仙酔島(せんすいじま)

画像


仙酔島(せんすいじま)。


末っ子Konastuが大好きな仙酔島(せんすいじま)。

仙酔島という名前は、”仙人も酔ってしまうほど美しい島”という意味からだそうで・・・

この島へ到着すると、不思議と心洗われ、脳内セロトニンがフワッ~!!っとでてきます。


と、いうわけで、11月2日(日曜日)にでかけてきまし~た!!

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋。
仙酔島は、1934年に全国で最初に指定された
国立公園である瀬戸内海国立公園内にあり、
その中でも最初の指定地が、
この鞆の浦や仙酔島である。また1939年には郵便切手のデザインとなった。


それでは、「崖の上のポニョ」で、有名になった鞆の浦から
市営渡船の「べんてん」に乗船して、いきま~す!

乗船料金 往復 大人¥240円 小人¥120円

仙酔島行きの船。「べんてん」の出航時間は20分おき。出発前に・・・
画像


おいしそうな・・・「さより干し」をパチっ!
画像


そして渡船場にいた、鞆のモデルさんたちを、パチッ!!
画像


続いて・・・パチっ!!
画像


さすが、鞆の浦にはモデルさんがたくさんいます!!
画像


それでは、仙酔島行きの船。「べんてん」に乗船します!
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」出航前、右舷側です。
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」右舷側から、鞆シーサイドホテルが見えます!!
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」の救命いかだと、後ろに見えるのが弁天島です。
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」 定員は乗員2名 乗客50名の合計52名。
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」出航です。汐の香りがいいですね~!この航跡もきれいです。 
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」船首からの景色です。先に見えるのは、竹ヶ端ですね。
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」 航行中の右舷側に見える弁天島です。
毎年5月末に開催される、鞆の浦花火大会の打ち上げは、この弁天島で行われます。
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」 航行中の右舷側に見える弁天島 その2。
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」 まもなく仙酔島の桟橋に到着で~す!!
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」無事到着!!下船する、末っ子Konatsuとかみさん。
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」 みんなが下船するとすぐに鞆の浦へ戻りま~す!!
画像


仙酔島行きの船。「べんてん」 癒しの航海をありがとう~!!
画像


仙酔島の桟橋から、国民宿舎のある田ノ浦海岸までいってみましょう!!
画像


僕を待たずに、テクテクと仙酔島を歩いていく、末っ子Konatsuとかみさん。 
画像


待~てっ!!末っ子Konatsuをパチっ!
画像


仙酔島
瀬戸内海国立公園のほぼ中央に位置し、古くから瀬戸内海を往来する
潮待ちの港として栄えた鞆の浦に浮かぶ周囲約6kmの島です。
島のほとんどは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仙酔島を中心に大小の島々が散在し、これらの島々がつくる風景は
内海随一といわれています。                           環境省

画像


さらにテクテクと歩いていきま~す!ここの雰囲気もいいですよ!!
画像


もうすぐ、国民宿舎「仙酔島」と田ノ浦海岸(夏は海水浴場)が見えてきます!
画像


瀬戸内海国立公園 案内板
画像


歩いていくと・・・左手に国民宿舎「仙酔島」
ここで、お風呂に入って帰るのもリラックスできていいです!!大人¥525円。
画像


右手に、田ノ浦海岸へ到着で~す!!
画像


国民宿舎「仙酔島」入り口にある太鼓。
画像


末っ子Konatsuのお目当ては・・・コレっ!!
画像


懐かしの味。ラムネとその中にあるビー玉。
画像


仙酔島でラムネをグッーと飲む末っ子konatsu。将来はビール好きかなっ・・・。
画像


仙酔島のおいしい空気と景色とラムネで、笑顔の末っ子Konastu。
画像


仙酔島 田ノ浦海岸から鞆町を向いて!
画像


仙酔島 田ノ浦海岸 目の前にある皇后島。
画像


仙酔島 田ノ浦海岸沖を航行中の鞆の浦~走島を結ぶ「神勢丸」
画像


かみさんと末っ子Konatsuは、キャンプ場前の芝生の広場でのんび~り!
画像


持参のお菓子と水筒のお茶で、くつろぐ末っ子Konatsu。
画像


芝生の広場の上には、常設のテントがあるキャンプ場。
画像


こちらは、おいしい料理を食べることができる「洗心の間」
画像


僕はこの間、海岸沿いを少し歩くことにします。
画像


仙酔島の磯。ここで数年前にアイナメが釣れました!
画像


仙酔島の潮風が体を浄化してくれます。それでは、そろそろ帰りま~す!
画像


仙酔島の桟橋に到着で~す!!絶対、なにか泳いでいる仙酔島の桟橋。
画像


ウマズラハギの撮影に成功!!
桟橋の上で這いつくばって、水面から20センチほどのところでパチっ!
画像


このとき末っ子Konastuとかみさんに・・・
「カメラ落としたらどーするん???そんなかっこして服も汚れるよ~
 観光客の人がたくさん桟橋にきたけーその格好やめて~!!」と、怒られる僕・・・。

こちらは、クラゲちゃん。以前、ここでハリセンボンを見たときはビックリ!!
画像


帰りも、癒しの船「べんてん」に乗って、無事、鞆町に到着!!

渡船場にモデルさん登場。
早速くすぐって笑わせている、我が家のかみさん!!素直に笑う鞆の猫???
画像


このとき、17:30頃。常夜灯といろは丸博物館を向いて・・・いつもの茶房「とうろどう」に行くことに!
画像


茶房「とうろどう」で自家焙煎のおいしい珈琲を飲みながら眺める常夜灯!
画像


茶房「とうろどう」から眺める夕方の鞆の港。静かな時間が流れてゆきます。
画像



この日は、とてもたくさんの観光客の方々が鞆の浦を訪れていました。

3連休だし、他県ナンバーのクルマやバイクが多数見受けられ、

宮崎駿さんの映画「崖の上のポニョ」の効果もあったのかなあ~・・・。


いやあ~仙酔島で仙人気分!!今日も仙酔島の景色に酔った酔った酔いました~!!

                                                        by 凡 人


2010年 3月 6日追加

仙酔島への渡船は2010年1月9日より「第二べんてん」に代わり

「平成いろは丸」が就航しています。

こちらは僕の記事 → 「平成いろは丸」乗船記です。



このブログのトップページはこちらです。→ http://imawosetuniikiru.at.webry.info/
初めておいでになられました方、よければ寄ってみてください。
タイトル「今を切に生きる

この記事へのコメント

まんちゃん
2008年11月04日 11:46
二年前凡人さんからいただいた年賀状も凡人さんの自作の仙酔島への船の絵でしたね。凡人さんが鞆の街をいかに愛しているか良く分かります。私は最近行っていませんですが,以前はしゃこや小魚を買いによく行っていました。仙酔島は若い頃行ってことがあります。散歩道もあるでしょう。自然に触れて潮風を吸って気持ちよいでしょうね。鞆は海のものも美味しいし,古い町を散策も良いですね。凡人さんは、いつも言っているように環境に恵まれた所に住まわれて羨ましいです。
総理大臣になってみたい凡人
2008年11月05日 08:54
まんちゃん様
以前、毎晩、晩酌をしていた頃、
鞆の漁師さんが売ってるシャコがものすごくおいしくて、
値段もとても安くて、よく買いに行っていました。

鞆の浦って不思議です。
なぜか、癒される場所や雰囲気がたくさんあるんです。