~未来心の丘へ!~ 懐かしの耕三寺 (広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島)

画像


~未来心の丘へ!~ 懐かしの耕三寺 (広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島)


しまなみ海道が開通する・・年前の昭和の時代、小学生の時に遠足で行った耕三寺

当時、常石港から船に乗って瀬戸内海の心地よい波に揺られながら、瀬戸田港に到着。

ワクワクと商店街を歩いて耕三寺を散策したのはとても懐かしい思い出です。


現在は、耕三寺に 「未来心の丘」 という大理石の広い庭園(2000年10月開園)があり

外国にいるような雰囲気がうれしくて、ここに存在するカフェ・クオーレさんで珈琲を飲みながら

杭谷一東さんの大理石のモニュメントを眺めることができたのはとても幸せでした。


                                                 by 凡 人


~未来心の丘にて~ (広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島)

画像


~未来心の丘にて~ (広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島)

画像



~未来心の丘にて~ カフェ・クオーレさん (広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島)

画像


~未来心の丘にて~ カフェ・クオーレさんで珈琲タイム

画像


~未来心の丘にて~ 後ろに見える黄色い橋は高根大橋 和洋折衷な風景もよかった!

画像


未来心の丘へ行くまでに、先に耕三寺の受付で入館券を買って入場します。


~懐かしの耕三寺にて~ (広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島)

画像


~懐かしの耕三寺にて~ (広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島)

画像


~懐かしの耕三寺にて~ (広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島)

画像


~懐かしの耕三寺にて~ (広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島)

画像


~懐かしの耕三寺にて~ (広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島)

画像


~懐かしの耕三寺 山門~ (広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島)

画像



しまなみ海道 生口島は海の仕事で幾度も通っていた時期があり、様々なGood な思い出が存在するところ。

島内には平山郁夫美術館や多々羅大橋や瀬戸田サンセットビーチ等々、

見どころ、食べどころが満載された素敵な島で訪れるたびに感銘を受けています。

この日は、昭和の面影が残る懐かしい商店街でコロッケを買って食べました。

画像



~広島県尾道市瀬戸田町 しまなみ海道 生口島へ訪れる際に参考にしたホームページ等~

しまなみ海道 観光マップ

耕三寺のホームページ

「未来心の丘」 ← 耕三寺のホームページ

耕三寺 ← フリー百貨事典ウィキぺディアより


瀬戸田サンセットビーチ
 ← おのなび より

平山郁夫美術館のホームページ


大きな地図で見る

画像


るるぶ瀬戸内海 しまなみ海道 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング
2011-12-09


Amazonアソシエイト by るるぶ瀬戸内海 しまなみ海道 (国内シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



最後に!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
にほんブログ村
  ↑
ポチっ!と押していただけるとありがたいです。

~ブログ紹介~
瀬戸内海の中心部 広島県福山市の海辺から 潜水士の凡人がお気に入りスポット
海のこと、日常のことなどを綴っているブログでございます。
画像

このブログのトップページはこちらです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
           ↓
海のことや、料理のこと、お気に入りスポットなどを掲載しています。

ブログタイトル「今を楽に生きる

Copyright (C)2007-2057「今を楽に生きる」広島県福山市の海辺から by 凡人 All Rights Reserved.

この記事へのコメント

謎の旅人
2012年11月10日 18:15
なんだか西洋風な景色ですね。
ギリシャにでも行かれたのかと思いましたよ(笑)

カフェがとてもオシャレな外観で素敵です

しまなみ海道、素敵なところですね
2012年11月10日 22:12
謎の旅人様
こんばんわ!
この大理石はイタリアのカッラーラというところで
採掘されたものをコンテナ船で運んできているそうです。

大理石のモニュメントの美しさにも感動しましたが、
耕三寺のこの丘まで、大きな大きな大理石を
イタリアからたくさん運んでこれたな!ってことにも感動いたします。

白い大理石を見たり触れたりしてワクワクしたり、
また心癒されたりと人それぞれに楽しめそうな情景でした。

しまなみ海道が開通して気軽に行けるようになったことも
とてもありがたいことでございます。