今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS スイフトスポーツ 試乗記

<<   作成日時 : 2008/11/08 01:06   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像


スイフトスポーツ 試乗記


小さくて、軽くて、楽しくて、カッコイイー!!5速マニュアルトランスミッションのスポーツカー!!

スイフトスポーツ


ここのところ、セミオートマチックのパドルシフトのクルマが増えてきた中、

今となっては、古典的の感がある、このシフトノブに惹かれ
画像


また、スイフトスポーツのステンレス製の3つのペダルに惹かれていくのは、僕だけではないと・・・。
画像


いつもの秘密のモータース屋さんにいくと、さりげなく置いてあるスイフトスポーツが

僕の目に入ったのは、10月30日の出来事でした。
画像


窓越しに見えるスイフトスポーツの5速マニュアルフロアシフトに、強く熱いものを感じ,

チャンピオンイエローのスイフトスポーツを眺めていた僕に

秘密のモータース屋さんの「試乗してみます?」の一言。

それから、僕の脳からドーパミンが放出されはじめたのである。


さぁーいくぞ〜!!
画像


おっと!!その前に、ライトウエイトスポーツカー スイフトスポーツをご紹介!!


  概   要

製造メーカー スズキ

発売年月  2005年9月〜(現行のスイフトは2代目になります)

ボディー 5ドア

画像


全 長  3,765mm(クラウンより1,105mm コンパクト)
全 幅  1,690mm(クラウンより105mm コンパクト)
全 高  1,510mm(この全高のおかげで広々室内・余裕のヘッドクリアランス)

画像


ホイールベース 2,390mm

最小回転半径 5.2m

画像


車両重量 1,060s(クラウンより540s軽いです。まさにライトウエイト!)
             4速オートマチック車は1,070s

エンジン 水冷直列4気筒 DOHC16バルブVVT 1,586cc
      (オールアルミ製)
最高出力 125PS/6,800rpm 最大トルク15,1s・m/4800rpm
画像


駆動方式 FF(前輪駆動)

乗車定員 5名

燃料消費率(10・15モード走行) 14.6km/ℓ   4速オートマチック車は13.6km/ℓ

使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

ブレーキ フロント ベンチレーテッドディスク 
サスペンション フロント マクファーソンストラット式コイルスプリング(モンローのショックアブソーバー)
タイヤ 195/50R16 84V
画像


ブレーキ リア ディスク 
サスペンション リア トーションビーム式コイルスプリング(モンローのショックアブソーバー)
タイヤ 195/50R16 84V
画像


メーカー希望小売価格

スイフトスポーツ 5MT車  ¥1,627,500円

スイフトスポーツ 4AT車   ¥1,680,000円

メーカーセットオプション装着車の場合  セットオプション内容
☆ディスチャージヘッドランプ(Hi/Low切替式、オートレべリング機構付)
☆レカロシート(フロント)
☆SRSカーテンエアバッグ
☆フロントシートSRSサイドエアバッグ
☆可倒式アシストグリップ(運転席)

スイフトスポーツ 5MT車  ¥1,785,000円

スイフトスポーツ 4AT車   ¥1,837,500円

画像


ボディカラーは6色用意されてるようです。パールホワイトは¥21,000円高。

僕は、試乗車のチャンピオンイエローがスポーツカーらしくって、お気に入りです!!

それでは、レッツ・ゴー!!
画像


スイフトスポーツのデュアルエキゾーストパイプから心地よいサウンドが!!
画像


スイフトスポーツのデュアルエキゾーストパイプ 右側をアップで!!
画像


1速→2速→3速→とシフトアップしてゆきます!!

クラッチペダルも軽く、思っていた以上に軽快な加速感とあわせて

操作性のよいハンドリングに、軽いタッチのシフトノブ!!

1,060sの車体に対して、125PSのパワー!!

スイフトスポーツのパワーウエイトレシオは、8.48s/PS。

試乗したワインディングロードを軽快にそして思い通りに走ってくれます!!

絶対的なパワーを誇るNISSAN GT−RやレクサスIS−Fとは違った味の楽しさ!!軽快さ!!

スイフトスポーツのシフトノブを握り運転していると

そのポテンシャルをフルに発揮しているようで、レーサーな気分になれるのです。

画像


スイフトスポーツ 220kmまで刻まれたメーターが、レーサー気分を増幅させてくれます!
画像


スイフトスポーツ LEDサイドターンランプ付 ドアミラー
画像


スイフトスポーツ 安全性を重視しているグリップ式のドアノブ
画像


助手席や後席の乗り心地、ユーティリティなどを確認するために
                         運転を秘密のモータース屋さんに代わってもらいます。

スイフトスポーツ このクラスにしてはなかなか質感のよいダッシュボード。
画像


時刻・外気温・瞬間燃費&平均燃費をリアルタイムに表示するインフォメーションディスプレイ。
画像


スイフトスポーツ 大型液晶表示で視認性のよいフルオートエアコン。操作はダイヤル式。
画像


スイフトスポーツ ラゲッジルーム。ラゲッジボードが採用され、その下がサブトランクとして活用できます。
画像


それでは、スイフトスポーツの後ろの席にっ・・・とっ! おおおおおお〜広い〜!!
全長4m未満のクルマとは思えない広さ!!十分なレッグスペースに驚く僕。
画像


秘密のモータース屋さん 運転開始!と同時にポツリと僕につぶやく・・・

「酔わないでくださいねっ!!」

 エッ・・・・????????????
画像


しっ!!しまった!!!レーサー魂を起こしてしまった〜!!が、時すでに遅し・・・。
画像

画像

画像

画像

画像

画像



このあと・・・僕が、どうなったかは、ヒ・ミ・ツです。ウっ〜!!
で、最後にがんばって撮影したスイフトスポーツ後席からの視界をパチっ!!
画像


というわけで、とても運転が楽しいライトウエイトスポーツカー!!

スイフトスポーツ!!軽快で、気分爽快で価格もお手頃で〜す!!

クルマ好きなお父さんに、お母さんも、スイフトスポーツ 5人家族で1台というのもOKですね!

画像


スイフトスポーツ ほしくなったきた方は!!最寄のスズキ販売店さんまで〜!!


今回の試乗のご協力は・・・

秘密のモータース屋さん連絡先

運輸局認証自動車整備工場
名 称  ??モータース
住 所  秘 密
T E L  秘 密
メールアドレス 秘 密


スポーティーでリアルな試乗を、ありがとうございまし〜た!!


                                                         by 凡 人

・・・ご参考・・・

スズキ ホームページ

スイフトスポーツ


最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
噂のスポーツカー・・・・・これでしたか(笑)

しかし・・・・220キロまで刻まれたメーターとは。
知りませんでしたよ

しかし・・・・この手のコンパクトカーのスポーツタイプもそうですが
スポーツタイプって大体の車種は黄色ってあるんですが見かけないんですよねー。

もっと売れてもいいと思うのは僕だけでしょうか??

謎の旅人
2008/11/08 18:05
謎の旅人様
黄色のスポーツカーってカッコイイと思います。
ホンダのS2000やビート、ポルシェのボクスターなどえtc・・・。
僕ももっと売れてもいいと思います。
日本人には、なじまない色なのですかね〜?

で、このクラスのコンパクトカーもいろんな面で
ヨーロピアンな感じになってきたなって思いました。


総理大臣になってみたい凡人
2008/11/08 18:49
そうですよね。
今は特に欧州を意識した車の作り方してると思います。

けど、欧州に張り合っても仕方ない気がする様なしないような・・・(笑)

結局、海外に振り回されるのが島国なのかなあ・・・・・。

もうちょっとわが道を行く感じが欲しいですね。
例えば、ヒルクライム・ダウンヒルのスペシャリストカーみたいな
土地も狭いし、アップダウンの多い日本ならでは感がありそうですが。

ま、無理でしょうね・・・・・。
謎の旅人
2008/11/09 18:21
謎の旅人様
スイフトスポーツと比べる国内クルマとしては、
フィットのRS、ヴィッツのRS、デミオのスポルト
あたりでしょうか・・・。

若い頃?ホンダ初期型のシティターボに乗っていたのですが
当時にしては、パンチの効いた走りで、
山道、峠道を楽しくドライビングしてたのを思い出します。

ただ、現在は若い人のクルマ離れ減少が顕著で
そういうクルマを作っても
なかなか昔のように売れないのかもしれないですね。

そんな中、今回試乗したスイフトスポーツは
現在生産されてるクルマの中で、
そのポテンシャルをフルに発揮しながら
フロア5速ミッションのシフトノブにて
山道、峠道を楽しめるクルマだと思います。

総理大臣になってみたい凡人
2008/11/09 19:39
ハノイというのは今ハノイにいるから付けた名前です。
私は日本でスイスポを購入して間もなく1年になります。すでに2万キロ以上走りました。(もちろん日本国内で、です。)通勤は中堅都市中心部を通り抜けるルートですが、燃費も12〜13kmと10・15モード燃費に近い数字で満足しています。ちょっと遠乗りすれば15km以上すぐいっちゃいます。最高は18.5km(燃費計でなく満タン法)、私も数々の車(大したことない車ばっかですが…)の中ではべストではないかと(家族の非難−−−ワゴン車からの乗り換えのため、こんな小さい車じゃ自転車も乗せられないじゃないか、という声)と思います。
何がベストか、走る、曲がる、止まるが気持と一致するということでしょうか。それと、これの実現に犠牲にしていることがない(ほめすぎカモ)ということです。(なのでオートマは好きになれません)
峠もよく行きますし、高速も走ります。どっちを走っても安定してます。
事情が許せば高速はMAXでも走りますが、ふらつくことはないですね。ただしホイルベースが短いので、怖さはありますが…
ハノイ
2008/11/22 12:54
ハノイ様
はじめまして、このたびはコメントありがとうございます。
僕が思っているのは、一度きりの人生、何事も楽しいのが一番!!
で、カーライフも楽しいのが一番!!
1年で2万キロ以上乗られてるということは
とても充実した時間を、
スイフトスポーツで送られてて楽しそうですね!
ここのところ、かつてコンパクトだったクルマが
全長、全幅ともに大きくなってきましたが、
スイフトスポーツって日本の道路事情に
とてもマッチしているサイズだと感じました。
そして運転してて楽しいし、スペースユーティティも高いし!
サスペンションの感じもよかったですね!

僕も同じくオートマはあまりなじめないです。
それと、2ペダル セミオートマのパドルシフトも・・・。
フロア マニュアルミッションシフトノブがとても楽しくて
クラッチ踏んで思い通りに、運転してるっ!!
って実感がありますねっ!それがホント楽しいです!

それでは、ハノイ様がこれからも
楽しいスイフトスポーツライフを堪能されますことと、
ご健康とご多幸を心からお祈りいたします。

総理大臣になってみたい凡人
2008/11/22 14:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スイフトスポーツ 試乗記 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる