プレーンオムレツ&ミネストローネ&トマトソースのスパゲッティ!作り方つき。

画像


プレーンオムレツ&ミネストローネ&トマトソースのスパゲッティ!作り方つき。


今日のお昼に、

イタリアのクルマ、フィアット500を現在試乗されてる方から電話をいただいて、

少しお話をしたあとの気分はすっかりイタリアン???

と、いうことで、

晩御飯はプレーンオムレツ&ミネストローネ&トマトソースのスパゲッティ!を作ってみました。


まずは出来上がりの写真から~!

冒頭の写真が、プレーンオムレツにできたてトマトソースを!

付け合わせは、ぶなしめじのバターソテー&ブロッコリーのチーズ焼き。

こちらは、ミネストローネ!
画像


こちらは、トマトソースのスパゲッティ&野菜サラダ。
画像



本日は作っているところをちょっこりご紹介。

つけ合わせにするブロッコリー。かみさんが最寄のハート(なかやま牧場)で買ってきていました。
画像


野菜を下ごしらえして!材料を~パチっ!
画像


トマトソースに使用するカゴメ 完熟ホールトマト。1缶400g。本日は2缶800g使います。
画像


トマトソースにオレガノも使いまーす。S&B製
画像


トマトソースの材料は

トマトホール 2缶 800g

玉ねぎ 100g・・・みじん切り

にんにく 概ね1かけ(ざっと大さじ1)・・・みじん切り

オレガノ・・・小さじ1

オリーブオイル・・・適量 こちらを使いました→味の素 オリーブオイル

塩・こしょう・・・適量


それでは、トマトソースいきますね。

楽しく好きな歌を歌いながら鍋を中火にして、オリーブオイルを入れます。

みじん切りにした玉ねぎとにんにくを入れて軽く炒めま~す。

ほんわかにんにくのいい香りがしてきますよー。

そして、トマトホールを汁ごと2缶分一度に加え、俺がのオレガノをふります。

画像


泡立器でトマトをつぶし、塩・こしょうをしてトコトコ煮ま~す。
画像


続いてアクを取りながら、弱火でトコトコ・・・煮詰めます。

好みで、元の量の2/3~半分~1/3くらいかなあ~。

最後に味を確認したあと、味が足りなければ、再び塩・こしょうで、できあがり~!

できあがったトマトソース。(シンプルで色々使えるのでいいですよー!)
画像


次は、ミネストローネを作ります。

材料はあったものを使いま~す。ざっと5人分あります。

ベーコン 30g

玉ねぎ 2個分(150~200g)

にんじん 150g

セロリ 30g

キャベツ 大きめ2枚

じゃがいも 150g

まずは、ここまでの材料をすべて 1cm角の色紙切りにしておきます。

(ナスやマッシュルームなどを入れてもいいですね!)

続いての材料は

先ほど作ったトマトソース・・・150g

市販のコンソメ

水・・・800cc (時間と余裕がある方はコンソメを使わず、ブイヨンを最初から作ってもいいですね!)

オリーブオイル・・・適量

塩・こしょう・・・適量

バジル少々。(パセリがあれば、パセリでも~!)


それでは、ミネストローネ作りま~す!

楽しく好きな歌をハミングしながら、

大きめの鍋を中火にかけて、オリーブオイルを熱して、ベーコンを入れ炒めます。

ベーコンのいい香りがしてきたら、野菜をぜ~んぶ入れてしんなりするまで炒めます。

画像


野菜が炒まったら、塩・こしょうをして、水を入れて市販のコンソメを適量パラパラ~!

そして、トマトソースを加えて強火にかけ沸騰させます。

画像


沸騰したら、弱火にしてアクを取り除きながら、トコトコ・・・30分くらい煮込み

野菜がやわらかくなったら、味見をして味が足りなければ、塩・こしょう!

画像


で、器に盛ったらバジルをパラっ!パラっ!と、できあがり!


続いてプレーンオムレツのつけ合わせは、ぶなしめじのバタソテー。

フライパンに熱したバターを入れ、あっ反対!熱したフライパンにバターを入れ!

へたを切り落としたぶなしめじを入れて炒めて塩・こしょうでできあがり!


&ブロッコリーのチーズ焼き。

ブロッコリーは、つぼみの根元に包丁を入れ適度な大きさ(小房に)に切り、

鍋に沸かしたお湯に市販のコンソメを少々入れて茹がいておきます。

その後、お皿に並べて、モッツァレッラチーズをブロッコリーの上にそろり乗せます。

そして、熱しておいたオーブントースターに入れてチーズの色が程よくなったら出来上がり!

画像


スパゲッティは、アルデンテの状態に茹でてできあがり。

スパゲッティのつけ合わせは、野菜サラダ。

レタス、大根、にんじんのせん切りに、小さいセロリの葉っぱで~す。


さて最後にプレーンオムレツを頑張りま~す!

材料 5人分

卵・・・15個 

牛乳・・・200cc

塩・こしょう・・・適量

サラダ油・・・適量

食塩バター・・・適量。(1かけらづつに切って、使うまで冷蔵庫で) 雪印北海道バターを使用しています。


楽しく好きな歌を鼻歌でうたいながらボールに卵を割って入れ、

牛乳を加え、塩・こしょうをして泡立器で卵黄をつぶすようにまぜ合わせます。

しっかりとまざるように~!

画像


オムレツは大阪にいたとき毎日作っていたのですが、実に久しぶり。

我が家はIHクッキングヒーターなのですが、

僕がオムレツを作るのにガスのほうが作りやすいので

寄せ鍋などの時に使うカセットガスコンロを使いました。

大阪でオムレツを作っていたときは

油をよくなじませたオムレツ専用のフライパンがあって作ったあとは拭くだけ。
(洗剤で洗うと油がなじまず卵が焦げ付きやすくなるため)


ということで、少々贅沢をして今日のオムレツ用にフライパンは新しいのを買ってきました。


カセットガスコンロの上にフライパンを置いて火をめいっぱい強くしてボォ~

油ひきでサラダ油をひいて、めいっぱい熱くなったフライパンにバター1かけらをジュー!

続いて、ボールに牛乳と溶いておいた卵を150cc~200cc程ジュ~!!

画像


火は強火のままで、箸(フォークでもOK)で一気に混ぜ合わせ、

外は焼け、中は生の状態くらいで、手前側の卵をフライパンを傾け向こう側によせ、

卵がフライパンの1/3くらいの面積になったら、

右手をグーにしてポンっ!ポンっ!とフライパンの柄をたたいて卵を素早く回転させます。

(なかなかコツがいるので、Goodな形になるのが難し~い!)

画像




画像


焼けた表面がフライパンの反対側。オムレツの口がフライパンの上側の状態で

焼け具合は好みに合わせフライパンからお皿にポンっ!

つけ合わせのぶなしめじのバターソテー&ブロッコリーのチーズ焼きをオムレツのお皿に盛り

最初に作っておいたトマトソースをプレーンオムレツにかけてできあがり~!

画像


今、できあがったプレーンオムレツの中は半熟状態で~す!
画像



本当はもっと火力の強いガスコンロと鉄のシンプルなフライパンがほしいところ。

久しぶりに作ったプレーンオムレツの形が少々不本意だあ~!

やっぱり日々作っていないといけませんね!


ん~!今日は陽気で楽しいイタリアンな気分でイタリアンな晩御飯でした!


                                                  by 凡 人


スパゲッティ・アルモノーデの作り方← 僕の過去の記事で~す!



いちばんやさしいイタリア料理
成美堂出版

ユーザレビュー:
本はちょっと厚いがち ...
けっこうやさしい 主 ...
何を作ってもおいしい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いちばんやさしいイタリア料理 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。


このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
車や海のこと、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を楽に生きる
     

Copyright (C)2007-2057「今を楽に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.

この記事へのコメント

空子
2010年10月21日 09:47
久しぶりにお邪魔したらおいしそうなお料理のオンパレードで一つ一つ開いて読ませていただくのにわくわくしました。
なぜか頂いた気になり幸せです。
最近料理をするのを億劫に感じていたのですが
やる気が出てきました。
偶然、最近オムレツとマグロの付け丼を作ったところだったので
とても参考になりました。プロの腕のご披露ありがとうございます。
2010年10月21日 21:01
空子様
こんばんわ!

おっしゃられるように、料理を作るときも
モチベーションが高いときとそうでないときでは
料理の出来具合が違うと思います。

毎日、毎日作っているとメニューを考えるのも大変、
食材の管理も大変、作るのも大変。
家族がそろう時間をめざして完成させようというのも大変。

作っている最中に、会社や学校から
突然「今日は晩御飯いらないから~!」なんて電話があったら
ふぅ~!とがっかり・・・。

そんなこんなで、毎日、毎日料理を作っている方には
時々休養が必要だと思います。
できれば外食したり、
最近よく聞くところの中食などで休憩です。

そういえば、お客さんのところへ行くと、
こんな会話が結構ありました。↓
「今日は、ダンナが会社の飲み会だから、晩御飯は手抜きよ!」
「今週は、主人が出張だから、ずっと手抜きよ!」

たまには、そんな日も必要ですね!
まんちゃん
2010年10月22日 09:55





卵料理は好きな人は多いですね。私が小さい頃は卵は高級品でした。父と弟と三人で二個の卵で焼いたものを分け合っていたことが当たり前でした。そうしたりだしでなく水で増やしたり工夫したものでした。昔映画などで病人が口にしたり見舞いに持って行っているシーンを見たことがあります。それだけ貴重品だったのですね。それが今ではスーパーでは限定ですが一パック五十円ですからね。卵とバナナの安さは戦後生まれの私ですが感謝です。物にあふれデフレで物価も安く良い時代です。と言いたいですが、全体考えるともう少しインフレになって円安になって欲しいです。
卵の写真見てふと思いました。


2010年10月22日 21:27
まんちゃん様
こんばんわ!

昔は卵も高級品だったのですね。
このオムレツは1人あたり3個使っているので
それを考えると贅沢な食事になりました。
あらためて生産者の方に感謝です!

インフレ
 ↑
僕もインフレを望んでいます。それもハイパーインフレです。
国もホントはハイパーインフレを起こしたいのでは?
と考えたりしてます。