日産 キューブ 試乗記

画像


日産 キューブ 試乗記。


2009年1月10日に、少雨の中、日産キューブの試乗にいってきました~!


率直な感想は、全長4m未満 5ナンバーサイズのクルマでありながら

余裕の室内空間にて、曲面が多用されてる癒しのインテリアにおいて、まったりできるクルマ。

カタログには、「ジャグジーをイメージしたカーブが乗る人をやさしく包む。」とあります。

まさにそのとおり!!


天井を見れば、美しい海に行った気分になれる日産キューブのやさしい天井。
                             砂紋のような形状をしています。             
画像

日産キューブ SHOJIシェード クルマを止めて天井を見る、空を見るのが楽しみになりますね!
画像



かのスパルタンなNISSAN GT-Rを作っているメーカーが

かたや、

キューブように、まったりとリラックスできるクルマを作っているということに

日産というメーカーのすごさを感じます。


このことについて言い方を変えてみるならば、元BOØWYのメンバーだった布袋寅泰さんが

今井美樹さんの歌っている『PRIDE』の作詞・作曲者である。僕は、これに驚いた・・・。

という風に表現したらわかりやすいだろうか・・・。



そして、先鋭的で攻撃的な雰囲気のクルマが増えている街の中で

日産キューブスズキ ラパンフィアット500などを見るとなぜかほんわかしたやさしい気分になれる。

またそうしたやさしさを持ったクルマたちは、女性からとても親しまれていることが

街を走っている、そのクルマたちの姿をみるとよくわかるのだ。


日産キューブ フロント・・・ブルドッグがサングラスをかけている???
画像


日産キューブ・・・キュートなヒップ!
画像


日産キューブ・・・左右非対称のボディ形状!
画像


ドアノブは、安心のグリップ式。なぜかっていうのは僕の記事をみてくさだ~い→「ドアノブ
画像


さぁ~試乗にGo!!今日は末っ子Konatsuも一緒です。
画像

画像


試乗車は、日産キューブの最上級グレードである15G。


まずは、概 要を・・・。

初代から2代目そして3代目へと、だんだんとボディが大きくなってきましたね。

初代も2代目のキューブも広~い室内空間でしたが、

3代目は、もっと広~く、まったり空間で最高のリラックス!!


日産キューブ 15G

全 長 3,890mm (トヨタヴィッツより105mm長いです) 
             全長が4mに満たないクルマは取回しがしやすく女性にやさしいですね。

全 幅 1,695mm (トヨタヴィッツと同じです) 
             全幅が1,700mmを超えると3ナンバーになりますが
             日本では、この5ナンバー枠でのクルマが扱いやすいのは周知の事実。

全 高 1,680mm (トヨタヴィッツより160mm高いです)
             余裕のヘッドクリアランス!!

ホイールベース 2,530mm (トヨタヴィッツより70mm長いです)
                  余裕のリラックスインテリア空間誕生!                  

室内長 1,950mm (トヨタヴィッツより70mm長いです)
室内幅 1,395mm (トヨタヴィッツより5mm幅広です)
室内高 1,235mm (トヨタヴィッツより35mm低いです)
             これは、スタイリッシュガラスルーフを装着しているからです。
             15Sは 室内高1,275mmとなりトヨタヴィッツより5mm高くなります。

車両重量1,210㎏
乗車定員 5名(5人家族でも日産キューブが1台あれば、エンジョイ リラックスカーライフ)

最小回転半径 5.0m(15Sと15Xは、4.6mとなり、さらに扱いやすいです)

エンジン DOHC・水冷直列4気筒 1,498cc  最高出力 109ps/6,000rpm
      型式HR15DE               最大トルク15.1kgf/4,400rpm

駆動方式 FF(前輪駆動)
トランスミッション 自動無段変速機(エクストロニックCVT)

サスペンション フロント 独立懸架ストラット式
          リ  ア トーションビーム式

ブレーキ  フロント ベンチレーテッドディスク式
       リ  ア  リーディングトレーリング式

10:15モード走行燃料消費率  19.2km/ℓ

使用燃料 無鉛レギュラーガソリン タンク容量45ℓ

タイヤ 195/55R16 87V (15Sと15Xは、175/65R15 84S)
画像


グレードと価格一覧(2009年1月10日現在)

エンジンは全てHR15DE型 1,498cc、ミッションも全てエクストロニックCVT

日産キューブ 2WD 前輪駆動 15G  車両本体価格 ¥1,911,000円(今回の試乗車です)

日産キューブ 2WD 前輪駆動 15X  Vセレクション  車両本体価格 ¥1,701,000円

日産キューブ 2WD 前輪駆動 15X 車両本体価格 ¥1,533,000円

日産キューブ 2WD 前輪駆動 15S  車両本体価格 ¥1,449,000円


日産キューブ e・4WD 4輪駆動 15X FOUR Vセレクション  車両本体価格 ¥1,928,850円

日産キューブ e・4WD 4輪駆動 15X FOUR  車両本体価格 ¥1,760,850円

日産キューブ e・4WD 4輪駆動 15S FOUR  車両本体価格 ¥1,687,350円


日産キューブにナビをオプションで装着することを考えると、

車両本体価格が、あと10万円~15万円安かったらなあ~なんて思います。


もし、僕が買うとすれば2WDの15X  Vセレクション  車両本体価格 ¥1,701,000円に、

オプションのHDDナビゲーション(HP308ーW)¥235,100円と

バックビューモニター(¥35,000円)をセット装着してもらいます。

そして、ボディ色はパシフィックブルーがいいなあ~(色の名前も最高!)。



ボディカラーは、10色用意されてて、試乗車の色は、クラフトダンボール。内装色はフェザーグレー。

この内装色はいいですね!この色でダッシュボードがツートンカラーになっているのが最高です。
画像



日産キューブ オプションのHDDナビゲーション。
画像


日産キューブは、扱いやすいコラムシフトで広々とした室内空間を確保。
このコラムシフトをRレンジにいれると・・・
画像

画像


バックビューモニター(HDDナビとセットの場合¥35,000円)が日産キューブの後方を表示!!
画像



それから、余裕があればもしものときの映像を前後20秒間(前12秒/後8秒)、

映像と音で記録してくれるドライブレコーダー(¥64,600円)を装着します。

この記録があれば、事故の際の証拠が残り、交通事故の解決にも役に立つはずです。


日産キューブ 15Gの本革巻きステアリング なんとなくフィアット500と共通した雰囲気を感じます。
画像


日産キューブ ファインビジョンメーター。エンジン始動時に徐々に明るくなります!
画像


日産キューブ エンジンスタートスイッチ。きれいでほのかな光を放ちます。
画像


日産キューブ インテリジェントエアコンシステム。丸い → やさしいが感じがしますね!
画像


日産キューブ 運転席からの視界です。ボンネットがはっきり視界に入ります!
そして、5ナンバーのクルマとは思えない室内空間に驚くのです・・・。ホントに広い!
画像


日産キューブ 助手席側ミラーを見ます! Aピラーとドアミラーの死角を若干感じるところ・・・。
画像



そして、日産キューブの室内にいると、水の中にいるような感覚が漂います。

インテリアの形状、デザインが僕をそんな感覚にさせてくれるのですが

人って、生まれる前の約10ヶ月間、ずっとお母さんの羊水の中にいたんですよね。

だから、人はプールや海でのんびり浮かんでいると懐かしい心地よさを感じたり・・・

また日本人はお風呂が大好きで、ましてやジャグジーに浸かれば、心地よいリラックスが訪れます。


日産キューブのシートに座っていると、そんなまったりとした感覚に体中が満足します。

そして日産キューブの室内には、のんびりとやさしい空間が充満しているのです。


日産キューブ 運転席ドアノブ。とてもやさしい形状です。反対側の手でも開けやすく合理的。
画像


日産キューブ 後席ドアノブ。やっぱりやさしいんですね!!
画像



日産キューブで市街地を走行しましたが、1500ccのエンジンに心地よいエクストロニックCVTで

普通に走れて、普通にブレーキも効き、そして普通に曲がります。

日産キューブの存在価値をいうものが、

もともと最高速度や過剰な走行性能を追求するものではないので

クルマとしての動力性能、ブレーキ性能、安全性は、これで充分!!



日産キューブは、室内の収納スペースもいろいろと気が効いてますので

このスペースユーティリティに不満のある人はほとんどいないと推察いたしま~す。

日産キューブ 運転席 雪だるま型のカップホルダー。
画像



日産は、ティアナでおもてなしの心と癒しを教えてくれ、

このキューブにおいては、やさしさと癒しを、キューブの購入者のみならず、

街を走っているキューブ、駐車されてるキューブを見る人たちにも与えてくれると思うのです。



そして日産キューブが、似合う女性っていうのは、

昨年の流行語大賞となったアラフォー世代の人たちではないだろうか・・・。

バリバリ仕事をする前に、まったりとした日産キューブの室内でリラックスのひと時を過ごし、

仕事の後も、まったりとしたキューブの室内で好きな音楽を聴き帰路に着く。

そして休日には日産キューブのスタイリッシュガラスルーフの光を浴びながら

家族や彼氏と自分の大好きな場所へドライブ!!

画像


日産キューブからは、そんなしあわせな光景が僕の頭に浮かんできます。

日産さん!!よくこんなクルマを作ったものです。


I am also peaceful.
                                                    
                                                      by 凡 人


追 記

日産キューブには、ライフケアビークルという福祉車両が存在します。

昔は、カタログそのものに、こういったクルマが掲載されてることはごく稀でしたが

日産キューブのカタログの39ページには

アンシャンテ (シートが外までお迎えする助手席スライドアップシート)
         スライドアップシート昇降能力100㎏
画像


チェアキャブ (車いすごとクルマに乗れるタイプ)
         使い方にあわせて2つのタイプから選択可能。
         車いすと介助者が並んで座れるサイドシートタイプを新設定。
         スロープ耐荷重200㎏
画像



の2つのタイプが掲載されています。

こういった福祉車両をお探しの方は、日産キューブも選択肢の1台にいかがでしょう!




今回の試乗のご協力は、日産サティオ 福山さんです。

ご丁寧な説明と、心地よい日産キューブの試乗をありがとうございました!!



備後地方で!!日産キューブをご検討の方は!!

日産サティオ福山さんへ足を運ばれてみてはいかがでしょう!

TEL 084-923-3211(代表)

フリーダイヤル 0120-233-211

ホームページ→http://www.sp-fukuyama.co.jp/index.html

住 所:福山市明神町1丁目9番48号

大きな地図で見る


・・・ご参考・・・

日産キューブ

日産キューブ ライフケアビークル

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 → 日産キューブ



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.
 

この記事へのコメント

謎の旅人
2009年01月17日 21:58
キューブ、面白い車ですよね。
今回はキープコンセプトですが、先代からの進化ではなく
・・・・・何だったか忘れました・・・。

要するに、川の石のように転がると角がとれて丸くなる・・・
みたいなイメージでデザインをしていったそうですよ。

なるほどって思いました。

障子シェードは一度試してみたいですが、
展示されていた車は残念ながらシェードではなかったので・・。

余談ですが今回のキューブのリーダーは、33・34スカイラインを手がけられたデザイナーの方なんですよ。

ちらっとGT-Rの名前がありましたので・・・・。
2009年01月18日 20:05
今度のキューブも良さそうだね。
旧モデルのキューブを3日前に車検に出した時にちょっとだけニューモデルを見てきたけど、シートがめっちゃ良くなってた。
旧モデルはベンチシートで長時間乗ると疲れるからな~。3列シートのロングタイプがなくなったのがちょっと残念。
2009年01月18日 22:21
謎の旅人様
さすが、デザイナー謎の旅人様のコメントありがとうございます!
障子シェードの雰囲気はよかったです。
キューブがリラックスを提供してくれる場面が
いたるところにあるのですが、
障子シェードを動かして月見をしてみたいって思いました!

2009年01月18日 22:37
松様
先日はいろいろとありがとうございました。
コロナの湯と健美効炉でゆっくりまったりすることができました。
そして、3代目キューブに乗ると、
コロナの湯のようなゆっくりまったりの空間と雰囲気を感じます。
そんなことができる日産さんは、すごいですね。

そして、旧モデルと新型車の違いを語れるのは
松様のように、旧モデルにしっかり乗っている方なんだと感じます。
旧モデルのオーナーさんの声をしっかり聞いて
それが反映されてるとうれしいですね。
3代目キューブのシートもきっとそうなんだろうなあ!

そして、水が好きな僕としては、
3代目キューブのインテリアデザインは見逃せませんでした!

ちなみに今日の新聞を見ると
昨年11月に発売された、この3代目キューブは、
約1ヶ月で目標の2倍の約9千台を受注されてるそうです。

「まったり!!」「リラックス!!」というのが
最近のキーワードなのかなあ~!!と思います。