今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜

アクセスカウンタ

zoom RSS NEW メルセデスベンツ SLK200 Blue EFFICIENCY Sports 試乗記

<<   作成日時 : 2011/08/27 22:39   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像


画像


NEW メルセデスベンツ SLK200 Blue EFFICIENCY Sports 試乗記


2011年 8月26日に7年ぶりにフルモデルチェンジされ3代目となった

メルセデスベンツ SLKクラスに試乗することができました。

メルセデスベンツ SLK200 Blue EFFICIENCY Sports  ロードスタースタイル。

画像


試乗から帰って我が家の女子たちに、上の写真を見せると異口同音にして

 カッコイイー!! 


そもそもオープンカーというのは、カッコイイーか、お洒落であるか、

もしくは両方兼ね備えているクルマではないだろうか?と、僕は思っている。

そしてメタルトップを持つオープンカーは、

オープンにしたときのロードスタースタイルと屋根を閉じたクローズのクーペスタイルと

1台で2つのボディスタイルを自在にこなすことにより、人を楽しませることができるすばらしいクルマ。


メルセデスベンツ SLK200 Blue EFFICIENCY Sports クーペスタイル。

画像


バリオルーフという優れた機能を備えたメルセデスベンツ SLKは,

まさしく全天候型のオープンカーと言えるであろう。

このたび、オプション装備として新しく開発されたマジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ。

ルーフトップのガラスの濃淡を切り替えることができ、下記の映像の3分15秒〜を見ていると感動します。

The new SLK WEB 発表会 Movie



さて、このたび試乗したグレードは

メルセデスベンツ SLKクラスの “SLK200 Blue EFFICIENCY Sports”です。


画像


・・・試乗車の概 要・・・   メルセデスベンツ SLKクラス → 諸元表

エンジン 1,795cc DOHC直列4気筒ターボチャージャー付 
             
             燃料供給方式 電子制御式(直噴)
             
             最高出力 184PS/5,250rpm
             
最大トルク 27.5s/1,800〜4,600rpm(低回転域から安定した太いトルクですね)

ステアリング : 右 (日本で乗るには、右ハンドルが右折時や、駐車場でも便利。)

トランスミッション 電子制御 7速AT (モデルチェンジ前は電子制御 5速ATでしたね!)

駆動方式 FR (後輪駆動)

乗車定員 2名

画像


全 長 4,145mm (トヨタ プリウスSより 315mm短いです。)

全 幅 1,845mm (トヨタ プリウスSより 100mm幅広です。)

全 高 1,305mm (トヨタ プリウスS より 185mm低いです。)

ホイールベース 2,430mm ( トヨタ プリウスSより 270mm短いです。) 

画像


最小回転半径 4.8m (前モデルのSLKは、4.9mでしたのでより小回りが効くようになりましたね。
              
              ちなみにトヨタ プリウスSは5.2m) 

車両重量 1,440kg (トヨタ プリウスSより90s重いです。)

トランクスペース(VDA方式) バリオルーフオープン時 225ℓ (前SLKは、185ℓ)

                  バリオルーフクローズ時 335ℓ (前SLKは、227ℓ)

と、いうことで、前モデルのSLKより トランクスペースが広くなっています。

画像


燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値) 11.4km/ℓ  無鉛プレミアムガソリン使用

フロントタイヤ 225/45R17  ブレーキ フロント:ベンチレーテッドディスク

リアタイヤ 245/40R17  ブレーキ リア:ソリッドディスク

タイヤは、GOOD YEAR のランフラットタイヤを履いています。
画像


メルセデスベンツ “SLK200 Blue EFFICIENCY Sports゙” 車両本体価格  ¥5,250,000円。

メルセデスベンツ SLKクラス プライス表


さぁ〜!メルセデスベンツ SLK200 Blue EFFICIENCY Sports で 試乗にGo! 
画像


メルセデスベンツ SLK200 Blue EFFICIENCY Sports のメーター周り。
画像


芦田川沿いをオープン走行で楽しみます。(運転席&助手席を体感いたしました。)

この日表示されていた外気温35℃でしたが、エアコンをONにしているととても涼しい。

また冬でも、エアスカーフが首周りを暖めてくれるおかげでオープン走行時も体が温かく感じます。

ドアミラーがドアパネルに装着されていることにより、視界も良好です。
そしてドアミラーにチラッ!と見えるNEW SLKのショルダーラインがカッコイイー! 
画像


メルセデスベンツ SLK200 Blue EFFICIENCY Sports のエアガイド。風の巻き込み防止に貢献。 
画像


福山市の水呑大橋付近です。7速ATはスムーズでメルセデスの持つ安心感もグレードUP!

画像


メルセデスに試乗していつも感じることは、クルマの基本の“き”が、どの部分もしっかりしていて

ドア開けるドアノブに始まり、疲れない体にやさしいシート、自然と手が届く位置にある操作スイッチ類や

ドライバーの気になる情報表示装置が視線移動の少ない位置にある。そして乗り心地もすばらしい。

走る、曲がる、止まるについては、僕が語るまでもなく多くの人が知りえていることでもあり

また僕が、メルセデスベンツに尊敬の念を抱くところは、

毎回書いていることでもありますが、メルセデスベンツの安全に対する思想です。

1939年に本格的な安全技術開発がスタート、1959年に始まった本格的な衝突安全実験、

1969年から現在に至るまでの3,000件以上に及ぶ事故調査活動。

安全性の高さを物語るメルセデスベンツ SLK のドアのヒンジ。
画像


今では当たり前のように

多くのクルマに装備されているエアバッグやABSを最初に採用したのもメルセデスベンツ。

運転席エアバッグの装着は今から30年前の1981年から!

ABS(アンチロックブレーキシステム)の搭載は今から33年前の1978年から!

目に見えない尊いもの、目に見えない高級なものを備えているのがメルセデスベンツだと感じております。


画像



メルセデスベンツ SLK200 Blue EFFICIENCY Sports の試乗から

楽しくワクワクしながら、ヤナセ福山支店さんに戻りました。

画像


やはりオープンカーは、本当に楽しい乗り物です。

壮大な爽快感が味わえて、心がワクワクしているのがよくわかります。

どうでしょう!毎日この爽快感とワクワク感が続くとしたら・・・なんと楽しい人生ではないでしょうか?

オープンカーの中で、一人でストイックな世界になるもよし、彼女や彼氏を横に乗せるとする。

2人乗りオープンカーの場合、もちろんそこは2人だけの空間になりえるのだ。

そこには奥さん、もしくは愛する子供でもいいだろう。

普段は語れない夢の話を大空の元で、爽快感を味わいながら、ワクワクしながら会話をかわす。

全天候型オープンカーの

メルセデスベンツ SLKで、人生で最も大切人と、最も大切な時間を過ごす。

こんな幸せなことないだろうと、僕の頭の中をよぎった試乗でございました。

                                             by 凡 人

画像


NEW メルセデスベンツ SLKは、SLS AMGまた昔の300SLを思わせるようなデザインが
見受けられとても優雅でカッコイイースタイル。
画像
↑フロントフェンダーにベンチレーショングリル。



こちらは、バリオルーフの開閉スイッチです。
画像



下記は、SLKの開発秘話がYou TubeにUPされていたものです。とにかく感動します。


メルセデスベンツ SLK開発秘話 Chapter1 「SLKのデザイン」 



メルセデスベンツ SLK開発秘話 Chapter2 「SLKの組み立て作業」



メルセデスベンツ SLK開発秘話 Chapter3 「スウェーデンでの極寒地テスト」



メルセデスベンツ SLK開発秘話 Chapter4 「ドイツでの室内シミュレーション」



メルセデスベンツ SLK開発秘話 Chapter5 「ドバイでの耐久テスト」



メルセデスベンツ SLK開発秘話 Chapter6 「ジンデルフィンゲンでの原野耐久走行テスト」



メルセデスベンツ SLK開発秘話 Chapter7 「バーチャルリアリティ実験室」



メルセデスベンツ SLK開発秘話 Chapter8 「サーキットテストとクラッシュテスト」



メルセデスベンツ SLK開発秘話 Chapter9 「テキサス州ラレードでのラフロードテスト」




コチラもワクワク!楽しかったです! → The new SLK- CLASS SPEED DATE



今、メルセデス ベンツには、

Aクラスから始まり、Sクラス、GLKクラス等、オールラインナップですばらしいクルマが勢ぞろいしています。

それから認定中古車もありますので、皆さんのほしいメルセデスが見つかるかもしれませんね!


