今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS トヨタ クラウン ハイブリッド 試乗記

<<   作成日時 : 2008/11/28 21:34   >>

トラックバック 0 / コメント 10

画像


トヨタ クラウン ハイブリッド 試乗記


10月末に、1本の電話が僕のところへかかってきました。

お相手は、広島トヨタ 福山店さん・・・「TJ町にお住まいの凡人さんで、ございますでしょうか?」

「ご応募いただいていた、feel クラウン 3DAYS モニターキャンペーン当選されました!!」

すっかり、応募していたことを忘れていた、日頃の行いがよい僕???。

「それではトヨタ クラウン ハイブリッドのモニター期間は11月11日から13日までになります。」って!!

当選者、全国2400名の1人に!!ヤッター!!

トヨタ クラウン ハイブリッドと瀬戸大橋と僕。                       by 与島
画像



というわけで、トヨタ クラウン ハイブリッドでの3日間の走行距離および用途は

1日目・・・148km(主に市街地走行&友人と海辺をリラックスドライブ!) 
            トヨタ クラウン ハイブリッドの快適ハイテク装備をいろいろと試してみる。

2日目・・・315km(主に高速道路での走行・・・備前市 閑谷学校の紅葉 瀬戸大橋の撮影を兼ねて)
            トヨタ クラウン ハイブリッドの高速走行時の性能を試してみる。

3日目・・・ 47km(主に市街地走行&写真撮影)
            自分のクルマのごとく、
            友人宅・知人宅・会社訪問して、トヨタ クラウン ハイブリッドを紹介して周る。

トヨタ クラウン ハイブリッド試乗モニター3日間で、僕の走行距離は合計 510km。

画像


トヨタ クラウン ハイブリッドでの3日間で感じたことを述べますと

ホント一言!!楽ラク!!

そして、ここまで気の効いたクルマを作れるのは、日本人だからそしてトヨタだから。

クルマの味付け自体が、日本人が対象になっていると思うことと、

これまでのクラウンオーナーの声や日本の自動車ユーザーの声を

クルマの隅々までトヨタ クラウン ハイブリッドに反映させているように感じるのであります。

3月のトヨタ クラウン・アスリートの試乗記にも掲載いたしましたが

トヨタ クラウン ハイブリッドもやはり

「日本人の日本人による日本人のための高級車!!」だと思います。

画像


トヨタ クラウン ハイブリッド 概 要

全 長 4,870mm         室内長 2,060mm
全 幅 1,795mm         室内幅 1,520mm
全 高 1,470mm         室内高 1,205mm
ホイールベース 2,850mm

車両重量 1,840s(ご参考 トヨタ クラウン 3.5アスリートは1,650s)
乗車定員  5名

ハイブリッドシステム
エンジン V型6気筒DOHC 3,456cc  最高出力 296ps
モーター 型式1KM  交流同期電動機 最高出力 200PS
画像


駆動方式 FR(後輪駆動)
トランスミッション 電気式無段変速機
画像


サスペンション フロント ダブルウッシュボーン
          リ  ア マルチリンク

ブレーキ  フロント ベンチレーテッドディスク
       リ  ア ベンチレーテッドディスク

10:15モード走行燃料消費率  15.8km/ℓ
(車両重量が1.8トンを超えてるクルマの燃費とは思えません。驚き!!)                
ご参考 NEW クラウン 3.5アスリートは、10.0km/ℓ 車両重量1,650s

タイヤ 225/45R18 91W+18×8Jアルミホイール フロント リアともに。
画像

 

トヨタ クラウン ハイブリッド    車両本体価格 ¥6,190,000円

トヨタ クラウン ハイブリッド
“スタンダードパッケージ” 車両本体価格 ¥5,950,000円

モニター初日に、トヨタ クラウン ハイブリッドの快適装備やテクノロジーに驚いた僕。

ハイブリッドシステムもスゴイ!!のですが・・・

まずは、トヨタ クラウン ハイブリッドのPOWERボタン押します。
ちなみにトヨタ クラウン アスリートは、このボタンに、ENGINE START STOPと表記されてます。
このPOWERと書かれたボタン表記が、ハイブリッド車であることを、さりげなく教えてくれます。
で、ボタンを押しても、この地点でエンジンはかからないので恐ろしく静かです。
画像


トヨタ クラウン ハイブリッドで、
僕が一番感動したのが、ファイングラフィックメーター。始動すると・・・
画像

                      ↓ファイングラフィックメーターの表示が!!
画面は僕が撮影した本物であり、ハメ込み合成ではありません・・・???。
画像


トヨタ クラウン ハイブリッド ファイングラフィックメーターの動画です。You Tubeにありまし〜た!


こちらは、ドライブモニター。写真はエネルギーフロー表示。
他、瞬間燃費(写真)、通算平均燃費、給油後平均燃費、航続可能距離などが表示され
表示切替の操作は、ステアリングの右側にあるボタンで快適に切り替えすることが可能です。
画像


ご覧のように、トヨタ クラウン ハイブリッドには、
メーター針というものはなく、パソコンと同じTFT液晶画面が
トヨタ クラウン ハイブリッドの各種車両情報を表示してくれます。

写真は、ナビと連動している市街地での道路のレーン表示。
先の道路レーンの状態がわかるのでホントに快適です。
ナビの経路、目的地を設定していれば、どのレーンにいればいいのかを青色表示してくれます。
コンソール上のナビを見なくていいので視線移動の時間が少ない分、事故の確率が減りますね。
画像


トヨタ クラウン ハイブリッドの
ファイングラフィックメーターの表示される情報量、正確さには驚くばかり
そしてファイングラフィックメーターの見やすく綺麗な描写は、
多くの人を魅了することに間違いないでしょう!!
写真は、ナビと連動している、高速道路での矢印ナビ表示。距離も掲示されてるのでホントに楽です。
画像


こちらは、ステアリングの左側についてるサイドモニター(クリアランスソナーと同時オプション¥73,500円)
のスイッチをパチッ!て、すると
画像

トヨタ クラウン ハイブリッドの左側ドアミラーに搭載されたカメラが、
画像

トヨタ クラウン ハイブリッドのモニターにボディ左側下部を表示して運転を支援してくれます。
初日に「崖の上のポニョ」で有名になった、道路幅の狭い鞆町を
トヨタ クラウン ハイブリッド通行してみましたが、これがなかなか快適なのです。
画像


ギアをバックに入れると、音声ガイダンス機能付カラーバックモニター(標準装備)。
僕は、この機能に慣れていないので、試乗時は自分の感覚を頼りに慎重にバック!!
画像


ドアミラーの取り付け位置が、先代のゼロクラウンから変わっていて
窓の先端ではなく、ドアのボディ側に取り付けられてて、
これがいいのが、矢印部分の視界が確保されてます。

窓の先端にドアミラーがついてるクルマは多いですが、
Aピラーとあわせて、ドアミラーの取り付け部分の面積が大きいと死角ができますが
実際に運転していて、右、左ともにここの部分の視界が確保されてて、運転しやすかったです!!
画像


写真は、2.2メートルの幅のポールの間を、トヨタ クラウン ハイブリッドで通り抜けたときの
ドアミラーに見えるポールの位置です。(右側)
画像


こちらは、左側。トヨタ クラウン ハイブリッドの全幅は 1,795mmですので
ポールの間が2.2メートル、両側で405mmの余裕があります。片側約20センチの状態です。
画像


ゴージャスなトヨタ クラウン ハイブリッドのダッシュボード!室内はシートも本革です。
とても質感がよくてしっくりとくる本革巻きのステアリング。スイッチ類も扱いやすいです。
画像


画像


トヨタ クラウン ハイブリッド G−BOOKの表示画面。
画像


トヨタ クラウン ハイブリッドのインテリア 3つほど僕の視点を、いわせていただくと

ナビゲーション&オーディオのスイッチの表記が日本語の部分と英語の部分が
両方あって統一制がなく、いっそのこと、全部日本語表記にしたらどうかな〜!

そして、これはトヨタ クラウン ハイブリッドに限らないことですが、
センターコンソールにあるナビゲーションやエアコン、オーディオの操作をしやすいように
センターコンソールを運転席側に向けたらどうでしょう!
手が自然に触れることができる位置にあれば、よりいっそう事故の確率が減ると思います。

最後は、時計、エアコンの温度のデジタル表示部分。
これは、20年くらい前にはやったようなデジタル表示で、
せっかくファインビジョンメーターが斬新なところを見せているのにもったいないなあと、思います。                                                   
画像


トヨタ クラウン ハイブリッド インテリア

さて、3日間走行してみてその走りは、どうだったか???

トヨタ クラウン ハイブリッド 本当に楽ラクです。低速走行時も高速走行時も渋滞時も!!
画像


低速走行時には、VGRS(ギア比可変ステアリング)のおかげで
全 長 4,8mを超えるトヨタ クラウン ハイブリッドが、コンパクトカーのごとく扱いやすく
高速時には前輪の切れ角が小さくなるので、安心!安定した走り!


時速100kmのときのエンジン回転数は、0(CHG)〜1,000回転ほど。これってスゴイの一言です。
で、加速はどうかというとアクセルを踏めばグワッーと1,860sのボディを極めてスムーズに引っ張ります。
ブレーキもグッーっと、しっかり効いて、VDIMが制御する数々のハイテク機能にも驚くばかり。
画像


トヨタ クラウン ハイブリッド 安全対策も10個のSRSエアバッグを筆頭に
アクティブセーフティ パッシブセーフティともに、ハイテク装備満載です。

トヨタ クラウン ハイブリッド 安全性能

エアバッグ連動ヘルプネットなどG−BOOK mX Proも熟知しておきたい内容です。
ここは映画の世界が現実になっています。これで命が助かる人もいるでしょう!
画像


安全性についてのテクノロジーにも特筆すべき点がいくつかあります。

プリクラッシュセーフシステム(ミリ波レーダー方式)標準装備

緊急ブレーキシグナル 標準装備

以下は、モニター車にはついていなかったオプションの安全装備ですが、

・ドライバーモニター ・後方プリクラッシュセーフシステム ・レーンキーピングアシスト(LKA)

・プリクラッシュインテリジェントヘッドレスト(前席) ・ナイトビュー(歩行者検知機能付)

これらは、現在メーカーセットオプションですが、ぜひ標準装備されることを願うものです。
オプション価格¥832,650円。
また、こういったシステムが、小型車であるヴィッツあたりまで採用されると、事故の件数も減って
悲惨な目にあわなくて済む人が増えると思います。

運転席から撮影したトヨタ クラウン ハイブリッドの後席。
閑谷学校の紅葉を見にいったときは、ゆったりまったりゴージャスな後席で、
直射日光の紫外線にあたりたくない我が家のかみさん、
電動リアサンシェードと手動式リアドアサンシェードを上げて、熟睡ZZZ
画像


僕がトヨタ クラウン ハイブリッドを試乗するにあたり、

13代クラウン エグゼクティブチーフエンジニアの寺師茂樹さんのインタビューを読んでみました。

このインタビューの内容に、僕はすごく感動いたしました!!とくにアドレナリン濃度のことについて。


画像



僕が、記事の冒頭で述べたトヨタ クラウン ハイブリッドの「楽ラク」の中には

トヨタで開発・生産に携わった方々の、ものすごい努力が詰まっている!!

そういうことを僕たちは、決して忘れてはいけないと感じることと、

僕の「楽ラク」という言葉の中には、

トヨタ クラウン ハイブリッドの高度な安全性、安心感、快適性が入っていることを、ここに記しておきます。

                                                         by 凡 人


このたびの試乗のご協力は!!
広島トヨタ 福山店さん
住 所 〒720-0077 福山市南本庄4-1-43
TEL/084-922-5551 
フリーダイヤル/0800-300-1014 FAX/084-921-6185
営業時間/9:30〜19:30 定休:月曜日(祝・祭日を除く)

トヨタ クラウン ハイブリッドでの3日間、とても有意義な試乗をありがとうございました!
                                                  


・・・ご参考・・・

トヨタ クラウン ハイブリッド ホームページ

僕のNEW クラウン アスリート 試乗記



トヨタ クラウン
モーターマガジン社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を楽に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。クラウンハイブリッドかぁ〜。相変わらず試乗する車が凄いですね(笑)
いっその事、購入してしまいましょう(笑)

センターコンソールをドライバー側へ向ける。というのはスポーツカーで良くありますよねー(*^^*)ただ、クラウンという車の性格上、中々難しいのかも知れませんね。
ちなみに、学生時代に僕がTOYOTAの試験でプレゼンした車は、センターメーターがドライバー側に向いているってヤツでした。
その後、そういうメーターの車がバンバン出てきた時は、パクられた?何て思ってましたよ(笑)
謎の旅人
2008/11/29 11:03
ご無沙汰で〜す。先日は紅葉の写真有難うございました。
相変わらずの試乗やってますね〜凡人さんのブログを並べると、子供の頃見たSF映画を思い出します。何か色々な物が最近また、凄く発展して来た感じがします。
僕が子供の頃は、電話(モチロン黒です。)カラーテレビ、マイカー等
色々な物がドンドンと入って来た頃です。そして今、
携帯電話、すぐにアイホーン、ハイブリッド車、パソコン、凄い勢いで、
近代化僕にはついて行けません。
こんなに近代化が進んで居るのに、今日の僕は、歯痛でブルーこんなに色々な物が出来たのに僕の歯痛は治らない

誰か助けて〜
金魚大好き
2008/11/29 14:05
謎の旅人様
プレゼンしたクルマ!さすがですね!
謎の旅人様のマネをしたメーカーに行ってパテント料もらわなくては!!
ホントちょっとしたことですが、
センターコンソールが運転席側を向いていると
事故の確率が減ると思うんです!

金魚大好き様
歯痛1日も早く治ることをお祈りいたします!
何年か前に読んだ本の中に、
お医者さんが治せる病気というのは
この世の病気の20%くらいって書いてたことを思いだします。

クルマに乗車したら、すべての病気が治るクルマっていうのが
開発されたらスゴイですね!

NEWクラウン ハイブリッドを運転していると、
金魚大好き様のおっしゃられるように
SF映画に出演している気分になれます。
僕の場合、楽しいクルマに乗ってるときは、気分上々!!です(笑)

今、i Phoneでマジックを披露して、周ってます。
何をしているかは、ここでは秘密ですが、
お会いできるまでのお・た・の・し・み・に!

総理大臣になってみたい凡人
2008/11/29 22:06
ご無沙汰しております、この車良かったですよねぇ〜、
室内があまりに音が静かで驚いたのが、今でも忘れられません。
「いつかはクラウン」もいつか買えたらいいなぁと思いつつ、
現実は、今の車のローンを早く返さないと(爆)
ふぉれすと
2008/12/04 10:34
ふぉれすと様
いつもいろいろとありがとうございます。
「NEW クラウン ハイブリッド」ホントに静かでしたね〜!
そして、車両重量が1,860sもあるのに
カタログ値の燃費が15.8km/ℓってスゴイと思います。

最近発売された話題のiQは、車両重量890s。
車両重量はクラウン・ハイブリッドの半分以下ですが、
カタログ値の燃費は、23.0km/ℓ。

あらためてECOでステータスのある日本の上級なクルマ
「NEW クラウン ハイブリッド」の技術のすごさを感じます。

「いつかはクラウン」いい響きですね〜!!
総理大臣になってみたい凡人
2008/12/04 19:33
「ドイツにはこんな車は絶対作れない」
これは聞き捨てなりませんね。

あなたはドイツ車を知っていますか?

ドイツ車は非常に安全性に重点を置き開発されています。
メーカーのその安全思想やポリシーは、日本のどのメーカーとも次元が違います。

日本車では最近になって一部の高級車に装備されるようになった物も、
ドイツ車では安全につながる装備は高い車も、安い車も分け隔てなく。
「こんな古い車でも付いてるの!?」と思うくらい昔から付いています。

そしてドライバー。開発側ではなく、一般のドイツ人ドライバーに於いても
日本人ドライバーより「安全」に対する意識が違います。

・メーター
日本車では80〜90年代に流行ったデジタル表示のメーター。
見た目がカッコイイから流行ったのかな?現在でもたまに見かけますね。
デジタルメーターでは数字部分を意識的に見て、数字を読んで初めて情報を理解できます。

一方、ドイツ車では昔よりアナログメーターを採用しています。
アナログメーターではメーター部分がドライバーの視界にさえ入っていれば
指針の向きだけで大体どのくらいスピードが出ているか、直感的に把握できます。

・ゲート式シフトレバー
直線ではなく左右にも動かしながら操作するゲート式シフトレバーは
誤操作防止に有効です。
これはドイツのあるメーカーが開発し、特許を取得していました。
その特許が切れた今、日本車でも同じようなものが模倣されていますが・・・
このクラウンもそうですね。
通りすがり その1
2015/08/03 01:40
・電球切れ警告
日本車では高級車だけですが、ドイツ車ではほぼ全ての車に
電球切れの警告ランプが装備されています。
全ての灯火に対してです。

・ブレーキパッドセンサー
ブレーキパッドに関しても、専用のセンサーが装備されており、
ブレーキパッドが磨耗するとメーターに警告ランプが点灯します。
これもほぼ全ての車に装備されています。
日本車ではあまりみかけないかな?

・ブレーキ
ブレーキ性能は日本車のそれとは比べ物になりません。

・ハンズフリー機能
日本ではナビゲーションシステムの機能の一部ですが、
ドイツ車ではナビの有無に関わらず装備されています。

・タッチパネル
日本車の殆どの純正ナビはタッチパネルで操作します。
さらに最近はエアコンなどの操作まで。
タッチパネルは運転姿勢を崩して画面まで手を伸ばし、
さらに見なければ操作できません。
そんなタッチパネルを日本人は便利だと言います。
ドイツのあるメーカーでは純正ナビに於いてタッチパネルを一度も採用しませんでした。
運転姿勢を崩さず、ナビやオーディオを操作できるシステムを採用しています。

・ABS
・ASR(TRC、TCSなど)
・ESP(VSC、VSA、VDCなど)
かなり年式の古いモデルでも一般的に装備されています。
通りすがり その2
2015/08/03 01:41
・ライト
ドイツ人は比較的早めにライトを点灯し、遅めに消灯します。
日本人はその逆です。『安全』に対する意識の違いです。

日本車のオートライトは日本人の好みに合わせて、遅め点灯早め消灯
するようになっています。
暗くならないと点灯しないくせに、点灯する必要のない高架下などで無用に点灯します。

ドイツ車はドイツ人の好みに合わせて、早め点灯遅め消灯
するようになっています。
しかし、高架下などで無用に点灯しません。

ライトの点け忘れを防ぐ目的で、
ライトスイッチからOFFの位置を廃止している車種も増えています。

日本人は暗くなるまでなるべくライトを点けたがりません。
なぜでしょうか。自分が見えていればそれでいいのです。
灯火類は被視認性のためにも暗くなり始めたら点灯するべきです。

トンネルでヘッドライトを点灯していますか?

昼間でも雨が降っていたらフォグランプを点灯していますか?
フォグランプがないならヘッドライトでも構いません。

雨が降っているのにライトを点灯しない人が多すぎます。

夜、晴れていて必要もないのにフォグランプを点灯するくせに
昼間雨が降ったら点灯しない。矛盾していると思いませんか?

ライトを点灯する目的は
晴れている夜では 前方の視界確保>他車からの被視認性
かもしれませんが
雨天時の昼間では 前方の視界確保<他車からの被視認性
になります。

夜は前が見えないので殆どの車が点灯していますが、
昼間の雨天時は殆どの車が点灯していません。
前が見えるからです。
自分が運転するのに必死になって、
周りの事を考える事ができない自己中な一部を除いた
日本人ドライバーは『被視認性』など考えていません。

いろいろと話が逸れました。
失礼いたしました。
通りすがり その3
2015/08/03 01:41
もちろんクラウンはいい車ですが、
安全性や走行性能に関してはドイツ車の方が上回っている点は多いです。

「ドイツにはこんな車は絶対作れない」

この発言、取り消していただけませんか?
通りすがり その4
2015/08/03 01:43
通りすがり様
このたびは貴重なコメントありがとうございます。

僕はドイツ車である
VWゴルフVに3年、その後VWゴルフWに14年乗っていました。

通りすがり様のおっしゃる内容はすべて正論で
安全面に関する事項など僕自身が考えるところと同じです。

また下記文面をブログ記事から消去いたしました。
おそらくアメリカ、ドイツ、イタリア、フランス、
 イギリスからはこんなクルマ絶対できないだろし
上記内容は当時
外国からはこのクラウンハイブリッドのような車は
登場しえないと感じた文面であることを
ご理解いただけましたら幸いです。

このブログ記事のトップページは下記アドレスになります。
 ↓
http://imawosetuniikiru.at.webry.info/

下記はドイツ車に試乗等した際のブログ記事等でございます。

メルセデスベンツCクラス “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”試乗記
 ↓
http://imawosetuniikiru.at.webry.info/201106/article_8.html

VW Polo (フォルクスワーゲン ポロ)試乗記
 ↓
http://imawosetuniikiru.at.webry.info/201002/article_19.html

フォルクスワーゲン ゴルフ 走行記
 ↓
http://imawosetuniikiru.at.webry.info/200802/article_22.html

ご丁寧にありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。
凡 人
2015/08/04 13:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トヨタ クラウン ハイブリッド 試乗記 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる