2代目 プリウス 試乗記

画像


2代目 プリウス 試乗記。

今日は2代目となる新しいプリウスに試乗してきました。

今回、ご協力いただきましたのは広島トヨペット福山西町店の横山さんです。

2代目プリウス

登場年 2003年9月~
ボディタイプ  5ドアハッチバックセダン
ハイブリッドシステム THS II
エンジン 1NZ-FXE型  直4DOHC  1496cc  76PS
モーター 3CM型     68PS
トランスミッション     エレクトロシフトマチック (自動無段変速)
駆動方式 FF

全長 4,445mm
全幅 1,725mm
全高 1,490mm
車両重量 1,260kg
乗車定員 5人

燃 費 カタログ値 10・15モード走行35.5㌔/ℓ

試乗車のカラーはホワイトパールクリスタルシャイン。他7色用意されています。

画像


僕は初代のスタイルよりもこの2代目のスタイルが好きです。

このルーフのラインとサイドガラスの形がとてもいいです。
画像


2代目 プリウス フロント (フロントは少ーし、同じトヨタのウィッシュに似てるかなー)
最近のクルマは歩行者にも配慮されてるものがでてきていますが
2代目プリウスもその中の1台で、歩行者傷害軽減に配慮したボディ構造で
フード、フェンダー、フロントバンパー、カウル等に衝撃吸収構造を採用。
歩行者の頭部、脚部などに加わる衝撃を緩和する構造にしました。とのことです。
画像
 

2代目 プリウス リア
画像


初代のプリウスは4ドアセダンでしたが、2代目は5ドアハッチバックとなっています。
大きさも全長で135mm、全幅で30mmと少し大きくなっています。
全幅が5ナンバー枠の1700mmを超えていますので、このプリウスは3ナンバーです。
このあたりは、衝突安全性や走行安定性考慮してのことだと思います。
デュアルステージSRSエアバッグ(運転席・助手席)、
SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ。
プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトなどなど。
安全装備も充実してきています。

運転席のドア。思っていたより重厚感を感じます。そして質感のある室内。
画像


最初にこのプリウスを見たとき、このダッシュボードに感動しました。
カッコイイーのです。それから初代プリウスに比べて大変質感がUPしてて驚きました。
ステアリングにはエアコン、オーディオのスイッチなどがついています。
画像


2代目プリウス スマートキー
画像


さぁー試乗にGo!!
スマートキーをカチっ、サイドブレーキ解除、ブレーキを踏んで、スタートボタンを押す。
画像


それでは、行ってきまーす!!
画像


日本初、エレクトロシフトマチック。これがすごい。
コンソールについている従来のシフトは、ガチっ、ガチっってPからD(ドライブ)まで
シフトしていましたが、これは本当に軽いタッチでBからこの小さなシフトを右に持って行き
下に軽くカチャっとしたら、Dレンジになり、軽く上にカチャっとしたらRレンジにはいります。
画像


この2代目プリウスにまつわる話で、僕の中に逸話があります。

お客さんがこの車に乗ってて、事故で修理をする際、とある某市内のクルマ屋さん

結構年配の方でしたが、事務所に代車に乗ってプリウスを修理のために受け取りにきました。

「じゃあ凡人さんさようならー」ってプリウス持って帰ったなーと思いきや

「凡人さんエンジンがかからーん???」って事務所の玄関にあわてて戻ってきました。

まず鍵をどこに挿すのか?次にエンジンはどうやってかけるのか?って

サイドブレーキはどこ?そして最後にシフトレバーはどこ?なんて・・・。

仕方がないので、

ディーラーさんのように、僕がそのクルマ屋さんに教えてあげることに・・・。

そして、プリウスの空力性能は向上してて、その値は量販車トップクラスのCd値0.26!!

僕は意地悪なので、「このボタン気をつけんと!押したら、羽がでてきて空飛ぶんで~!

町のクルマ屋さんがわからないほど、クルマは進化してきてるのでしょうね。

進化のおかげで、とても使いやすいし、2代目プリウスもたくさん見かけるようになりました。

視界はとてもいいです。
そしてメーターも初代プリウスより運転席側に寄っていて、違和感を感じません。
画像


ハンドリング、乗り心地、静粛性ともに、初代プリウスよりぜんぜんいいですね。

それから、気になっていた回生ブレーキは改良されていて、

初代プリウスよりも自然なフィールで減速してくれます。

2代目 プリウス エンジンルーム
画像


2代目 プリウス タイヤ
画像


帰ってきまし~た!!
画像


今日もとても満足の試乗でした。

画像


デザインもよく、燃費はすごくよく、環境にもやさしく、乗り心地もよく、室内空間も広く

トヨタ プリウスの技術でこの値段¥2,268,000円(プリウス S “STANDARD packege“)

は・・・絶対お買い得で、地球に優しく、この燃料高騰のご時世、家計にもやさしく!!

ものすごくおすすめできる1台です。

画像

グレードやオプションいろいろありました。

みなさんはどんなプリウスがいいですか?

プリウスホームページhttp://toyota.jp/prius/

《今回の試乗のご協力》
広島トヨペット 福山西町店 
TEL084-922-3450
フリーダイヤル0120-70-5671
広島トヨペット 西町店ホームページhttp://www.h-toyopet.com/shop/fu_nishi.html

広島トヨペット 西町店さんご協力ありがとうございました!!

住 所:広島県福山市西町1丁目8番15号

大きな地図で見る












このブログのトップページはこちらです。只今アクセス急増中!!お楽しみに!
           ↓
輸入車!国産車!24台の試乗記や車のことをいろいろ掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     



 ↓ 最後に応援のクリックも、何卒よろしくお願いいたします。 
人気ブログランキングへ



Copyright (C)2007-2009「今を切に生きる」 by 凡人 All Rights Reserved.
 

この記事へのコメント

謎の旅人
2008年02月15日 22:24
今回は二代目プリウス。3ナンバーだったんですね。知らなかった(笑)デザインは、確かテクノアートリサーチ。トヨタの子会社ですね。サイドビューの台形シルエットが斬新ですよね。リフレクションを見るとフロントフェンダーまで真っ直ぐなんですね。フェンダーの張り出しが無いって事なんですよ。さらにルーフ形状もユニークな断面をしていて、空力特性も有るそうです。なかなか頑張ってデザインしたなあと思います。燃費も凄いですね。これは大した車ですよ。一回も乗った事はないんですけど………。世界最先端の車ですからね。カッコイイとは違う意味で所有する満足感が得られそうです(^-^)
総理大臣になってみたい凡人
2008年02月16日 09:01
謎の旅人様
なるほどー、フェンダーの張り出しがないのは気がつきませんでした。デザインについての単語などもいろいろと勉強になります。謎の旅人様のおっしゃられるとおり、メルセデスのSクラスやレクサスのLSあたりとは違ったステータスを持つクルマだと思います。もし僕がデビュー後にすぐ購入していたら、このシステムすごいじゃろーなんて、自慢してるでしょうね・・・(笑)。また、燃費を自慢する時代がくるかもしれないですね。実際すごい車だと思います。
謎の旅人
2008年02月16日 11:40
近い内にリッター50㎞とか、凄い世界になるんじゃないでしょうか?凄い事ですね(>_<)スーパーカブがリッター70㎞位ですからね。ここまで来れば、何処まで燃費が良くなるか興味あります(*^^*)その内、F1にもハイブリッドが導入されて……………なんて事にならないですかね?ピットの回数減りますから、燃費悪いと絶対に勝てない。勝てないから、より燃費稼ぐための技術が上がって、めちゃめちゃ燃費向上して自動車業界が更に盛り上がって…………。なんて、ちょっと暴走してしまいました(笑)
総理大臣になってみたい凡人
2008年02月16日 20:46
燃費、環境のことを考えるとプリウスのようなクルマがいい。とわかっていながらも、ガソリンのエンジンが無くなるのはさみしい気がするのも事実。