株式会社ヤナセ 福山支店さん
連絡先
ショウルーム >> TEL 084−952ー1111


場 所・・・JR福山駅から西へ約2km 国道2号下り線左側、車で10分

大きな地図で見る

・・・いろいろ・・・

メルセデスベンツ SLK クラス ← メルセデスベンツ公式ホームページ

メルセデスベンツ公式ホームページ

Blue EFFICIENCY Special Site ← メルセデスベンツ公式ホームページ

メルセデス・ベンツ SLKクラス ← フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

メルセデスベンツ ← フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



僕の過去の試乗記など。

メルセデスベンツ SLK200 コンプレッサー 試乗記 (2代目)

メルセデスベンツ Cクラス “C200 Blue EFFICIENCY AVAVTGARDE゙”試乗記

メルセデス ベンツ E250 CGI ブルーエフィシェンシー 試乗記

メルセデスベンツ E350 Blue TEC(ブルーテック)試乗記
              
メルセデス・ベンツのi Phoneアプリを教えていただきました!

メルセデスベンツ CLS 350 Blue EFFICIENCY

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「メルセデス・ベンツ」オーナーへの道
グランプリ出版
松下 宏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「メルセデス・ベンツ」オーナーへの道 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。


ブログタイトル「今を楽に生きる
   


Copyright (C)2007-2057「今を楽に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん・・・・デザイナーに戻りたくなります(笑)
このモデル、レトロなデザインで少し好きになれないんですが

最近のトレンドらしくグリルを強調し、キツい目つき。
もっとカッコ良くなりそうなのに・・・と思ってしまうんですよね。

しかしデザイン開発の動画は見入ってしまいました(笑)
やっぱり好きな世界ですからね(*^^)v

もう少し安かったらなー・・・・と思ってしまう輸入車がどれだけあるか(^_^;)

国産車は何をしているんだーーー
謎の旅人
2011/08/28 00:02
謎の旅人様
フロントグリルはSLSを彷彿とさせ迫力がありますね。

メルセデスベンツはアイデンティティがしっかりしていて
いつの時代も多くの人が見て、メルセデスベンツだ!
って、すぐにわかるところが、すばらしいと思っています。

そして今回僕が一番気に入っているのが
ドアノブあたりからクォーターパネルへ続くショルダーライン。
ここのラインが本当にカッコイイー!
ドアミラーから見えるこのラインに惚れ惚れです。

過去のSLKもカッコよかったですが、
今回のSLKが僕は一番カッコイイーと思ってます。

WEBの「The new SLK- CLASS SPEED DATE」を
見ていると、登場するシーンのカッコイイこと!
このシーンで女性の運転している姿がなんともいえません。

NEW SLK!
久しぶりにワクワクする魅力的なクルマの試乗でした。
凡 人
2011/08/28 22:25
SLKに乗ってしまいましたか〜・・ドツボにハマりましたね〜
オイラもハマった一人です!!
SLK・・楽しいですよ〜・・同時に安心感もあり傑作でしょうね〜
体の小さい日本人も十分使いこなせるスポーツカーです!
今度は、AMGに乗ってみてください!モンスターですよ!!
AMGファン
2015/03/27 12:56
AMGファン様
このたびはコメントありがとうございます。
SLKとの生活はとても楽しそうですね!

機会あればAMG乗ってみたいです。
凡 人
2015/03/27 15:02
SLKは、どうやら・・R172で終了・・R173からは、SLCと名を変えるようですね〜・・AMGも現在の5500CC NAエンジンから4000CCのダウンサイジングエンジンにターボでパワーアップというはやりのエンジンに変わるかも・・
アクセルに応じて滑らかに加速し続けるNAエンジン・・やめないでほしいな〜・・と切に願うばかりですよ!
F1だってNAエンジンなのに・・やはり!省エネなんですね〜
AMGファン
2015/05/20 11:17
AMGファン様
こんにちは。
SLCに名前が変わるのですね。
エンジンの
滑らかさという言葉の響きに心和みます。
凡 人
2015/05/25 13:23
ついに・・SLK55AMG(R172)の新規注文受付が終了しました〜・・
これで、5500CC大パワーNAエンジンは、メルセデスAMGから姿を消します。おそらく・・R172の後継車R173(SLC)は、NEWC63と同じ4リッターのツインターボとなるんでしょうね〜・・
最後のNAエンジン・・エンジンのダウンサイジング 過給機を使用してのパワーUPブーム、止まりません!
ターボ・・加速がアクセルの踏みしろと比例しないんだよな〜・・
AMGファン
2015/06/14 14:07
AMGファン様
NAエンジンへの熱い思いが伝わってきます。
時代の変遷、クルマの変遷を感じるこの頃です。
凡 人
2015/06/15 20:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NEW メルセデスベンツ SLK200 Blue EFFICIENCY Sports 試乗記 今を楽に生きる〜瀬戸内海の海辺から〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる