芸術の秋。笠岡市立竹喬美術館へ!

画像


芸術の秋。笠岡市立竹喬美術館へ!


あの記録的な暑さが去って、ずいぶん過ごしやすくなりましたね。

さて、秋と言えば“芸術の秋”ということで、笠岡市立竹喬美術館へ行ってきました。

画像


明治、大正、昭和期の日本画家 小野竹喬(おの ちっきょう)さんの絵が収蔵展示されています。

僕は繊細な絵が好みなのですが、同じ画家の絵でも描いた年代で画風が変わっていたりするので

同一画家の絵がずらり展示されている美術館は僕にとってとても楽しい場所です。


今回しばらく眺めていたのは、1920年 大正9年頃で竹喬さんが31歳時の「幽邨清趣」。

それから1933年 昭和8年頃で竹喬さんが44歳時の「龍峡扁舟」です。


当時の日本の自然の風景が繊細に美しく描写されていて、感動の境地に至ります。


究極の美の外面が表れている作品から、

芸術家自身の美の内面を探究するために、美術館は絶好の場所といえるかもしれません。


『一芸は道に通ずる』ということわざがありますが、

一芸を極めた芸術家の人間性や人生の背景を知ることは、

自分自身の人間性をも高めるよい機会だと思います。


そんなことを考えていると

人の人生において、外面の美、内面の美がともに充実しているときが

人として輝いている時間なのかなあ~?と感じていた1日です。


                                              by 凡 人




この日、購入した絵ハガキ。1971年 竹喬さん82歳頃の作品で「海」。
画像



・・・ご参考・・・

小野竹喬について  ← 笠岡市ホームページより

ようこそ竹喬美術館へ  ← 笠岡市ホームページより

竹喬美術館の概要 ← 笠岡市ホームページより

竹喬美術館へのアクセス ← 笠岡市ホームページより

小野竹喬(おの ちっきょう) ← フリー百貨事典ウィキペディアより

笠岡市 ← フリー百貨事典ウィキペディアより

笠岡市公式ホームページ


笠岡市立竹喬美術館 所在地:岡山県笠岡市六番町1-17

大きな地図で見る




小野竹喬大成
小学館

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小野竹喬大成 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


素顔の「竹喬さん」
山陽新聞社
小野 常正

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 素顔の「竹喬さん」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ふるさとの色―小野竹喬小画集
講談社
小野 竹喬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふるさとの色―小野竹喬小画集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




帰りに寄った笠岡市十一番町 緑道からのさわやかな風景
画像


帰りに寄った笠岡市十一番町 緑道からのおだやかな風景
画像


笠岡諸島の北木島~笠岡間を航行している第二十一金風呂丸。
第二十一金風呂丸の航行をしばらく眺めていました。運行は瀬戸内クルージングさん。
画像




おい凡人!竹喬さんのこと、“ちっきょうさん”でなく、“きっちょうさん”と勘違いしとったニャロ~!  
by こころ

画像



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を楽に生きる
     

Copyright (C)2007-2057「今を楽に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.

この記事へのコメント

熊おばさん
2010年09月19日 16:55
こんにちは。
笠岡 行きました。
友人がいちじくでジャムを作るというので
いちじくを買いに・・私はどちらかというと
食欲の秋 みたいです。
竹喬美術館は聞いたことがありますが・・
一度行ってみたいです。
瀬戸田の平山さんの美術館には時々行きます。
神戸の小磯良平さんの絵も好きで一度行って見たい
と思っています。
2010年09月19日 23:07
熊おばさん様
こんばんわ!

今月始めにいちじく、ぶどう、梨をいただいて
とてもおいしくて感動していた我が家です。
新聞にもりんご狩りなどの記事が掲載されてて
まさに“食欲の秋”ですね!

美術館の静かで落ち着いた雰囲気が大好きです。
んー美術館&水族館と名のつく場所には
全部行ってみたい。と思うこの頃です。
ゆぱ~ぱ
2010年09月20日 17:06
ご無沙汰しております。
我が家の庭に、お越し頂いてたとゎ(-^〇^-)

美術館と、カブトガニ博物館との中心辺りが、我が家でございます!


フェリーから、干拓地を見ると、干拓地の、海抜マイナスm地帯が、よく分かります!

とても不思議な光景ですよ。
2010年09月20日 22:14
ゆぱ~ぱ様
こんばんわ!
きれいな庭にしばし感動していました。

海抜マイナスm地帯が見えるんですね!
「第二十一金風呂丸」の乗船にチャレンジしてみたいです。

そういえば、秘密の砂浜?も教えてくださーい!