資 格。

画像


資 格。


画像


クルマを運転してて、何度かヒヤリっ!ハッ!とすることがある。

それは、後席の後ろのCピラーの死角。左折するとき、車線変更するときに、

左側にいるはずのクルマが、、自分の目にも、ドアミラーにも映っていないことがある。


冒頭の写真は、我が家のVWゴルフⅣのCピラー。こちらは上がAピラー。下がBピラー
画像
画像



だから僕は、クルマで左折するとき、車線変更するときは慎重になる。

走行中、自分の目や、ミラーに映らない死角は、どのクルマにも存在するので、

やはり注意を怠らないようにしたい。



話はかわって、先日ある同級生からこんな話がありました。

同級生・・・「凡人君、これから転職するとしたら、どんな資格を持っていたら有利だろうか?」

僕・・・・・・・「今の会社から転職しなくてもいいんじゃあない?」

同級生・・・「いや、この不景気で、勤めている会社がいつ倒産するかわからんから・・・」


雇用の不安は、TVやニュースで報道されてるとおり、今大変な状況にある。

そして、会社を経営する側も急激な不況の波に襲われて、不安を抱えている人も多い。

こんな状況下では、同級生がリスク回避のために、もしものための転職を考えるのは

理にかなっていると思う。


続いて、僕は以下のような返答をしました。

「そうだね~。資格を取得することも大事かもしれないけど、

 これから職場が変わっても、また自営業として働くにしても
 
 今までの人生の中で、知り合ってきた人たち

 自分が接しているお客さん、そして仕事を通じて知り合った人たちとの繋がり
 
 いわいる「人脈」を大切にしておく事だと思う。」



それは、僕自身がここに存在していること、生きていることそのものかもしれません。

今まで、僕を支えてくださった皆様に心から感謝申し上げます。



続いて同級生・・・「凡人君は、パソコンの資格何かもっとるん?」

僕・・・「ぜんぜんもってないよ!」


僕は、資格というのは手段であって目的ではないと思っている。

これは、あくまでもビジネスの上での話になりますが、

資格を持ってても、商売をしててお客さんがいなければ、そして大事なお客さんから

お金をもらうことができなければ、商売は成り立たないから。


これは、農業、漁業、製造業、建設業、金融業、サービス業、業種を問わずすべての仕事にいえること。


資格を取得して、知識を身につけることは、自分を磨くいい機会だと思う。

また、資格を取得して人のために役に立とう!という人もいる。

そして自分がやろうとしている仕事が、法律で資格がないとできないものもあるから

そのやりたい仕事をしようとするならば、資格は必要だ。


しかし、どんな資格を持ってても、お客さんがいて、売り上げがないと会社は成り立たない。

これは、規模が大きい会社でも小さな会社でも変わりはない。


例えば、大きな会社の製造業あたりだと、設計、製造、総務、人事、営業などと

部門がいろいろあると思うのですが

例えば、簿記の資格所持者が、その資格を見込まれて会社に雇われ、経理の職につきました。

ところが、その会社の製造している製品の売れ行きがかんばしくなく、赤字続きであわや倒産。

と、いうこともありあえるのです。

それは、そこにいる経理の人のせいではないかもしれません。

が、製品を販売してくる経営者や営業の人が仕事をお客さんからもらってきたり

作ったものやサービスが、売れなければ、その経理の人の給料も稼げないと思うんですよね。


例えば、建設業の現場で働く人も仕事をする上で、いろんな資格が必要ですね。

そして、資格があるからこそ仕事ができるのですが

その前に、経営者や営業の人がお客さんから仕事をもらってきて、

なおかつ、その仕事のお金がしっかり会社に入って、現場で働く人の給料もでるんですよね。


だから、僕はビジネスの上では、資格は手段であって目的ではないと思うのです。

ビジネスの上では、それを忘れると、絶対にダメだと思うんです。


たまに、資格をもってる人より、

資格をもっていない人のほうが、よく仕事ができたりってこともあったり・・・。


手塚治さんのマンガ「ブラック・ジャック」の主人公は

医師の免許を取得していないにもかかわらず、その腕をかわれて顧客が高額のお金を払います。


現実の世界で、違法な行為はいけませんが、僕がいいいたいのは

資格があっても、お客さんがいて、お金をもらうことができなければ意味がないということです。

いくら、お医者さんの資格をもってても、弁護士さんの資格をもってても、

お客さんがいなければ商売はなりたたない。そう思います。


これは、会社のどの部門にいても、会社のすべての人が忘れてはならないこと。


だから、ビジネスの上では、

取得した資格を、自分がどのように有効に活用することができるかということ、

そして、その資格において仕事ができるのは、

お客さんがいてくれるからだ!ということを忘れてはならないと思います。



それから「生きる資格」というものは、生まれてきたすべての人に平等に与えられたもの。

そして「生きる資格」を、どのように有効活用していくかは、その人次第だ。


                                                     by 凡 人


僕が一番最初に取得した資格。「小型船舶操縦免許証」
画像



「普通自動車免許証」 「普通自動二輪免許証」 広島県公安委員会


調理師免許証
画像


潜水士免許
画像


救急再圧員特別教育修了証」潜水士時代にお世話になった、B社在籍中に取得させていただきました。
画像


「ガス溶接技能講習修了証」潜水士時代にお世話になった、B社在籍中に取得させていただきました。
画像


「アーク溶接技術証明書」潜水士時代にお世話になった、B社在籍中に取得させていただきました。
画像


玉掛技能講習修了証」潜水士時代にお世話になった、B社在籍中に取得させていただきました。
画像


「警戒船 管理講習 受講証明書」潜水士時代にお世話になった、B社在籍中に取得させていただきました。
画像


「警戒船 業務講習 受講証明書」潜水士時代にお世話になった、B社在籍中に取得させていただきました。
画像


「送気操作業務講習修了証」 潜水士時代にお世話になった、B社在籍中に取得させていただきました。

B社の社長様、皆様ありがとうございました。心からお礼申し上げます。


損害保険協会 「特級 一般資格証明書」 損害保険会社 C社在籍中に取得させていただきました。
画像


「事故対応力研修制度 2級資格証明書」 損害保険会社 C社在籍中に取得させていただきました。
画像


生命保険協会 「シニア・ライフ・コンサルタント認定証」 生命保険会社 C社在籍中に取得させていただきました。
画像


C社の皆様ありがとうございました。心からお礼申し上げます。


「シニアリスクコンサルタント」 
日本リスクコンサルタント協会 現(NPO法人 日本リスクマネージャー&コンサルタント協会
画像


「普通救命講習修了証」 福山地区消防組合 
画像




おい凡人!!ワタシも免許証持っとるニャ~!!      by ハッピー 
    
画像


画像






2010年版 資格取り方選び方全ガイド
高橋書店
高橋書店編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





このブログのトップページはこちらです。→ http://imawosetuniikiru.at.webry.info/
初めておいでになられました方、よければ寄ってみてください。
タイトル「今を切に生きる

この記事へのコメント

謎の旅人
2008年12月17日 18:41
凄い資格の数々・・・・

こんなに取得されているんですねーー。

確かに資格持ってても、それだけでは仕方ないという凡人さんの意見は賛成ですね。
人脈、大切にしなきゃいけませんね。
特に今の時代で生き残るなら、尚更でしょうね。


ところで・・・・ハッピーの資格って
昔流行った、「なめ○なよ」を思い出すのですが(笑)

知らない世代もいるんですよね・・・・年とったなあ(汗)
総理大臣になってみたい凡人
2008年12月18日 16:40
謎の旅人様
ビジネスのためでなく自己啓発や、知識習得のため
また、自分の趣味のために
資格を取得するということもあると思います。

また、自分に自信をつけるために
資格を取得するということは、とてもいいことだと思います。

実はなつかしい「なめんなよ」の猫の免許証を
末っ子Konatsuが、数枚ほど持ってて、
その中の1枚をスキャナーで読み込んで
ハッピー用をつくってみました(笑)。

「なめんなよ」の公式HPがありました。
↓猫もかわいくて、懐かしいです。
http://www.nameneko.com/jp/

↓「なめんなよ」のブログ
http://blog.nameneko.com/


まんちゃん
2008年12月18日 17:44
調理師の免許で今の家の景色で開業していたらレストランなど繁盛して人生も変わっていたでしょうね。でも資格の取得の過程があるから現在があるのでしょうね。凡人さんの店があったら一度は行ってみたかったですね。私も玉掛け,フォークリフト,移動式クレーンの技能講習証と今は無効でしょうが消防設備士の資格もあります。でも鉄工関係に変更したので消防は生かせていません。今は仕事をしていないので何を持っても関係なかったですね。今は運転免許証だけになりました。過去の二回の事故を肝に銘じてしています。凡人さんの資格で一人でも救われること願います。過去に経験をブログにされていましたので、勇気付けられた人も多いのでは。
謎の旅人
2008年12月18日 19:20
ええっ

あの、なめんなよ、の免許をお子さんが持っているなんて・・・。

いったいどこで手に入れたのやら(笑)

凡人さん、僕のホームページに凡人さんのサイトをリンクさせて
もらえませんか???

単に、色んな方と繋がりがあるんだぞーーっていう優越感が欲しいだけかもしれませんが・・・・
ゆぱ~ぱ
2008年12月19日 21:03
ご無沙汰してます。
小さい頃から、うちの母が"資格は邪魔にならないから、何でも取っておけ"って言われてました。

ただ、先日の潜水士もそうですが、今の僕は、資格=職能ではないのが現状です。
取得した資格が活かせれば、一番良いのですがね。

今の僕の場合、資格=目標という感じです。

総理大臣になってみたい凡人
2008年12月19日 21:55
まんちゃん様
レストランもいいですね。極上のおもてなしを1日1組だけに!
なんて、コピーで!
1日に受け入れるお客さんは、1組だけ。
夕日を、眺めながら、僕のおいしい料理???を味わっていただきます。


総理大臣になってみたい凡人
2008年12月19日 21:57
謎の旅人様
当ホームページのリンクですが
こちらこそよろしくお願い申し上げます!
総理大臣になってみたい凡人
2008年12月19日 22:02
ゆぱ~ぱ様
目標って言葉もいいですね~!
ずっと生きている資格は、いつ有効に使える日がくるかとも
わかりませんもんね!

僕も眠っている資格がたくさんありますが
一生懸命勉強したことや合格した時の達成感は、
それぞれの資格において忘れることができない思い出です。

そういう意味においてもお母様がおっしゃられたことは
正しいことなのだと思います。