映画バットマン 「バットモービル」 鑑賞記

画像


映画バットマン 「バットモービル」 鑑賞記。


写真は、2010年1月30日と31日に

「広島輸入車ショウ2010」にて展示されていた「バットモービル」です。


映画「バットマン」の撮影に使われた「バットモービル」を目の前にするとエキサイトしますね。

日本で初公開とのことで、 「広島輸入車ショウ2010」には、多くの人が訪れていました。

画像


この型の「バットモービル」は、 1989年公開の「バットマン」
バットマン [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2009-07-08


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

&        
1992年公開の「バットマン リターンズ」に登場しています。
バットマン リターンズ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2009-07-08

ユーザレビュー:
キャットウーマンに星 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




上記2作品とも、監督はティム・バートンさん。

主役のバットマン(ブルース・ウェイン)をマイケル・キートンさんが演じています。

                
1989年公開 バットマン ← フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

1992年公開 バットマン リターンズ ← フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


画像



この2作品にて、「バットモービル」が登場するシーンはとにかく“カッコイイ”ー。

1989年公開 バットマン → 1時間7分34秒のところで初めて登場します。

バットマンがジョーカー(ジャック・ニコルソン)一味から

ヴィッキー・ベールを救って2人で「バットモービル」に乗りビューン!!

リアにあるジェットタービンエンジンの噴射口の炎にもシビレます!
画像


続いて・・・

ボディサイドから飛び出す4ツ爪アンカーフックを建物に引っかけて急激なコーナーリングをヒューンと、

このときのBGMの緊迫感がなんともいえません。

画像


それから「バットモービル」のスペックをいろいろと探してみたのですが

Wikipedia, the free encyclopedia → Batmobile

を日本語に翻訳したのがコチラ → バットモービル

が一番信憑性が高いのかなと思いつつ、大きさを調べてみました。


バットモービルの大きさはインチで表示されていましたので、mmに換算してみました。


全 長 6,621.78mm (レクサスLS600hLより1,560mm長いです)

全 幅 2,397.76mm (レクサスLS600hLより465mm幅広です)

全 高 1,300.48mm (レクサスLS600hLより175mm低いです)

ホイールベース 3,581.39mm (レクサスLS600hLより610mm長いです)

                                 とにかく大きくて迫力があります。

画像



その他のスペックの詳細は、よくわかりませーん!

やはり撮影用のクルマというのはベールに包まれてることが

よりいっそうファンの心をくすぐるのかもしれないですね。


映画を観ると2人乗りです。ルーフが前方にスライドして乗車するようになっています。
画像



1989年公開 バットマン  

1時間8分54秒~ 大きなブルドーザーが目の前に!!2人は「バットモービル」から降車して・・・。
                   
1時間9分11秒~ バットマンがボイスコントロールで「シールドON」
                              
            バットモービルにシールドが!! 

シールドのかかった「バットモービル」はぜひ映画「バットマン」にて!


「バットモービル」 フロントフェンダー&フロントタイヤ
画像


「バットモービル」 リアタイヤ&ホイール ホイール中央にはコウモリマーク! 
画像



1時間34分11秒~ 「バットモービル」&バットマン!ジョーカー一味のいる化学工場へ

             両サイドフェンダー上部から格納型マシンガンが登場!

             ダッダッダッダッダッダッダッダッ!!

続きは・・・1989年公開の「バットマン」にてお楽しみに~!


1992年公開の「バットマン リターンズ」では、13分44秒~「バットモービル」登場!
                    
サーカス団が起こした騒動の現場へ疾走する

「バットモービル」のリアビューとジェットタービンエンジンの噴射口の炎に再びシビレます。

画像


いきなり・・・14分31秒~ 「バットモービル」フロントタイヤ後ろにあるサイドのウイングや
          
                 ボディ両サイドから射出されるディスクでサーカス団をやっつけます!


                 続いてサーカス団のマシンガンの弾もびくともしない防弾フロントガラス。

        15分14秒~ 「バットモービル」停止した状態でリフトにてウィーンと方向転換!!
                 

        30分39秒~ 「バットモービル」でサーカス団のドン“ペンギン”の様子を偵察に
                 
                 アルフレッドとバットマンのやりとりがコクピットのディスプレイで!

画像


1時間4分56秒~ 「バットモービル」へ悪事を働こうとする“ペンギン”一味のいるところの壁に
            
             「バットモービル」の図面が貼られています。

             このときキャットウーマンと“ペンギン”のやりとりが・・・

画像



1時間23分03秒~ “ペンギン”一味に不正改造された

             「バットモービル」とバットマンはどうなるのか・・・?

             疾走中の「ヒューン!」という走行音が最高でーす!

続きは・・・1992年公開の「バットマン リターンズ」にてお楽しみに~!!


画像


                                                     by 凡 人



後 記  「広島輸入車ショウ2010」にて展示されていた「バットモービル」は

      有名な鹿児島のコレクター 羽仁正次郎さんのコレクション中の1台で

      このとき国内初公開だったそうです。

     羽仁正次郎さんのヴィンテージカーコレクションは他にも展示されており

     僕が、おそらく二度と見ることがない貴重なクルマばかりで

      ただただ感動して帰路に着きました。

     貴重なクルマたちを鑑賞できたことに心から感謝いたします。

     本当にありがとうございました。


     羽仁正次郎さんの本を見つけましたので早速注文いたしました。
       
         ↓



                              到着を楽しみにしてじっくり読みたいと思っています。





・・・ご参考・・・

1989年公開 バットマン ← フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

1992年公開 バットマン リターンズ ← フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

Wikipedia, the free encyclopedia → Batmobile

を日本語に翻訳したのがコチラ → バットモービル



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を切に生きる
     


Copyright (C)2007-2057「今を切に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.

この記事へのコメント

謎の旅人
2010年02月03日 19:00
なんじゃこりゃあ~~~

物凄いですね

サイズもデカいんですねーー
こういうモノを見ると、元気が出てきますよね。
がっつりコウモリをイメージしてデザインされた感じが
バットマンなんだなーって感じがして、ワクワクします\(^o^)/

この車でかっ飛ばしたら、きっと嫌なことが何もかも
全てぶっ飛んでいきそうですよね
2010年02月04日 21:29
謎の旅人様
こんばんわ!
バットモービルで
ゴッサムシティの広大な道路をかっ飛んでみたいです。

最高スピードどれくらい出るのでしょうね・・・。
想像するだけで、嫌なことが吹っ飛んでいきそうです!