今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS メルセデスベンツCクラス “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”試乗記

<<   作成日時 : 2011/06/13 17:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


メルセデスベンツ Cクラス “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”試乗記


2011年 6月10日に4年ぶりにマイナーチェンジされた

メルセデスベンツCクラスに試乗することができました。

4年でフルモデルチェンジではなく、マイナーチェンジというところに好感を持ちます。

モデルチェンジイヤーが長くして外観を大きく変えることなく、

クルマの中身を充実させることができるメーカーはすごいな!と思うと同時に

ユーザーが長い間そのクルマに乗っていても古さを感じさせない!

という粋な計らいとも感じることができます。

画像


さて、このたび試乗したグレードは

メルセデスベンツ Cクラスの “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”です。

・・・試乗車の概 要・・・   メルセデスベンツCクラス → 諸元表


エンジン 1,795cc DOHC直列4気筒ターボチャージャー付 
             
             燃料供給方式 電子制御式(直噴)
             
             最高出力 184PS/5,250rpm
             
最大トルク 27.5s/1,800〜4,600rpm(低回転域から安定した太いトルクですね)

ステアリング : 右 (日本で乗るには、右ハンドルが右折時や、駐車場でも便利。)

トランスミッション 電子制御 7速AT (マイナーチェンジ前は電子制御 5速ATでしたね!)

駆動方式 FR (後輪駆動)

全 長 4,595mm (トヨタ プリウスSより 135mm長いです。)

全 幅 1,770mm (トヨタ プリウスSより 25mm幅広です。)

全 高 1,445mm (トヨタ プリウスS が 45mm高いです。)

ホイールベース 2,760mm ( トヨタ プリウスSより 60mm長いです。) 

画像


最小回転半径 5.1m( トヨタ プリウスSは5.2m) 

車両重量 1,520kg (トヨタプリウスより 170s重いです。)

乗車定員 5名

トランクスペース(VDA方式) 440ℓ

燃料消費率10:15モード(国土交通省審査値) 12.8km/ℓ  無鉛プレミアムガソリン使用

フロントタイヤ 225/45R17  ブレーキ フロント:ベンチレーテッドディスク

リアタイヤ 225/45R17  ブレーキ リア:ディスク

画像


メルセデスベンツ “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙” 車両本体価格  ¥4,920,000円。

メルセデスベンツCクラス プライス表

画像


メルセデスに試乗していつも感じることは、クルマの基本の“き”が、どの部分もしっかりしていて

ドア開けるドアノブに始まり、疲れない体にやさしいシート、自然と手が届く位置にある操作スイッチ類や

ドライバーの気になる情報表示装置が視線移動の少ない位置にある。そして乗り心地もすばらしい。

画像


走る、曲がる、止まるについては、僕が語るまでもなく多くの人が知りえていることでもあり

また僕が、メルセデスベンツに尊敬の念を抱くところは、

毎回書いていることでもありますが、メルセデスベンツの安全に対する思想です。

今では当たり前のように

多くのクルマに装備されているエアバッグやABSを最初に採用したのもメルセデスベンツ。

運転席エアバッグの装着は今から30年前の1981年から!

ABS(アンチロックブレーキシステム)の搭載は今から33年前の1978年から!

目に見えない尊いもの、目に見えない高級なものを備えているのがメルセデスベンツだと感じております。

画像


人間だって、見た目に高級なものを身につけていても、

その人の考え方や生き方に芯がなく浅はかであったりすると高級に見えない。

年齢を重ねるごとにしっかりした考え方や尊い生き方を実践していかなければ高級ではない。

と、僕は思う。

メルセデスベンツ “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙” ドアのヒンジ。
画像


ということで、

メルセデスベンツのオーナーになってその高級なものをすでに堪能している人もいれば、

その高級なものを知り得て、いつかはメルセデスベンツを購入しようと思っている人も多いはず。

そして一度メルセデスベンツを手にしたら、なかなか手放せないクルマとなり

長く長く乗り続けよう!そして乗り代える時期がきたら

次もメルセデスベンツにしようと思う人が多いのだろうな!と感じているこの頃です。


                                                 by 凡 人




Cクラスは、マイナーチェンジで2,000以上のコンポーネンツの刷新を受けているそうです。


注意力低下を教えてくれるアテンションアシストもこのたび標準装備となっています。

画像


メルセデスベンツ “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”のメーター。
画像

メーター内のマルチファンクションディスプレイはTFTフルカラー液晶に。
画像

メルセデスベンツ Cクラス “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”  

7Gートロニックを搭載。マイナーチェンジで5速ATから7速ATに。
画像


メルセデスベンツ Cクラス “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”  

ディスプレイはポップアップ式からダッシュボード一体型に。大きさは7インチ。見やすい!
画像


メルセデスベンツ Cクラス “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”  

各部に輝度が抑えられているシャドウシルバーメッキ。質感が高く目にチカチカしなくてGood!

画像


メルセデスベンツ Cクラス “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”  

オーディオパネルのスイッチ形状が丸型から角型に。現行Eクラスのようで高級感UP!
画像


メルセデスベンツ “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”ボンネットはアルミニウムに!

マイナーチェンジでCd値が0.27から0.26に。こういうところに感動します。
画像


メルセデスベンツ Cクラス “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”  

ヘッドライトの形状が変わりましたね。ウインカーはLED。
画像

メルセデスベンツ “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙” 粋な刻印。

画像

画像

メルセデスベンツ “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙” テールライト。 
画像


画像



マイナーチェンジを受けたメルセデスベンツCクラス。

メルセデスベンツ C200 Blue EFFICIENCY LITEだと、車両本体価格が¥3,990,000円。

メルセデスベンツ C350 BlueEFFICIENCY AVANTGARDE だと、車両本体価格が¥6,800,000円。

オプション装備もいろいろあって、見ているだけでも幅広い選択肢に楽しくなります。

画像





今、メルセデス ベンツには、

Aクラスから始まり、Sクラス、GLKクラス等、オールラインナップですばらしいクルマが勢ぞろいしています。

それから認定中古車もありますので、皆さんのほしいメルセデスが見つかるかもしれませんね!


株式会社ヤナセ 福山支店さん
連絡先
ショウルーム >> TEL 084−952ー1111


場 所・・・JR福山駅から西へ約2km 国道2号下り線左側、車で10分

大きな地図で見る



・・・いろいろ・・・

メルセデスベンツ Cクラス ← メルセデスベンツ公式ホームページ

メルセデスベンツ公式ホームページ

Blue EFFICIENCY Special Site ← メルセデスベンツ公式ホームページ


メルセデス・ベンツ Cクラス ← フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

メルセデス・ベンツ W204 ← フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

メルセデスベンツ ← フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



僕の過去の試乗記など。

メルセデスベンツ C200 コンプレッサー アバンギャルド 試乗記(マイナーチェンジ前)

メルセデスベンツ SLK200 コンプレッサー 試乗記

メルセデス ベンツ E250 CGI ブルーエフィシェンシー 試乗記

メルセデスベンツ E350 Blue TEC(ブルーテック)試乗記
              
メルセデス・ベンツのi Phoneアプリを教えていただきました!

メルセデスベンツ CLS 350 Blue EFFICIENCY

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「メルセデス・ベンツ」オーナーへの道
グランプリ出版
松下 宏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「メルセデス・ベンツ」オーナーへの道 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。


ブログタイトル「今を楽に生きる
   


Copyright (C)2007-2057「今を楽に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
CLK(2005)からCセダンのC200AMGスポーツPにすることにしました。
クーペの流麗なデザインに未練があって後ろ髪を引かれる部分もありましたが、細かく紹介されている記事を読ませていただいて、C200に決めてよかったと思えてきました。
レクサスISやBMW3シリーズも考えましたが、やっぱりメルセデスの乗り味から離れることができないですよ。
また、時々読ませていただきます。
よろしくお願いします。
hiro2088
URL
2012/06/20 23:34
hiro2088様
はじめまして!こんにちは。
このたびはコメントありがとうございます。

HPを拝見させていだきました。
これまでのCLKへの熱く優しい思い入れ、
hiro2088様が
クルマ&バイク生活を楽しまれている様子が
とても素敵だなあ!と感じた次第でございます。

〜やっぱりメルセデスの乗り味から離れることができないですよ。〜
hiro2088様と同じように思われているメルセデスオーナーさんが
世界中に多くいるのだろうな〜!と推察いたしております。

C200AMGスポーツPの納車、
これからのカーライフが楽しみですね。

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
凡 人
2012/06/21 16:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
メルセデスベンツCクラス “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”試乗記 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる