能なマシンによる傲慢な自信がそのスピードを増していく。
僕は、ロードスターだったら間違いなくコーナーアウトしてクラッシュしているはずであろう
スピードをゆうに超えて、この「NISSAN GT-R」でコーナーインし、
モンスターマシン「NISSAN GT-R」の強力なグリップ力に感心していた。
が、僕には恐怖もあった。初めてのマシンでフォースの力を発揮することができるのか・・・。
またその恐怖も暗黒面(ダークサイド)へと僕を陥れる要素なのだ。

ジェダイマスターであるNISSAN セールスマンが助言をくれる。
「帰りのコースで、ここの横道から地球の別のマシンが飛び出てくる可能性があるので注意を!!」
「イエース!!マスター!!」と返答するパダワンの僕。
そして僕は自分の恐怖を取り払うために、トランスミッションをマニュアルからオートモードに切り変えた。
それは、心の迷いが僕の判断を鈍らせるのを防ぐためだった。
僕は自分のフォースが不安定な状態で「NISSAN GT-R」を操縦していることに、
気づいたが、時すでに遅し・・・。

僕の傲慢な過信は、短距離での直進コースでアクセル開度を全開にして走らせるのだ。
このとき、とてつもない加速Gが僕の背中を襲う。
間違いなく、このスピードはジェダイ評議会にかけられると罰則を受けるであろう。
だが横にいるジェダイマスターは、静かに僕を見守っている。
しかし、僕はまだ恐れを感じている・・・
「恐れは怒りに怒りは憎しみに憎しみは苦痛へ」
「恐れはダークサイドへ通じる」

僕はモンスターマシン「NISSAN GT-R」によって暗黒面(ダークサイド)へ陥ろうとしている。
そして追い討ちをかけるような掟がジェダイにあることを知った。
ジェダイの騎士は恋愛をしてはならないのだ。僕には守れそうにない・・・。

「愛への執着は禁じられている。所有欲もご法度。
 でも無償の愛である思いやりはジェダイの精神なんだ」とアナキン・スカイウォーカーは言っていた。
が、そのアナキン・スカイウォーカーも愛するパドメのために暗黒面ダークサイドへ落ちていき
ダース・ベイダー卿となりダーク・シディアス皇帝の下で銀河帝国を支配していく。

それを知ってしまった僕の心は自分の愛のために、ジェダイの騎士になることを辞め
暗黒面(ダークサイド)へ導かれることになる。

僕はフォースをよりいっそう高めるためにダーク・シディアスの元へいくことを考えていた。
画像


NISSAN GT-R」 リアスタイル。
画像


画像


その後、僕が強いフォースの力を手にし、ダース・凡人となったかどうかは・・・・・・・・・・・。

スターウォーズ・エピソード6(ジェダイの復讐)のラストシーンで
ダース・ベイダーは息子であるルーク・スカイウォーカーにこう言う。
「ルークお前は正しかった。私には善の心が残っていた・・・」

もしダークサイドに陥ったとしても、善の心を忘れてはならないのだ。

そして「フォースはいつもみなさんと共にある!!」                  by ダース・凡 人

NISSAN GT-R」後席の緊急用シートに座っている、ダース・凡人の愛の結晶、我が家のレイア姫???
画像


マルチパフォーマンス・スーパーカー「NISSAN GT-R」の勇姿。
画像


後 記
スーパーブラックの「NISSAN GT-R」を見た瞬間、コクピットから降りてくる姿が一番似合うのは、
黒いマントと「シューっシューっ」と呼吸器の音がするマスクをし、空中を俊敏にクルッ!として
ライトセーバーを振り回しているダース・ベイダーじゃあないかなあと思ったのは僕だけかなあ???


そして「NISSAN GT-R」には「日産ハイパフォーマンスセンター」という
秘密基地が156箇所あり、ここで整備、修理を受けないと安定した走りは期待できない。


「NISSAN GT-R」ホームページ→http://www2.nissan.co.jp/GT-R/R35/0710/index.html

僕の住んでいるところから一番近い、「NISSAN GT-R」のディーラーさんと
日産ハイパフォーマンスセンター
株式会社日産サティオ福山
福山明神店TEL 084−923−3211

ホームページ http://www.sp-fukuyama.co.jp/index.html

住 所 福山市明神町1丁目9−48


最後になりましたが、
NISSAN GT-R」の試乗会を企画してくださった車輪村の皆様に感謝いたします。



日産GT-Rのすべて (ニューモデル速報 (第404弾))
三栄書房

ユーザレビュー:
わかりやすい この値 ...
どうかな?。最近の「 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてコメントします。あっササイですので。
↑の車、うちの父上がゲットしてました。
あたしは興味がないのでまだ見てませんが
ダンナは乗せてもらい、「バケモノだ〜」
って言ってたな。どーして男の人ってそんなに
車が好きなのかしら?女子のあたしには??です。
ゆうせいママ
2008/05/01 16:13
美人のゆうせいママ様
コメントありがとうございます!!
日本の男の子の憧れ「NISSAN GT-R」をお父上様がゲット!!
ですか・・・すっごいっー!!
で、ダンナさんのおっしゃられるとおり、普通のクルマじゃあないです。
ゆうせいママ様のお父上様もフォースの力をお持ちのようですね。
ダークサイドに導かれないよう、
ゆうせいママ様がお父上を見守っていないといけないのだ!!
「フォースの守りあれ!!」
ダース・凡人
2008/05/01 17:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NISSAN GT-R 試乗記 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる