ここだけの話。

画像


ここだけの話。


小学生の頃、学校の先生に・・・

「まじめそうな顔をしとるくせに、悪さをしやがってー!!」

と、怒られたことがある。


どんな悪さをしたのか忘れたけれど、この先生の言葉は鮮明に覚えている。


それから、まじめな?社会人になって以降・・・

「凡人君だから言うんだけどね・・・ここだけの話にしておいてほしいんだ。」

とか、

「凡人君だけに話すけど、この話は凡人君の奥さんにも言ってはダメだ!!」

とか、

とある上場企業の上司、「おまえだから本当のこと言うけどさー!」

などなど、この前の入院中にも「ここだけの話」があったり・・・


で、たくさんの「ここだけの話」が

僕の頭の中にインプットされているわけですが、

なんでこんなに「ここだけの話」というのを、たくさんの人が僕に聴かせてくれるのだろうか?

と、回想した時に思い出したのが冒頭の先生の言葉である。


自分では、まじめそうな顔かどうか判別できないけれど、

ここだけの話」を聴かせてくれた方々にとって、僕の顔はまじめそうな顔だったのかもしれない。


考えてみれば、

人の人相っていうのは、人とのコミュニケーション時に大きな影響を持っているのだろう。


パッと見た感じ、やさしそうな人、怖そーな人、おとなしそうな人、おもしろそーな人がいて

最初に出会った人と話をする時は、知らないうちにその人のイメージで話をしているんだと思う。


しかし、人というのは「ここだけの話」と言われた話ほど誰かに聞いてほしいものだ。とも思う。


「ここだけの話」を聞くにつれ、僕のおなかが膨らんできた。

これは、「おうさまのみみはろばのみみ」の話の中にある

いいたいことをがまんすると、おなかが膨れるめずらしい病気なのかもしれない・・・。

来週、病院にいってみよう・・・。 


                                                   by 凡 人



おい凡人!!
耳元で「ここだけの話」を話すのは、もうやめてほしいニャ~! ワタシのおなかが膨らんできたニャ~!
画像
                                by ハッピー

ワタシもおなかが膨らんできたニャ~!!
画像
                                 by こころ







最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.

この記事へのコメント

ちっち
2009年07月11日 11:58
こんにちは(o^∇^o)ノ 
ちょっと心配になったのですが・・・
『来週、病院にいってみよう』は冗談?
それとも本当に体調が悪いのでしょうか?

凡人様は ここだけの話は・・
本当に奥様にもお話にならないのですか?
私は相棒には話しちゃいます(*^.^*)エヘッ 

ここだけの話・・・フムフム・・です♪
2009年07月11日 12:34
ちっち様
こんにちは!
・・・『来週、病院にいってみよう』は冗談?・・・
                   ↓
      http://www.youtube.com/watch?v=1Kmd90Ac_BY  

上記のアドレスは、ユーチューブにあった
金八先生こと武田鉄矢さん率いる「海援隊」の歌です。
ご質問の答えですが、もしお時間がありましたら
この歌のさびの部分をお聞きください(笑)。

そして、       
本当に奥様に話してならないのは・・・
       「僕だけの秘密」デス。
2009年07月11日 12:45
ちっち様
ブログ記事の最後に「海援隊」の歌を貼り付けました!
よかったら聞いてみてください(笑)。
謎の旅人
2009年07月11日 20:51
ここだけの話。


大学病院に行く日に、必ずランチをとるお店があるんですが、気になる女性がいるんですが…………(笑)



あ、凡人さんだから話してしまいました。


2009年07月11日 21:18
謎の旅人様
それはやっぱり・・・ここだけのお話にしときましょうー!!
ちっち
2009年07月11日 23:47
ありがとうございます(*^▽^*)
「海援隊」の歌聞きました~!!
ピンとこなくってすみませんf(^^;
そう言えばこんな歌ありましたね~♪
懐かしくって何度も聞いてしまいました!
カズが横で偉く気に入ってました(*´艸`)
2009年07月12日 09:30
ちっち様
おはようございます!
聞いていただきましてありがとうございます(感謝!)。
僕が初めてこの歌を聴いたのは、中学生のとき。
「贈る言葉」とは全くイメージが違ってて、新鮮?でした。

で、僕のおなかは大きくなってるのは事実なのですが・・・
運動不足によるメタボだってことは、
ここだけの話にしておいてください。
まんちゃん
2009年07月12日 18:17
ここだけの話。確かに経験ありますね。本心を確認したりするときが多いです。日本の社会は建前の話で成り立っているでしょう。私もここだけの話を聞ける人間でありたいです。それだけ信用されていることになりますからね。凡人さんも相手を見て話をされるでしょう。
2009年07月12日 20:02
まんちゃん様
こんばんわ!
・・・日本の社会は建前の話で成り立っているでしょう。・・・
       ↑
   そういうところはありますね!
しかし、ここだけの話が蔓延したら
ハチャメチャな社会になるような・・・

で、個人情報を悪いことに使う人が増えたから
個人情報保護法ができましたが
これまで、信用第一でまじめに事業をしてきた方々にとっては、
非常にわずらわしい法律になってるような気がします。

僕も大事なことは、相手を見て話をしますが、
それは、一見まじめそうな顔でなく、
相手の方の日々のまじめな行動が
確実にわかりえた人にしか話はできません。

またいつの日か「ここだけの話」を聞いてください!
熊おばさん
2009年07月13日 14:40
こんにちは。
蒸し暑いですね。
異常気象といわれて久しいのですが 先日ODAで日本に来て
いて知り合ったアフリカ人からメールがきまして 昼間45度
だそうで more than 20 years we did not see this high temp.
だそうです。まあ 暑い暑いといっても 湿度が違う
のでしょうけど日本人には 想像も付かない気温で異常
なんでしょうね。

やっぱり 大事なことは どういう人間かと言う事
でしょうね。本音と建前ねーー。
信頼できるか どうか・・・仕事でもなんでも・・。
相手をみる ということは大切かと思います。
・・・でいろいろ本音を聞くということは 凡人さん
が信頼されているということで いい方に解釈されては
いかがですか?
なるべくなら 本音で生きたいと思っている熊おばさん
ですが・・。
男性の方がはなかなかそういうわけには行かない時が
多いのでしょうね。きっと。
2009年07月13日 16:47
熊おばさん様
アフリカは45度!!・・・実に、想像できない気温ですが、
「20年間以上、私たちはこの高い温度を見ませんでした。」
ということは、各地で温暖化が進んでいるようですね。

病院にいたとき10階から、
外を見ているとビルの屋上や家の屋根に
たくさんのエアコンの大きな室外機がついてるのが見えて
これ全部回ってたら、やっぱり気温上がるだろうなあ~?
なんて、日ごろ下から見てる風景と違った景色が
僕をそういう思いにさせる出来事がありました。

「大事なことは どういう人間かと言う事でしょうね。」
  ↓
信頼できる多くの方々の「ここだけの話」に
公私ともにずいぶんと助けていただきました。
仕事で大きな下手を打たなくて済んだのは
こういった方々のおかげです。感謝!!

「男性の方がはなかなかそういうわけには行かない時が
多いのでしょうね。きっと。」
    ↑
TVや映画の世界ではたくさん見かけますね・・・。

そうですね!本音で生きていけるほうがいいですね!
まんちゃん
2009年07月13日 18:10
私のここだけの話。それは十三年ほど無職で家族に迷惑掛けていることです。妻や娘は人に私の職業聞かれて苦労してきたようです。働きざ盛りなのにぶらぶらしているのですから。でも事情は他人にはいちいち話す必要はありませんが。生活の資金の面は等きになることはあるでしょう。でも最近になって世間には早い定年で家にいるということになっています。世間は他人でも色々関心あるようですね。
建前で常識になっている社会では本音は禁句のようです。私のように事情のあるものは生きていくには厳しいです。できるだけ頑張ってみます。
以上が私のここだけの話でした。
熊おばさん
2009年07月21日 10:58
ここだけの話。
凡人さんのお腹 ふうせんのように膨らむ
かもしれませんが・・ふくらんだら
一度 針でさして 風でとばしてください。
・・離婚をしていた友人が 大阪に帰るという。
彼女は大阪出身だし 娘さんは大阪で働いている
ので成り行きとしては当然の事と思う。
友人が「ずーと変わらずに 友達でいてくれたのは
熊ちゃんだけだ」と言う。
芥川龍之介の「杜子春」の話が出て 離婚をする前
はいろんな人がいたけど だんだん離れていった
と言う。元主人はお金持ちの一人息子で いい暮らし
の時は人が寄ってきたと言う。娘さんもそうだと言う
しもう友達はいらないと言うらしい。所詮人間は一人
と ぼそぼそ寂しい事を言う。
まあ 人ってそんなもんだろう。私は金持ちだろうが
質素な人であろうが 見かけは関係がないと思っている。
高校生のころフランスの作家 サン ティグジュペリの
「星の王子さま」という童話が好きで その本の影響
かと思う。禍福はあざなえる縄のごとし という。
また いい事もある そう思っている。
  
2009年07月21日 12:03
まんちゃん様 熊おばさん様
貴重な「ここだけの話」をありがとうございます。

逆境の時にそばにいてくれる人、気にかけてくれる人こそ
本当の家族であり、本当の友人、
本当の仲間と呼べる人だと僕は思います。

そして「逆境の時に力を蓄える」という言葉が好きで、
逆境を経験した人は
後に大きな力を発揮できる機会が必ずあると信じています。


PS:実は、我が家のかみさんも「星の王子様」が大好きで
   結婚以来キッチンに大きなポスターを貼っています。
   で、ネックレスで「星の王子様」シリーズがありまして
   それを結婚記念日ごとにプレゼントするという約束だった
   のですが、僕がプレゼントしたのは最初の年だけ・・・。
   というのは、僕の「ここだけの話」にしておいてください。