進水式

画像

進水式

今日は市内の造船所に行き、現地でゆぱ~ぱ様とロバ衛門様と待ち合わせて、

どでかい船の進水式の見学にいきました。

どでかい船が、船台からガッーっー!!っと海に降りて姿はとても雄大で迫力満点です。

また、この見学も無料なのでいうことなし!!帰りに紅白のおもちまでいただいて!!ありがたいことです。

今日のドデカイ船の大きさ↓

全長190m ×船幅32.26m ×深さ18m

190mというと僕のロードスターを47台ならべた長さ以上!!

幅は僕のロードスターの幅の19倍!!

深さは僕の身長が170cmなので、僕が10人縦に立った長さより長い!!

総トン数は32.600トン。㎏に直したら32,600,000㎏!体重60㎏の人が54万人分!!

こんなものすごい重いものが海に浮かぶのですから、物理の計算好きな人、面白いでしょうね~!!

で、なぜ船幅が32.26mかというと、船舶関係者の方はご存知の方が多いかと思いますが

パナマ共和国にあるパナマ運河を通行する船は、

全長:294m、全幅:32.3m、喫水:12m以下に制限されています。

今日の船の船幅は、この制限きりきりサイズ。

ここを通らない航海はブラジルやアルゼンチンなどがある

南アメリカ大陸をぐるっと大回りしないといけないので

ものすごいタイムロスになるし、燃料代もバカになりません。

このパナマ運河を航行すれば、

近道して太平洋から大西洋また大西洋から太平洋へ航海できるということです。

パナマ運河について調べてみても面白いと思います!!

同じように紅海と地中海を結ぶスエズ運河というのもありますね。

こちらも調べてみると面白いと思います。


ということで、この巨体が作られて初めて海につかる儀式が進水式です。

「進水式(しんすいしき)とは、
造船において造船台で組み立てられた新造船を初めて水に触れさせる作業・儀式のこと。」
「進水式の流れとしてはまず命名式が行われ、その後、支綱切断の儀式を行う。
この支綱はくす玉とシャンパンなどに繋がれており、切断と連動してシャンパンなどが船体に叩きつけられ、
船名を覆っていた幕が外れ、進水台を滑り(またはドックに注水し)進水となる。」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋。

とにかく、ど・で・か・い!船台横から写真を撮影しようにも、全体が写らない・・・のです。

もう僕の目の前は映画、「タイタニック」の世界です!!

どでかい船の真ん中付近。喫水線が刻まれています。
画像


船尾部分です。プロペラも舵も半端な大きさではありません。
画像


プロペラと舵 アップで!!
画像


さて、命名式が終わり、ロープが切断され花火がドッカーン!パッーン!と上がって!!
ドデカイ船の幕が上がり名前が登場して、雄大な姿が海に向かっていきます。
たくさんの見学客たちのとても大きな歓声が響きます!!
「キャーっ!!スッゴっイー!!」と叫ぶギャルや「ウォーっ!!」って叫ぶ、おじさんたちの声!!
画像


ごぉーっ!!とすごい音で滑走していきます!!
画像


そして、進水式で忘れてはならないのがプロダイバーの存在!!

滑走しておりていく、ドデカイ船には、滑走して降りていくために滑走台というものが

船底に取り付けられているのですが、その滑走台の取り外し作業に

登場するのが7人のダイバーじゃあなくって・・・今日は、6人のプロダイバー!!

船の中央の大きなボルトの取り外し、

船首、船尾に取り付けられたフックをはずしにじゃじゃーんと登場です。

プロダイバーの使っている道具を撮影させてもらいました。

協 力 B潜水会社および6人のプロダイバーの方。

空気ボンベに取り付けられた、ハーネスとレギュレター(空気を吸う道具)。
画像


道具に思いっきりプロの味が染み込んでいます。レギュレター。
画像


スキューバープロのジェットフィンとマスク。
画像


こちらもプロの味がでてますね~。浮力調整に必要なウエイト。
画像


こちらはプロダイバーのドライスーツ。服を着用したまま着るスーツです。
着るとスーパーマンよりもバットマンよりもスパイダーマンよりもかっこよくなります!!
画像


さぁーめでたく本船が進水しました!!
小さな作業船(といっても僕のロードスター、4台分ぐらいの大きさはあります)が
ドデカイ船の横に見えます。今、プロダイバーが船底に潜って作業をしているところです。
画像


スーパーマンよりもバットマンよりもスパイダーマンよりもかっこいいプロダイバー!!
画像


またの活躍がお楽しみです!!


                                                         by 凡 人


本日の進水式の映像、および今後の進水式のことなどは
こちら→常石造船カンパニー http://www.tsuneishi.co.jp/index.shtml
     今日の進水式→http://www.tsuneishi.co.jp/launch/v080426.shtml


本日の写真は「Canon EOS Kiss X2」を使用しています。
進水式もレンズキットでなんとかやってみました~!!
        ↓
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2 レンズキット KISSX2-LKIT



THE・造船 常石造船
エースデュースエンタテインメント
2008-06-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.
 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X2 レンズキット KISSX2-LKIT

この記事へのコメント

ゆぱ~ぱ
2008年04月26日 22:45
初めて進水式行きましたが、凄い迫力で感動しました。また、普通、目にすることのない所まで見せて貰って、本当に有難うございました。やっぱり、海に関わる物事って、いいですね。
凡人さんとお会いする度に、新しい風が僕の中に吹き込まれてきます!今日は有難うございました。
総理大臣になってみたい凡人
2008年04月27日 08:43
ゆぱ~ぱ様
こちらこそありがとうございました。新しい風!!いいですね~!!
今の日本にも新しい風が吹くといいですね~!!
それからB潜水会社&6人のダイバーの皆様に感謝です。
ロバ衛門
2008年04月27日 08:49
凡人様、
当日は色々教えていただきありがとうございました。
進水式はびっくりでした。
大きな音の花火の中、大きな船がゆっくり進み見学に
来ていた大勢の皆さんは拍手と感動の声でいっぱいでした。
また次回も別の場所から見てみたいです。
ありがとうございました。

総理大臣になってみたい凡人
2008年04月27日 08:55
ロバ衛門様
進水セレモニーもいい雰囲気でしたが、こんどはもっと迫力のある
船の後ろ側から、全体が着水する瞬間を見ましょう!!