今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS フィアット 500 試乗記

<<   作成日時 : 2008/04/03 16:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


フィアット 500 試乗記。

世の中には試乗もしないで、モーターショーや雑誌、ディーラーさんの案内で

そのクルマを見ただけで

ディーラーさんが予約を開始したと同時にクルマを購入する人もたくさんいます。

2008年3月15日発売され見ただけで、ほしくなるクルマ。

イタリア発のフィアット 500!!

画像


先代のフィアット 500はチンクチェントの愛称にて、

1957年〜1977年の20年間も生産され、

かの宮崎駿監督の「ルパン三世 カリオストロの城」に登場してる。

とても愛らしいクルマで、ルーフはキャンバストップでした!!

そして今回発売された、3代目フィアット 500も日本で発表早々にルパン3世が

会場に乗り込み、逃走したとのこと。さすが怪盗紳士ルパン3世!!

DVDリリースされた

ルパン三世 GREEN vs RED』にはこの3代目フィアット 500が登場しています。

というわけで、早速、僕も試乗を装い・・・フッフッフッ!!

画像


フィアット 500  1.2  8V  Lounge  概 要

全  長  3,545mm
全  幅  1,625mm
全  高  1,515mm
ホイールベース 2,300mm

車両重量 1,010kg
乗車定員 4名
燃料消費率10・15モード 15.6km/ℓ
(国土交通省審査値)

エンジン種類   直列4気筒 SOHC 8バルブ
総排気量     1,240cc
画像


最高出力  69ps/5,500 rpm
最大トルク 10.4kgm/3,000rpm

駆動方式 FF
トランスミッション形式 ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション
(デュアロジック)

サスペンション  フロント 独立懸架・マクファーソンストラット式
           リ  ア トーションビーム式
ブレーキ   フロント  ディスク   
        リ  ア ドラム

タイヤサイズ 185/55R15
画像


クルマの大きさは、軽四輪自動車より大きく、トヨタ ヴィッツより小さい。

日本でとても逃走しやすいサイズ。そしてこのスタイル。もうほしくてたまらない。

僕は2001年まで生産されてた、クーペフィアットのインテリアに魅力を感じてて

今でもほしいクルマの一台なのですが、

そのインテリア以上に魅力を感じるのが、このフィアット 500

クーペフィアットと同様にダッシュパネルがボディと同色にデザインされてて

僕の脳内セロトニンを彷彿させてくれる。怪盗にもセンスが必要だ。

デザイン、ファッション、ジュエリー関係で仕事をされてる方は

おそらくこのフィアット 500を見て、「おっ!!」と思う人も多いのではないかなあ?

フィアット 500 運転席側から
画像


フィアット 500 助手席側から
画像


フィアット 500のボディと同色のダッシュパネルが美しい!!
画像


フィアット 500 ハンドル 白い本皮巻き。
画像


画像


フィアット 500の絶妙なデザインのオーディオ、空調操作スイッチ類。
画像


ハンドル、ドアトリム、メーター、シフトノブ、オーディオスイッチ類、スピーカー、

部品の1つ1つのものすごいセンスに、逃走前に僕は失神しそうです。

フィアット 500 メーター。
一番外側が警告表示類、次にスピードメーター、その内側がタコメーター。
そしてその中にマルチファンクションインジケーターが表示されていて
シフトポジション、時計、燃料計、走行距離などが見れます。おしゃれなメーターです。
画像


さぁーフィアット 500のキーを回して、エンジンスタート。この瞬間がたまらない。
画像


試乗を装い一緒にフィアット 500を盗みにきた???長女KonamiとGo!!
画像


怪盗凡人、逃走開始!!
画像


フィアット 500の良好な視界からは、まだ、警察の陰は見当たらない。
安心してアジトに直行!!
画像


逃走するのにATモードは、なかなか僕のタイミングと一致しないが、MTモードで
アクセルを緩めて、シフトUP、DOWNすると、思い通りに動いてくれる、フィアット 500。
シフトノブの位置が、とてもいい、ホントにいい、そして気持ちよく、
左手はシフトノブに当てたまま逃走する僕&長女Konami。
画像


ドアミラーから見る限り、銭形警部も追いかけてこない!!逃走中の景色も最高だ!
Aピラー根元にさりげなくついているスピーカーからラジオでニュースを確認する。
ボサノバホワイトのダッシュパネルで輝く、500のエンブレム!!
画像


次はある美術館の絵を狙っている僕。実行に移る前にラゲッジルームを確認しておく。
フィアット 500 容量185リットル。よっしOK!!
画像


フィアット 500 リア。ミッション開始前に今からナンバープレートを変更する。
おっ!!左前方にパトカー・・・!!まずいっ警察が動き出した!!
画像


ミッションの実行は夜だ。怪盗凡人たりともぬかりのないように・・・。ライトも確認しておこう。
上側がロービームで下側のライトがハイビームだ。
画像


そして、逃走にも安全性が問われる。僕がこのフィアット 500を選ぶ理由は
このクルマに車両火災予防対策が施されている。
せっかくの獲物がもしもの時に燃えてしまっては大変だ。
念には念を入れておくのがセンスのある怪盗なのだ。

長女Konamiを家に連れて帰り・・・
これから怪盗凡人の僕は、夜のミッションのために3人の仲間を迎えにいくことにする。
それではみなさんさよーならー!!
画像


画像


ブログを見てくださっている皆さんには、
フィアット正規ディーラーさんでの購入をおすすめすることは言うまでもない。

4月3日現在発売されているグレードは2種類。

フィアット 500  1.2  8V  Lounge
車両本体価格 ¥2,250,000円
ボディカラー6色。

フィアット 500  1.2  8V  Lounge SS(200台限定販売)すでに完売済み。
車両本体価格 ¥2,330,000円
ボディカラー3色。

というわけで、2つのグレードがありますが、
実質的に現在は、フィアット 500  1.2  8V  Loungeのみ。
絶対売れているだろうなーとの予測どおり、やはり人気のようで、
ボディカラーがボサノバホワイトだと納車は来年になる予定とのこと・・・。

で、1.4ℓのエンジンを搭載したモデル(グレード最初にポップ、次にラウンジ)が、
夏ごろに導入される予定らしいので
ボサノバホワイトを狙っている人は、そのモデルはどうかなあーと思います。
で、試乗したクルマはポップ仕様の1.2ℓのデモカーだったので外観やエアコンなど一部が
1.2  8V  Lounge と若干違うところがありました。
動力性能的には、僕が逃走した?1.2ℓモデルでも全然OK!!
ATモード付5速シーケンシャルトランスミッションもシフトノブの位置がとてもよく
MTモードで快調な動きをみせてくれます。とにかく楽しい!!
だいたいAT免許でも、このパフォーマンスが楽しめるのだから申し分ないですね。

このフィアット 500に乗っていると、「センスのいい人ねー!」って
絶対、人から言われると思う。
フィアット 500を買って人を乗せてあげると、もっとすごい褒め言葉が待っているはずだ。

僕はエクステリアもさることながら、
フィアット 500のインテリアにものすごい魅力を感じているのだ。

イタリア発のフィアット 500

所有すると、人生がものすごく楽しくなるクルマになることは間違いない。


フィアット ホームページ→http://www.fiat-auto.co.jp/
フィアット 500  ホームページ→ http://www.fiat-auto.co.jp/showroom_500_index.html
フィアット 500スペシャルサイト→http://www.fiat-auto.co.jp/fiat500/
僕がトップページに貼り付けているフィアット 500メーターのブログパーツは
                            このスペシャルサイトでゲットできます。
ルパン3世の逃走写真→http://www.fiat500.com/images/lupin/Lupin_Fiat500.jpg
ルパン3世の逃走映像
       ↓
http://www.fiat500.com/images/lupin/Lupin_Trailer1_4s_800x450.swf


今回の試乗のご協力は

アルファロメオ・フィアット正規ディーラー

アルファロメオ福山さん

TEL084−951−4111

ホームページ→http://www.fiatauto-officialdealer.jp/fiat/?dlr=0000190503

住 所 広島県福山市津之郷町津之郷202−1


ものすごい楽しい試乗でした!!ありがとうございました!!

                                               by 凡 人





最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この車(は)本当に好きなのがわかります(^^)
沼隈の凡人
2008/04/07 17:13
沼隈の凡人様
車庫のスペースと財布の中身が膨らんだら、1台追加でほしいですね〜!!
総理大臣になってみたい凡人
2008/04/07 17:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フィアット 500 試乗記 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる