今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS マツダ コスモスポーツ

<<   作成日時 : 2009/11/18 00:13   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像


マツダ コスモスポーツ。


懐かしくて、かっこいいクルマ!

マツダ コスモスポーツ

誕生年が 僕と同じ1967年。

ただただ、懐かしく僕が3歳の頃から放映されていた

帰ってきたウルトラマン」 MAT隊員の郷秀樹(ウルトラマン)が、

ものすごくかっこよくて、僕もマットビハイクル(マツダ コスモスポーツがベース)にも乗れて

ウルトラマンになれるだろうか?なんて本気で思えてた年頃でした。

You Tube にあった懐かしい映像です。「帰ってきたウルトラマン」



2009年11月14日・15日に開催されてた 「じばさんフェア 2009

ビッグ・ローズ(広島県立ふくやま産業交流館)にて

マツダ 流」とともに展示されてた、マツダ コスモスポーツ


マツダ コスモスポーツ 驚くほど、きれいな状態です。
画像



マツダ コスモスポーツ 
画像



マツダ コスモスポーツ説明プレート
画像



展示されてたのは後期型で、1970年製(昭和45年)。

エンジンは世界初の2ローター・ロータリーエンジンを搭載。

491cc×2ローター。エンジン型式 10A。

登場当初は、110PSの出力にて、最高速度185km。

後期型になると128PSの出力にて、最高速度200km。


ロータリーエンジン ← フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

マツダ コスモスポーツ 
画像



後期型(L10B)

全 長 4,130mm

全 幅 1,595mm

全 高 1,165mm(僕の乗っている初代ユーノスロードスターより70mmも低いのです。)

ホイールベース 2,350mm

車両重量 960kg(僕の乗っている初代ユーノスロードスターと10sしか違いません)。

乗車定員 2名

ブレーキ  フロント ディスク  リア ドラム

サスペンション フロント ダブルウィシュボーン/コイル独立

          リア ドディオン・アスクル・リジッド・リーフ

タイヤサイズ 155HR15 ホイール4.5J×15
画像



当時の価格 昭和42年5月〜 前期型 ¥1,480,000円。 

        昭和43年7月〜 後期型 ¥1,580,000円。


当時のマツダ コスモスポーツのCM。  by You Tube 



当時の大学生の初任給 およそ2万数千円くらい・・・。

だったそうですのでマツダ コスモスポーツがいかに高価なクルマであったかが伺えます。


マツダ コスモスポーツ 
画像



実は、僕が初めて買ってもらったミニカーが、このマツダ コスモスポーツだったんです。

あれから、もうんんん・・・十年・・・。ただただ懐かしいです。

そのマツダコスモスポーツの実車が、

驚くほどきれいな状態で展示されてることに、心から感謝いたします。

マツダ コスモスポーツ グリップ式のドアノブ
画像


マツダ コスモスポーツ 輝かしいエンブレム
画像



マツダ コスモスポーツ 
画像



マツダ コスモスポーツ かっこいいフェンダーミラー
画像



マツダ コスモスポーツ ガラス越しに見えるコクピット。
画像



マツダ コスモスポーツ 
画像





昭和42年(1967年)から昭和47年(1972年)までに累計で1,176台が販売されたそうです。

さすが、中古車市場では当時の新車価格を上回るマツダ コスモスポーツをみかけます。


いやあ〜マツダさんが作るスポーツカーって、やっぱりカッコイイーなあ〜!


それから、懐かしいって思うこと、感じることっていうのは、

実は、体にとてもいい効果があるような気がしている今日この頃です。

                                                      by 凡 人


多くの人を魅了した美しくカッコイイー! マツダ コスモスポーツ。 
画像




・・・ご参考・・・

マツダの名車たち マツダ コスモスポーツ

マツダミュージアム  ← 一度いってみたいです!

マツダミュージアム 館内案内

マツダ株式会社

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より マツダ コスモ

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より 帰ってきたウルトラマン










マツダ―技術への「飽くなき挑戦」の記録
三樹書房
小堀 和則


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
高校生の頃工場見学で当時の東洋工業に行った時出会った思い出があります。
ロータリーエンジンの模型を見たりしていますが、凡人さんは愛車もそうでしょうが、マツダが本当に好きなんですね。息子も大阪でプレマシーを乗っていました。マツダ車は買い替えの時下取り価格が安いのでトヨタ車を選ぶほうが無難と聞いたことがありますが、これは俗説でしょうね。凡人さんの紹介記事見ると本当にカッコよいのですが。私の気になる車はデミオです。スーパーカーもよいでしょうが、手頃価格で見かけると欲しいと思います。
まんちゃん
2009/11/18 18:34
まんちゃん様
おはようございます。
下取り価格については、車種にもよりますが
マツダは、時にかっこいいクルマを登場させて
かつ歴史に残る名車というのが存在するメーカーになってますね。

僕の弟が先般購入したAZ−1も、当時の新車価格より高価でした。
しかも僕のロードスターと同じ18年前のクルマです。

今のデミオはいいですね。
デザインもよく実用性もバッチリ価格も経済的!
先日、友人が購入しましたが、なかなかの評価です。

凡 人
2009/11/19 09:58
昔の車って、何とも言えない造形美ですよねぇ。

今日からブログを設定してみたんですけど、リンクってよく分かりません・・・。

http://nantonaku-seibisi.at.webry.info/
修理屋
2009/11/19 13:14
 ウォー懐かしいですね〜車もそうだけど、『帰ってきたウルトラマン』よく見てたな〜
 男の子は『ヒーロー、スパーカー』には目が無いですよね〜
今見ると、こんなに小さいだったかな〜って思います。
 子供の頃に憧れたり、見たり、食べたりした物は、凄くカッコイイとか、美味しいかった思い出が有るけど、食べる物は、今食べてもそんなに美味しくないけど、車の憧れだけは消えないのが不思議ですよね
金魚大好き
2009/11/19 17:22
コスモスポーツ。

かっこいいですよね。

昔の車は余計なことをせずに車を作っていますよね

今の時代は線も面もねじってなんぼの世界だし
タブーとされていた事が主流のデザインで
何が何だか良く分からんってのも多いので
こういう、デザインのメッセージ性が明確な車を見ると
なんだか安心してしまします(笑)
謎の旅人
2009/11/19 18:19
修理屋様
こんばんわ!
Myユーノスロードスターの整備を
これからもよろしくお願いいたします!

アットホームでいいブログができましたね!

今度オイル交換に行ったときに、
リンク他、ウェブリブログのいろいろやってみましょう!
凡 人
2009/11/19 22:09
金魚大好き様
こんばんわ!

当時のクルマって小さかったですね!
現在は衝突安全基準をクリアするために仕方がないと思いますが
多くのクルマの全幅が大きくなって、
日本の道路事情(駐車場等)には、少々使い勝手が・・・
というより、我が家のかみさんの運転状況?には
ドキッ!デス・・・(笑)。

「憧れ」って言葉がいいですね!
いつの年になっても夢や憧れを持っていたいです。
凡 人
2009/11/19 22:16
謎の旅人様
こんばんわ!

プロの視点からの貴重なコメントに
いつも感謝いたしております。

純粋にかっこいい言えるクルマに夢を持ち続けていたいです。
また当時は、みんなが様々な夢と希望を
持つことができた時代でもあったんだと!
凡 人
2009/11/19 22:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マツダ コスモスポーツ 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる