知ってたら・・・? 知識編2

画像


知ってたら・・・? 知識編2

このシリーズではできるだけシンプルに、わかりやすく、中立的に

お話をできればと思っております。

それから実際の事故などでは、それぞれのケースにより裁判所や保険会社の

判断が異なる場合などもございますのでご了承ください。


今回は前回の逆で・・・

☆自分が火元になって隣の家を燃やしてしまったら・・・?

昨日の話を逆にすれば簡単。

失火の原因が重過失とみなされなければ、隣家に対して賠償義務は発生しません。

でも、昔から付き合いのある隣の人・・・。なんとかしてあげたいと思うのも人情。

というよりも、自分の火が原因でとなると、そこに住みずらい・・・と思います。

で、最近では、失火の原因が軽過失の場合でも隣の家を燃やしてしまった場合に

対象となるような保険が発売されていますので、

個々の保険会社や代理店に確認してみるのもいいでしょう。

それから、火元の人が、個人賠償責任保険という保険に加入していれば、

失火の原因が、故意の場合は支払われませんが、

重過失と認定されればこの保険で、隣家の損害が支払われます。

また、この個人賠償責任保険は、スーパーマンのような存在で

(下記の例は個人での活動中のお話です。
               事業としての活動は別途手当てが必要です)

・買い物してて、そこのお店の商品を、誤って壊してしまった・・・

・飼い犬が、人を噛んでケガをさせてしまった・・・

・子供が自転車で人をはね、ケガをさせてしまった・・・

・自宅に知人がきて、食事を提供したけど、その食事が原因で知人が食中毒になった・・・

・子供が外で、缶けりをしてて、けった缶が他人の自動車にあたってへこんでしまった・・・

・アパートの2階に住んでて、洗濯の水を出しっぱなしで、床を水がジャージャー
 階下の人の家財をダメにしてしまった・・・

・自宅2階に置いていた植木鉢が、落ちて通行人にあたってケガをさせてしまった・・・

・自宅の門が突然倒れ、通行人にケガをさせてしまった・・・

・ゴルフをしている時に、打ったボールが前のグループの人の頭に
 当たってケガをさせてしまった・・・

・スキーをしてて人をケガさせてしまった・・・

など、個人の日常生活が原因での賠償事故に対して

保険金の範囲内で自分の過失分が相手側に支払われます。

この個人賠償責任保険の保険料は大変安く、保険金額1億円で、

年間¥2,000円程度です。また、火災保険や自動車保険、傷害保険とセットに

するともっと安くなっていると思います。

最近はこの手の事故も示談交渉を保険会社がしてくれるケースがあるので安心です。

有名人も芸能人も宇宙人?も加入しておくとストレスが解消されること間違いなし。


尚、この知識編、役に立った時は、僕のおかげ・・・
役に立たなかったら、だれのせい・・・?

とういうことで今回はおしまいでーす。

                                  by  リスクコンサルタントの凡人

ハッピー!君が他人を引っかいてケガをさせてしまったら、個人賠償責任保険の出番だ!
画像



このブログのトップページはこちらです。→ http://imawosetuniikiru.at.webry.info/
初めておいでになられました方、よければ寄ってみてください。
タイトル「今を切に生きる






この記事へのコメント